新幹線弁当の定番

1-459.jpg大阪の寿司店のわさびテロだのかんぽの宿の北海道フェアでの産地偽装だのは、それぞれが客のことをどう思っているかがよく分かるニュースですね。観光庁まで中国人にはわさびを多めに入れろとマニュアルで指導してたのには驚きましたが・・・。これが現代日本のお、も、て、な、しの実情ってことでしょうか。
モモ母が好きな店、ブログでオススメしたいのは、客への誠実さが感じられる店。最近は東京に行くと大丸地下で「鈴波」の味醂粕漬とテラセゾンの「ウ・オレ」を買って、駅構内エキュートの「つばめグリル」でお弁当を買うのが定番です。


1-461.jpg今回のお弁当は「ハンブルグステーキ弁当」。つばめグリルのお弁当を気に入ってるのは保存料、化学調味料無添加なのもそうですが、その日のハンブルグステーキに使用している牛肉の生産者を店頭表示し、ラベルにも記載していること。新幹線の車内で食べた後、裏の表示を見ると鹿児島県南九州市のYさん、指宿市のMさん、群馬県大田市のMさんとそれぞれの牛個体識別番号、豚肉生産者は宮崎県都城市のHさんの名前が書かれていました。ここまでしているお弁当って滅多に見かけませんよね。いちいち面倒だし、毎日の手間もかかると思います。たまにはよそのお弁当をと思いながら、結局はつばめグリルを選ぶのは、美味しさもあるけど、こうした姿勢を応援する意味もあります。ちなみに下の写真は6月に撮ったもの。この時は鹿児島県指宿市Nさんと北海道土幌町のSさんの牛肉と表示されています。
★つばめグリルDELI エキュート東京店
東京駅構内1階 サウスコート内
03-3211-8981
8時~22時(日祝~21時)
http://www.tsubame-grill.co.jp/
スポンサーサイト

Let's豪徳寺★

1-364.jpg選挙期間中なのに、この週末ご近所で聞こえたのは古紙回収のアナウンスくらい。静かで良いけど、大事な選挙なのに繁華街はどうなんでしょ? 東京では三宅洋平の選挙フェスにすごい人が集まってるそうですね。「情報速報ドットコム」で聞きやすい声と引き込まれるような内容で「最後まで見てしまった」という声も多いと紹介されてた動画、48分近くもあるのか・・と思ったけど、確かにモモ母も最後まで見てしまいました。京都もこういう若い子達が熱心に耳を傾ける様な演説をする候補者がいると良いのになぁ。

1-368.jpgさて、「あほんだらすけ」を見た翌日は「墨繪」の 豪徳寺店に行ってみようと三軒茶屋のホテルを出て世田谷線で山下へ。世田谷線山下駅と小田急線豪徳寺駅は隣接していて、駅が近づいたところで車内からお店の看板が見えました。豪徳寺店だけに置いてるパンもあって、サンドイッチが充実してるのが良いですね。チャバタを使った「グリエールチーズとベリーハムのサンドイッチ」(365円)を買ってのぞみの中で食べました。「チョコレートパン」(130円)と「小さなフランスパン」(150円)、「新玉ねぎと肉みそのグラタン風」(270円)を持ち帰ったのですが、長時間持ち歩いたので、グラタン風がグラタン風でなくなってました・・・。
★墨繪 豪徳寺店
世田谷区豪徳寺
03-6413-9993
8時~20時 月休
http://www.suminoe.in/

品川で買える☆

1-201.jpg学芸大学から東横線で渋谷に出て、今回は品川駅からのぞみに乗ることにしました。東京駅の方がグランスタや駅構内の店が充実してるし、大丸もあるのでお土産買うのに便利なのと、始発で席が確保しやすいんですが、渋谷からだと品川の方が近いし、新幹線の下りホームがひとつなので、迷わず来たものに乗れば良い。平日の新大阪行きだと余裕で座れました。
乗る前にお弁当を調達。無添加のお弁当を売っている「つばめグリル」は今は東京駅にもあるけど、品川のエキュートが先でした。お隣り「今半」のすき焼き弁当も心惹かれたけど、野菜がたくさん入った「つばめグリル」の「ハンブルグステーキと鶏のからあげ・ポテトコロッケ弁当」(1000円)にしました。

1-202.jpgボードにはその日の生産者が表示され、牛肉は鹿児島県指宿市の中村さんと青森県六ケ所村の大森カウステーション、豚肉は宮崎県都城市の間さん。ネットでもハンバーグの生産者を公開してるんですね。昭和5年創業というつばめグリルの無添加のお弁当、関西にも進出してほしいです。そしてラテールの大地のプリン「ウ・オレ」も買えました。「ブーランジェリーラ・テール」が品川のエキュートサウスに入ってるのは知ってたけど、「テラセゾン」も2014年に出来てたんですね。駅ナカってどんどん充実していきますね。これで「鈴波」が品川でも買えたら言うことないんだけどなぁ。

手堅く「Au Bon Vieux Temps」!

851.jpg「ローザー洋菓子店」のクッキーをさくらちゃんママへのお土産にしようと思っていたのに売り切れだったので、東京駅に行く前に日本橋高島屋に寄って、手堅く「オーボンヴュータン」でお土産を調達することにしました。昨年むぎちゃんに会いに来てくれたNさんからいただいた「プティフールサレ」がとても気に入ったから、いつかこれをお礼にしようと思っていました。


852.jpgその名の通り塩味の細長いパイで、白ごま、黒ごま、チーズがトッピングされています。軽い食感は、これぞパイという完成度の高さ。さくらちゃんママからは「サクサクというやさしい感触とバターの風味を楽しませていただきました」とメールが届きました。かなりの量のごまがくっついてますが、口に広がるごまの香ばしさの具合が丁度良いし、チーズもやみつきになる美味しさ。さすが河田シェフという感じ。但し、バターと塩を大量に使ったリッチな仕上がりなので、カロリーや塩分が気になる。こんな風にたまに食べるのが良いんでしょうね。さくらちゃんママも以前言ってましたが、「オーボンヴュータン」の詰め合わせは缶が素敵です。Nさんからいただいた時の缶も残しておいて、体温計などの小物を入れて父のベッドサイドに置いています。尾山台の本店は一度行ったら気が済んだと思ったけど、最近移転した様で、新しい店舗も見てみたくなりました。
★オーボンヴュータン日本橋高島屋店
東京都中央区日本橋
10時~20時

まずはお試し・・・

850.jpg東京滞在はたいてい半蔵門のホテルに泊まっています。桜の名所・千鳥ケ淵から近いけど、近くにさほど有名店はないと思っていたら、京都と同じ名前の「村上開新堂」とか、今までノーマークだった洋菓子店が至近距離に。昭和7年創業の「ローザー洋菓子店」もその一つ。Hさんが「憧れのブルー缶」と言うクッキーは、お使い物として重宝されているそう。留守中のむぎちゃんの世話をしてくれるさくらちゃんママへのお土産は今回はここにしようと思って、行ってみたけどお店がみつからない。新宿通りより手前のはずなのにおかしいな・・と思ったら、商品完売で既に閉店してました。
午前9時半からの営業なので翌朝10時前に行ってみると、店は開いてたけど、クッキーは「売切れました」と書いた缶が並ぶだけ。予約しないと買えないそうで、10日程前に予約してほしいそう。一番小さいのが3400円と良いお値段。

849.jpg生菓子はショーケースにプリンが並ぶだけ。でも10分程待つとシュークリームが出来るというので、今回はお試しでカスタードと生クリームがペアになった「ベビーシュー」(350円)を買うことに。保冷剤は2時間までなので京都に持ち帰ることは諦め、1個だけ買って新幹線で食べました。袋を開けてビックリ、ベビーと言ってもかなり大きな2つのシュークリームが甘酸っぱい杏のジャムでくっついたインパクトのある見た目。カスタードはいかにも小麦粉をたくさん使いました・・という食感のあっさり味。生クリームも創業以来無添加を続けてるというだけあって、シンプルで真面目な感じ。好みとしては福山の「白ばら」のシュークリームの方が好きだけど、接客も丁寧だし、良心的な印象は好感が持てます。次の東京行きが決まったら、噂のクッキーを予約してみようかな? でもHさんが最近食べたクッキーはローザーより美味しかったとの情報で、そっちもかなり気になります・・・。
★ローザー洋菓子店
東京都千代田区麹町
03-3261-2971
9時30分~17時
土日祝休

神保町の老舗

746.jpg新宿サザンシアターで「田茂神の一族」を観る前、神保町に行ってみました。神保町に着いて、まず訪れたのが交差点からすぐの「柏水堂」。以前、出版社勤務Nさんからもらった「ソネット」がとても印象に残っている洋菓子店。行ってみると、パリの街角にありそうなオシャレなパティスリーと違って、いかにも昭和な店構え。若い頃ならきっとノーマークだったと思います。でも、こちらは皇室御用達のお菓子があったり、小津安二郎や太宰治、三島由紀夫、向田邦子らが贔屓にしたんだそう。

745.jpg入ってみると、店員さんは皆さん結構ご高齢。古き良き東京を感じさせます。昼過ぎだったのに、一週間かけて作るというマロングラッセは既に完売。ココアを使ったドイツ風パイとの説明書きがあった「ブレッツェル」(220円)も真面目な味がしたけど、やっぱり「ソネット」がとびっきり美味しい。ラム酒に漬け込んだレーズンが3粒入ったバタークリームをクッキーでサンドした、いわゆるレーズンサンドですが、サンドの表半分にチョコがコーティングされて見た目が可愛い。さらにクッキーの裏側には全面にチョコがコーティングされて、これが美味しさの理由ではないかと思います。このチョコが上質だと思ったら、こちらのサイトに「チョコに使うカカオもドイツからトン単位で輸入している」とあり、見た目の地味さと裏腹に、こちらのお店、かなり良い材料を使っておられる様です。さすが多くの文化人に愛されてきた老舗ですね。
★柏水堂
東京都千代田区神田神保町
03-3295-1208
9時半~19時

ココア落雁が買えて嬉しいけど・・・

739.jpg東京駅に着いたら、まず丸の内のJPタワー「KITTE」に行ってみました。前日の北陸新幹線の金沢開業で盛り上がる東京駅、お目当ての金沢の落雁の老舗「諸江屋」は常設の様です。金沢に行ってココア落雁「La・KuGaN」を買いたいと思いながら、なかなか実行できないモモ母には有難い。ココアの味が濃厚で、落雁がそれほど好きではないモモ母も、また食べたいと恋しくなります。お店のサイトには「カカオパウダー100%使用で乳由来、大豆由来の原料は使っていません」とあり、和三盆とカカオの上質さならではのピュアな美味しさです。
・・とまあ、諸江屋が出店してるのは良いんですが、「KITTE」は地下しかいかなかったけど、郵便局だからファミリーを意識したのか、丸ビルや新丸ビルに比べると、イオン京都桂川にも通じる庶民的な雰囲気。JPタワーって38階の超高層ビルだそうで、東京駅前にこういうのって本当に必要なのかな? 

695.jpgスカイツリー、虎の門ヒルズにコレドを中心とした日本橋再開発、震災で懲りたはずのベイエリアに富裕層向けのタワーマンションが乱立してる様だし、J新駅開業も予定されて、東北の復興の遅れが指摘される中での、東京でこうした建築ラッシュは何か違うんじゃないの? と思う。今も仮設住宅での生活を余儀なくされてり、経済的な困難を強いられる被災者が置き去りにされて、東京の方が優先順位が高いとは到底思えない。復興予算のうちの9兆円が使われないままだそうですが、東京の工事が大幅に遅れた話はあまり聞かない。東日本大震災から4年、「復興したのは東京だった」と書かれた「世に倦む日々」さんの記事が印象的でした。
★諸江屋KITTEグランシェ店
東京都千代田区丸の内
JPタワー地下1階
03-3217-2023
10時~21時(日~20時)
http://moroeya.net/

こっちも注目!!

725.jpg「イナムラショウゾウ」に行く前に、「カイソ」からすぐの「KOZU」に行ったんですが、比較の為、後に記事にしてみました。昨年6月、たまたま通りかかって買ってみたパウンドケーキがかなり印象に残り、是非また買いたいと思っていたので、今回訪れるのを楽しみにしていました。
写真はフルーツパウンドで、これも前回同様大満足だったんですが、「オレンジパウンド」に心惹かれました。モモ母、オレンジ味のお菓子は自ら好んで食べようとは思わないけど、ここの店のは美味しいんじゃないかと。父が食べた残りをちょっとつまんでみたら、予感的中、ふんわり生地にオレンジピールが絶妙で、すっごい美味しかった。

720.jpgイナムラショウゾウとどっちも素晴らしいんですが、その持ち味は対照的。イナムラショウゾウは「ホテル西洋銀座」時代の銀座マカロンブームを作った経歴も華々しく、駅から行列が出来る人気店で、正統派の洗練されたパウンドケーキ。こちらは、「神津牧場」というのがどの程度関東で有名なのかはわかりませんが、この店自体は関西のモモ母には全く無名だけど、今まで食べたことないやわらかな食感と素材の味が全面に出るパウンドケーキ。2つが同じ種類のお菓子と思えないくらい違って、でもどっちも全く違う魅力があって美味しい。賞味期限が近いものが値引きされてるのも良心的です。
★patisserie KOZU
東京都世田谷区代沢
03-6796-2455
http://ameblo.jp/patisseriekozu/

お店に行ってみました✩

729.jpg一度行きたいと思っていた「イナムラショウゾウ」を初めて訪れました。どの駅からもちょっと遠く、鶯谷駅が一番近そうなので、鶯谷から歩いたんですが、結構迷って交番で言問通りから行く方法を教えてもらいました。「行列が出来てるかも知れないよ」と言われたんですが、平日午後だったので、行列はなし。でも、人気パティシェの店は駅から遠いと、昔「金持ちA様×貧乏B様」でやっていたのを思い出しました。ドアノーのポスターが貼られた貼られた店の前に立つドアマンにドアを開けてもらって、スムーズに入店出来ました。
お取り寄せ出来ない「上野の山のモンブラン」に興味があったんですが、これは一度食べたら気が済みました。


730.jpg友人知人へのお土産は「レモンケーキ」を大量に購入。ふと見るとカットした「マロンチョコケーキ」と「メープルシュガーケーキ」もあったので、それも買ってみました。むぎちゃんをお散歩させてくれたさくらちゃんママにもマロンチョコを1ピースとレモンケーキをホールでお渡ししたところ、さくらちゃんママはレモンケーキも美味しかったけど、チョコマロンが一番好きとのこと。「作り手がどういうお菓子を作りたいのかがよくわかる」とおっしゃっていました。モモ母はチョコマロンも好きだけど、マロンそのものよりチョコの美味しさが美味しさの理由だと思う。レモンケーキはレモンそのものの上品さが感じられて一番好き。メープルシュガーも良いけど、やっぱりレモンとチョコマロンがツートップかな。行き方もわかったし、ほかのアントルメも食べてみたいので、機会があれば又、行こうと思います。
★パティシエ イナムラショウゾウ
東京都台東区上野桜木
03-3827-8584
10時~19時
月・第3火休
http://www.inamura.jp/index.html

念願のカイソ✩

719.jpgちょっと間があいてしまいましたが、東京滞在2日目ネタです。「三人姉妹」を観た翌日は、世田谷代田駅前のカフェでブランチを食べた後、以前父が借りていたマンション辺りをぶらぶら。以前あった家や医院が駐車場になっていたりして、おおっ・・と思ったりしながら、茶沢通りへ。定休日だったり、営業前だったり、売り切れで営業終了だったりで、何度行っても閉まっていた「カイソ」が、この日はオープンしていました。「フランスパン カイソ」と書かれた看板が可愛い。古い民家の様な引き戸を開けて中へ。
まず目についたのが、サンドとピザ。大きなフランスパンにポテトサラダが入ったサンドも心惹かれたんですが、持ち歩き時間が長いため、サラダは避けて「ピザマルゲリータ(320円)」を。トマトソースにバジル、モッツァレラを使ったピザで、シンプルだけど期待できそう。食べた印象は「ちせ」のパンに似てるかも。次もあったらリピしたいけど、ほかのビザも食べたい気がします。

716.jpg「チョコ」(250円)はチョコチップが大量に入ってるけど、これは「墨繪」の方が好き。そして先に入ったお客さんが買っていた「スコーン」(210円)も買ってみました。バニラが香ると書かれていたけど、あんまりしないな・・と最初は思ったんですが、やがてバニラの風味が広がりました。こちらのパンは食べた瞬間のインパクトはさほどないけど、かみしめるうちにじんわり美味しさが伝わる感じですね。一度バゲットも食べてみたいです。
★KAISO
東京都世田谷区代沢5-6-15
03-6805-3131
11時~19時
月・第3火休
プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR