ずっとずっと・・・

2-356.jpg六本木の「青山ブックセンター」が25日で閉店とのこと。上京前知ってたらのぞいたんだけど、報ステで初めて知りました。深夜もやってたら父がよく利用してました。モモ母は渋谷や吉祥寺のバルコブックセンター派でしたが、渋谷に続いて吉祥寺も7月に閉店するんですね。こちらもオープンは1980年だそう。時代の流れを感じます。
「あほんだらすけ」を観た翌日、吉祥寺パルコ近くの「くぐつ草」に行きました。ロンロンがアトレになってからも吉祥寺に行ってるけど、井の頭線改札を出た辺りの風景が激変してて、驚きました。

2-357.jpg「レモンドロップ」も「ファンキー」も別の店みたいになってて、「くぐつ草」が学生時代と変わらないのが本当に嬉しい。地下への階段を降りると洞窟のような薄暗い店内にジャズ。開店は1979年だそうで、パルコブックセンターや青山ブックセンターより1年早いです。モモ母はパンプディングのセット(1100円)を珈琲で。珈琲はストロングとソフトがあってソフトにしました。ソフトと言っても決して薄くなく、ちょうどいい感じ。ご一緒したNさんの「くぐつ草カレーセット」(1630円)のサラダに鳥の形の人参が添えられてるのが可愛かった。学生時代から大好きな「くぐつ草」、これからもずっとずっと変わらずにいてほしいです。
COFFEE HALLくぐつ草
武蔵野市吉祥寺本町
0422-21-8473
10時~22時 
無休
http://www.kugutsusou.info/index.html
スポンサーサイト

6月から22時閉店に・・・

2-340.jpg築地で「喫茶イレブン」を観劇した後、日比谷線で銀座に出て、大好きな「銀座ウエスト」に行きました。19時からの公演が21時過ぎに終わった後でもゆっくり出来ると思って入ったら、「22時までですが、よろしいですか?」と聞かれました。23時までと思っていたのに、席について「風の詩」を見ると、6月から22時までの営業になったと書かれてました。1日だったので、この日から時間が変わったようです。
オーダーしたのは「キッシュセット」(1404円)をオーレで。キッシュは前回食べた時と比べてトマトが前面に出た感じ。エリンギやたまねぎ、ほうれん草たっぷりのやわらかなキッシュ。塩加減もちょうど良くて真面目に美味しい感じです。


2-341.jpg暫くすると飲み物のお代わりは如何ですかと聞いて下さり、欲しい気持ちはあったものの閉店時間が迫っていたので辞めておきました。金曜夜だったせいか閉店前までお客さんでいっぱい。入ってすぐのテーブルで、出来れば奥のエリアでもう少しゆったりしたかったんですが、クラシックが流れる昔ながらの端正な空間で過ごせて満足でした。お菓子類の販売は以前と同じ23時までです。と言いつつ、この日は生ケーキは殆ど残ってませんでした。
★ウエスト銀座本店
東京都中央区銀座
03-3571-15547-3-6
9時~22時(土日祝11時~20時)
http://www.ginza-west.co.jp/index.html

荻窪邪宗門・別バージョン☆彡

この記事を閲覧するにはパスワードが必要です
パスワード入力

再び来られた歓び

2-008.jpg安倍さんが「全国に獣医学部を」と言い出したのもビックリですが、「批判されて頭に来たから言った」との報道が。全国に作ったら、今治に毎年160人も学生が集まるだろうか。しかも加計学園に補助金詐欺疑惑まで出てるとか。森友と同じパターン。なら、籠池さんちだけでなく、加計さんちも家宅捜索しないとね。
さて、今回の東京行きで是非訪れたかったのが、大好きな荻窪の「邪宗門」。午後3時半頃からの開店なので、御茶ノ水でゆっくりしてから出かけました。「頃」ってのが微妙だなと思いながら荻窪へ。やってて良かった。急な階段を上がって階段近くの席につき、「アイスミルクコーヒー」(550円)をオーダー。

2-007.jpg前回の訪問からまた2年以上経ったので、マダムはお元気なのか心配だったけど、杞憂に過ぎませんでした。グラスやサーバーなどを乗せたトレイを持って階段を上がり降りされる足取りの軽やかなこと。目の前でサーブして下さる、やっぱりマダムは素敵です。掛時計の時を告げる音、年代もののランプなど、この店ならではの空気を堪能して店を出たところで写真を撮っていたら、マダムも外に出られたので撮影させて頂きました。とても良い感じに撮れたので、ブログに載せて良いか、書く前にお電話で伺ったんですが、「もう年なので、恥かしいからお友達だけにして下さい」とのこと。この後で限定記事にアップしてみようと思っています。写真を見たい方は「こむぎ」をプログタイトルのアルファベット表記でご入力下さい。
邪宗門
東京都杉並上荻
03-3398-6206
15時30分頃~21時
http://www.jashumon.com/index.htm

神保町の片隅に

2-004.jpg週後半は豊田議員の音声が頻繁にテレビで流れてましたが、笑ったのがこのツイート。加計疑惑隠しに獣医学部新設の特区を全国にと言い出した安倍さんにも「ちがうだろ~」と恫喝して欲しいものです。
さて、「あほんだらすけ」の帰りにジャコメッティ展のポスターを見たので翌日行こうかと思ったら、残念ながら新国立は火曜が休みだった為、神保町に出て、行ってみたかった「プリマベーラ」を初訪問しました。看板が殆ど見えず、ひっそりした外観。でも「営業中」と書かれていたので中に入ると、いかにも東京の老舗カフェらしい雰囲気。オールドビーンズの珈琲が有名だけど、ドーカンでアイスコーヒーを飲んでたのと、もう一軒はしごする予定なので、ロイヤルミルクティをお願いしました。サービスでバナナをつけて下さるのが嬉しい。


2-005.jpg店内撮影禁止と書かれていて、許可を頂いて商品のみ撮影させて頂いたので、ドーム型の天井やカップが並ぶ様子は食べログなどを見て頂ければと思います。使い込まれた家具に歳月を感じさせる壁。素敵に年を重ねたご主人とマダム。ああ、北山にあった「伽藍」はこんな店になりたかったんじゃないだろうか・・・。昼時のお客さんがひいて、やがて店内がモモ母だけになった頃、マダムがカウンターに置かれた白百合の花の手入れを始めました。渋谷の「セビアの庭で」も白百合が印象的でした。レイアウトも内装も似た雰囲気を漂わせていた2つのカフェは既にないだけに、この店が神保町の片隅で歴史を刻み続ける素晴らしさ、そこに身を置ける嬉しさを感じながら、ゆっくり読書を楽しみました。良い時間でした。
★カフェ・デ・プリマベーラ
東京都千代田区猿楽町
03-3295-7569
10時~20時 土日祝休

個性派パンでブランチ

1-458.jpg6月に下北沢のスズナリで「あほんだらすけ」を観た時に毎年ご一緒しているHさんから「シティベーカリー」のパンを頂いたのでした。梅田にも店がある様ですが、行ったことないので食べるのは初めて。ホテルで食べたものの・・・うーん、何かベトッと油っぽい。いつも美味しいものを教えて下さるHさんオススメのパンなのになぁ、ホントはこういうんじゃなくて、時間が経って味が落ちたのかもと思って看板商品のプレッツェルクロワッサンを食べるのを中断。持ち帰って翌日オーブントースターで温めたら、おおっ! 同じパンとは思えぬ美味しさ。Hさんがオススメして下さったのはこれだったのか!と思ったのでした。


1-457.jpgそんな訳で、今回は銀座の東急プラザ地下にあるお店に行って、イートインすることにしました。しかしどれも大きい! そして高い。サンドにしようと思ってたのに、野菜たっぷりは嬉しいけどパンも量があって、とても食べきれそうにないので、プレッツェルクロワッサンとカプチーノに。普通のクロワッサンもありましたが、やはりこの店はこれですね。ちょうど焼きたてだそうで、サクッとして食感も良いし、塩気が効いて、カプチーノとの相性も良く満足度高かったです。持ち帰ったわらじの様なクロックムッシュもトマトが入ってるせいかよそのクロックムッシュとはちょっと違う印象。6月に食べたフレンチトーストにもハムが入ってたし、プラスアルファのある個性的なパンが多いですね。下の写真はHさんに頂いた「ガラムマサララスク」。ガラムマサラ味のラスクなんて初めて食べました。軽くてちょっと癖になる味と食感です。梅田のグランフロントにある店も機会があれば行ってみようと思います。
★THE CITY BAKERY東急プラザ銀座店
中央区銀座 東急プラザ銀座
03-6264-5201
7時30分~22時
http://www.thecitybakery.jp/

21時過ぎからの銀座ウエスト

1-454.jpg当初は日帰り観劇の予定だったけど、土曜まで父が施設にいたので前夜から一泊することにしました。むぎちゃんのお散歩を済ませて家を出た為、東京に着いたのは夜9時頃。山手線で有楽町に出て、「銀座ウエスト」を訪れました。深夜営業のチェーン店は京都にもあるけど、クラシックが流れる様な正統派喫茶店は比較的早く営業終了するので、23時までやってるウエストはお酒を飲まないモモ母には有難い。青山や横浜は20時までらしいから、銀座というお土地柄なんでしょうね。
店に入ると「今は選んで頂けるケーキの種類が非常に少ないのですが、よろしいでしょうか?」と尋ねられました。席についてから「それはありません」と言われるのでなく、前もって言ってもらえるのが良いですね。それでも5種類以上ありました。


1-456.jpgケーキセット(1296円)で生クリームとカスタードが入った「ハーフ&ハーフシュー」とロイヤルミルクティにしました。生クリームとカスタードが入ったシュークリームは繊細なつくりなので店内限定だそうです。当然でしょうけど、「ひとつめ小僧」より断然美味しかったです。セットの飲み物に珈琲、紅茶以外が選べるのが嬉しい。単品で972円は高いと思うけど、セットで1296円は銀座だと寧ろ安い印象。お代わりも出来て、上から継ぎ足しでなく新たなカップで改めてサーブして頂けるのが気が利いています。しっかり煮出したロイヤルミルクティは表面に膜が張ってました。寛いでるとユーモレスクが流れて来ました。ユーモレスクって久しぶりに聴くなぁ・・・。奥の席でオーダーストップ後までゆっくりしました。そうそう、深夜のウエストと言えば、「あすの朝刊」の時だったかに流れていたレトロなテレビCMは今はやってないんでしょうか? 下北沢に住んでる頃はウエストのCM後、そのまま日テレのクロージングまでテレビをつけてることが多かった。また見てみたいです。
ウエスト銀座本店
東京都中央区銀座
03-3571-15547-3-6
9時~23時(土日祝11時~20時)
http://www.ginza-west.co.jp/

噂のブルーボトルコーヒー

1-367.jpg街頭演説先で帰れコールも相次いでるらしい安倍さんですが、「4年前に逆戻りするのか!」と改憲の争点隠しにアベノミクスの成果を強調してるとか。実はGDPは民主党時代の半分、実質賃金も下がってる訳で、4年前に戻して!との声も。よく知らない人は投票前にこちらの「アベノミクスによろしく」を見ておきましょう。
さて、豪徳寺でパンを買った後は某人気珈琲店に行こうと思ってたんですが、連日満員で変わったシステムで行列するらしく、店に快適さを求めるモモ母は興味半減。「あほんだらすけ」をご一緒したHさんが新宿「NEWoMan」のブルーボトルコーヒーを勧めて下さったので、行き先変更しました。バスターミナルのビルが出来たのは知ってたけど、グルメ店舗の充実がウリだったんですね。

1-365.jpgサードウェーブコーヒーブームの火付け役、ブルーボトルコーヒーは「コーヒー界のApple」とも言われるそうで気になってたけど、新宿にも出来てたとは。自家焙煎の新鮮な豆を使って、注文してから淹れてくれるので時間がかかるから、会計時に名前を伝えて待機するシステム。カフェラテとカプチーノの違いはミルクの量の差と大小2つのカップを見せてくれ、ミルクが多い方が美味しいと思って大きなカップのラテにしたけど、薄いかも、カプチーノにすべきだったか・・と待ってる間にちょっと後悔。でも、薄さは気にならず、しっかり楽しめて満足でした。NEWoManは駅の中と外に店舗があって、新宿の駅ナカが進化したのも見ることが出来、行って良かったです。
★ブルーボトルコーヒー新宿
新宿区新宿NEWoMan SHINJUKU 1F
03-5315-4803
8時~22時
https://bluebottlecoffee.jp/

C君のオススメ

1-361.jpg以前、ラテアートの店こと「ラテアート ジャンキーズ ロースティングショップ」で遭ったラテアートをやってるC君に、オススメの店をいくつか教えてもらいました。東京の店はなかなか行く機会がなかったけど、店名を書いてもらったメモを残しておいたので、そのうちの一軒、渋谷ヒカリエ11階の「シアターコーヒー」に行ってみました。
「シアターテーブル」脇に併設された小さなコーヒースタンドですが、ラテアート世界選手権入賞のバリスタがいるスペシャリテイーコーヒースタンドだそう。紙コップで飲むカジュアルな店でこのレベルのコーヒーが飲めるのはさすが東京ですね。あ、藤井大丸のアラビカも似た様な感じか。でも、こっちの方が落ち着いてて好き。ホテルのチェックイン時間待ちにラテを飲みながら、持参した文庫本を読んで過ごしました。量もたっぷりで、なかなか良いですね。


1-363.jpgヒカリエは何度か訪れたことあるけど、C君に教えてもらわなかったら、11階に上がることはなかったと思う。ヒカリエってJRからのエントランスもちょっと近未来的で、かつての東急文化会館の古びた様子を知ってるから、変貌ぶりがすごいねと思うけど、モモ母の学生時代に既にひときわ古かったってことは、それだけ早く建てられた、つまり渋谷の商業施設の先駆けだったってことですよね。一度も行ったことなかったけどプラネタリウムもあったし。ヒカリエもやがては時代遅れになる、その時、渋谷はどんな風に変貌しているのだろうかと、11階から街を眺めながら思うのでした。
★THE THEATRE COFFEE
東京都渋谷区渋谷2-21-1 渋谷ヒカリエ 11F
03-3486-8411
8時~20時 土日祝11時~20時
http://www.transit-web.com/shop/theatre-coffee/

初ダミエ

1-199.jpgかつては日本初のSPAとも言われる「CABIN」から「石丸電機」を経て、今は「無印良品」になってる建物を過ぎ、モモ母が学生の頃からあった「ナチュラルハウス」の前を通って井の頭線下北沢駅の改札へ。各停で渋谷に出て、東横線に乗り換えて学芸大学を目指しました。お目当ては「マッターホーン」のバームクーヘンとリーフパイですが、せっかく来たので喫茶室に入りました。
この日はダミエを食べようと決めていました。マッターホーンを教えてくれたHさんからオススメされながら、これまでバターケーキってあんまり食指が動かなかったんですが、シモキタの変わり様に、昭和27年の創業当時からある看板メニューを食べてみたくなりました。


1-203.jpg今どき珍しい三角巾を被った店員さんが運んで下さったダミエは、まさに昔ながらの味と食感。生地は若い子が好きなふわふわではなく、がっしり系です。でも安物のがっしりでなく、きちんと作られた正統派で、珈琲とよく合います。但しバタークリームたっぷりのしっかりした味なので、途中で珈琲がなくなってしまいました。家に持ち帰ってマグカップで頂くと丁度良いかも。珈琲にはフレッシュでなく、ピッチャーに入ったクリームが運ばれて来たのも高評価(と言っても、モモ母はクリームは入れないんですが)。そうそう、昔の喫茶店で頂く珈琲とケーキって、こんな感じでしたよね。目黒の奥様達に愛され続けている理由が、よくわかりました。
★マッタ―ホーン
東京都目黒区鷹番3-5-1
喫茶10時~19時30分
火休
http://matterhorn-tokyo.com/index.html
プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR