爽やかな琥珀

2-294.jpg今日の名言「膿に膿は出せない」。「うみを出し切る」と言った安倍首相に対する菅野完さんのTwitterに納得です。
さて、ご近所のHさんから和菓子を頂きました。「季節限定のお干菓子やし、食べてね」とのことで、干菓子は正直あんまり得意じゃないけどなぁと思ったんですが、開封してみたら琥珀糖でした。最近は「食べられる宝石」として若い人にも人気らしいですね。それを意識して作られたんでしょうか、見た目も可愛いし「せとかの雫」という銘も素敵。食べてみると、これが予想以上に美味しい! みかんの新種、せとかの果肉が入っていて、初夏を感じさせる爽やかな香りが口に広がります。その為、ヘンな甘さが残らないのが気に入りました。日本茶にも珈琲にも合いそうです。永楽屋って、可もなく不可もない印象で、今まであんまり意識したことなかったんですよね。サイトを見ると5月下旬まで販売しているみたい。モモ母もちょっとした贈り物に使わせてもらおうかな。Hさんには以前「ふーきちりめん北見」の東寺ゆばと生麩のひろうすも教えて頂いたんですよね。今回も良いものを有難うございました。
http://shop.eirakuya.co.jp/ja/item/294/
スポンサーサイト

老舗京料理アソート点心弁当

2-251.jpgもはや「普通の国」でなくなった感があるものの火は消えてないのか「内閣総辞職」がトレンド入り。今朝の「日曜討論」で維新を除く野党が内閣総辞職すべきで足並みを揃えたからのようです。地方局の不祥事に過ぎないと思う人がまだいるようだけど、こんな重大なことを地方だけでやるはずないでしょ。事態がよく理解できない人はこのtweetを見てみましょう。喋られたらマズい籠池さんが長期勾留されてるのも合点がいきます。安倍さんはレイプもみ消しに関わった北村さんや国有地払い下げ時の財務省事務次官の田中さんと対策を練ってるようで、明日からの動きに注目です。
さて、事務所のS君が西本願寺で行われた「京都・和食の祭典2018」に行ったそうで、行列に並んでゲットしたという点心弁当(3000円)をおすそ分けしてもらいました。2種類あったけど、一人1食限定だったためS君が買ったのは特別点心梅の宴。口取りを「菊乃井」、焼き物を「天㐂」、焚合を「たん熊北店」、ご飯を「魚三楼」が担当するという贅沢な内容。焚合には金時人参も入っていて、貴重な食材も老舗には入手できるんですね。最初に食べた鯛の小袖寿司にうっとり。昆布締めの鯛にごまの良い香りがして、職人さんが丁寧に仕事したお寿司を久しぶりに食べた気がします。ぷりぶりの海老艶煮や粟麸田楽も美味しかった。少量でも大満足。良いものを食べると心も満たされますね。
http://washoku-kyoto.jp/

福を分けて頂きました

2-227.jpgヒメママさんからちりめん山椒をおすそ分けして頂きました。吉田神社の節分祭で「抽選券付き厄除け福豆」というのが200円で授与され、その福引で6等の「食料品」が当たったとのこと。食料品とはまた漠然としてるなと思ったら、牛若納豆や「うね乃」のおだしのパックなど協賛している会社の商品の詰め合わせだったそう。その中に桐箱入のちりめん山椒があって、たくさん入っていたからと分けて頂いたのでした。大量に頂いたのに、これでも全体の3分の1ほどだそう。なんと特等は車やテレビが当たるそうです。200円で車が当たるなんて、すごいよね。節分祭の商品陳列所には数々の品が並べられているそうで、写真を見せてもらったら、地蔵盆の時におもちゃやお菓子などの福引の商品が山積みされていて子供心にワクワクしたことを思い出しました。
夕食の時に早速頂いてみると、山椒の香りが際立つ感じ。おじゃこは近所の「しののめ」より随分大きいけど、やわらかで食べやすい。伏見の「伍八山椒堂」のものだそうで、山椒堂と名前につくくらいだから、山椒にこだわってるんですね。食料品の本数は300だけど、協賛商社一覧を見ると、ちりめん山椒「まるたけ」5個と書かれているので、食料品が当たった人の中でも、ちりめん山椒が入っていたのは、かなりお得なのではないでしょうか。ヒメママさんの福を分けて頂き、嬉しいです☆
http://www.yoshidajinja.com/setubunsai.htm

アテスウェイのチョコが来た☆彡

2-210.jpg言っても仕方ないとは言え、毎日寒いですね。今朝は家の中にいるのに、吐く息が白かったです。事務所では水が出にくかったと言ってました。
さて、東京在住の出版社勤務のNさんから「アテスウェイ」のチョコレートが届きました。母校の前にある人気の洋菓子店で、特にチョコレート系のケーキが有名なんですが、本店の隣にチョコとジェラートの「アテスウェイ グラスエショコラ」なる姉妹店が出来ていたんですね。バレンタインシーズンはきっと混むんでしょうね。もう既に混んでるかな。その中を送って頂き、嬉しいです。モモ母が好きなビターチョコを主に選んでもらっているので、どれも美味しく頂いています。中でも個性的なのが、外見も紅一点のハート型で目を引くクールフランボワーズ。中のフランボワーズが甘くて、といっても甘すぎず、魅惑的な味。チョコだけど、「お菓子」という言葉が似合う感じ。名前は不明ですが、柑橘系の入ったものも心地よい酸味とチョコが絶妙でした。少しずつ味わいながら頂こうと思うのに、つい食べ過ぎてしまいます。また西荻界隈を散策してみたいな。そうそう、Nさんによると「アテスウェイ」近くにある善福寺公園の池が凍っていたそうです・・・。
http://www.atessouhaits.co.jp/gateaux/petit_gateaux.html

久々のくるみクッキー☆彡

2-196.jpgイラストレーターKさんから宅配が届きました。開けてみると光源社の「モーリオ」で販売されている「くるみクッキー」でした。予期せぬ嬉しい贈り物に、「おおっ!」とテンション上がりました。しっとりした食感の生地で程よい甘さのくるみをはさんだ優しいお菓子。数年ぶりに食べたけど、やっぱり美味しくて大好きです。これ、岡崎の「好日居」さんが元々食べたいとおっしゃったんですよね。そういえば、「好日居」にも、もう長く行ってないので、何だか行きたくなりました。
「くるみクッキー」が好きなのは、クッキー自体も勿論だけど、パッケージのロゴ入りイラストや包装紙が良いんですよね。素朴な風合いで鈴木信太郎のイラストの包装紙とはまた別の味わいがあります。民芸運動を思わせると思ったら、創業者は柳宗悦と親交があった様です。光源社は宮沢賢治の「注文の多い料理店」を発刊し、光原社の社名も賢治が命名したのだとか。盛岡にあるお店もなんかそんな当時の雰囲気が漂っている様な感じですね。いつか行ってみたいです。光源社のサイトのトップページの雪の写真を見て、寒そうだなぁと思いつつ、くるみクッキー、毎日美味しく頂いています。
http://morioka-kogensya.sakura.ne.jp/

リッチな焼き菓子を少しずつ

1-570.jpg先日のドゥテルテさんのミサイルお断り発言は現地の新聞の曲解と朝日が報道。但し「軍事同盟は必要ではない。外国の軍人がいない国を目指したい」と言ったとは報じていて、沖縄に対する日本の姿勢とは違うし、この表情はいかにも信用してなさそうに見えるけどね。
さて、寒い日は早めに帰宅。粕汁作ったり、残った白味噌でお雑煮作ったりして体を温めています。家でのティータイムには、元日の深夜に短時間だけ会ったNさんから頂いた「アテスウェイ」の焼き菓子を楽しんでいます。母校の正門前に2001年に出来た「アテスウェイ」。東京都内のケーキランキング第一位に連続で選ばれてるんだそうで、あの「イデミスギノ」より上位なんですね。モモ母の在学中にオープンして欲しかったよ・・・。


1-562.jpgしっとり美味しい「ケークオヴェルジョワーズ」はヴェルジョワーズを使ってるそうで、さすが材料にこだわる川村シェフ。「サブレショコラ」と「ディアマンピスターシュ」は賞味期限が長い為、少しずつ味わっています。ピスタチオ好きだからピスターシュも美味しいけど、この店はやはりチョコが見事だと思う。軽い食感とチョコの香りが絶妙。こちらはフルール・ド・セルが使われています。高級素材を使ったリッチな味わい。その分カロリーも高そうなので、食べるのは少しずつ。ちなみに下の写真の珈琲は「コラソン」のドリップバック。コラソンブレンドだと思いますが、とても美味しく淹れられました。コラソンの珈琲にアテスウェイのお菓子、なんて贅沢。Nさん、有難うございました!
http://www.atessouhaits.co.jp/

わ~い、嬉しい☆

1-319.jpg買い物から帰る途中、新町辺りを歩いていたら、停車中の宅急便のトラックに乗っていたKさんに呼び止められました。「東京のNさんから18時以降お届けの指定の荷物があるんですが、もうお帰りですか?」とのこと。すぐ帰るので、まだ16時だったけど、届けてもらうことにしました。そうそう、「マーガレット」さんの抹茶ロールケーキのお返しにと、大好きな「マッターホーン」のお菓子を送って下さるとNさんからメールを頂いていたのでした。わざわざ学芸大学前まで手配に行って下さったら、発送は1ケ月先とのことで、そろそろだなとは思ってましたが、日曜の葵祭もすっかり見るのを忘れていたモモ母。あ、今日がその日だった、と心躍らせて帰宅したところへグッドタイミングでKさんが到着。無事、受け取りました。


1-321.jpgまずは賞味期限が短いバームクーヘンを頂きました。「マッターホーン」さんは保存料無添加で半生菓子に脱酸素剤を使ってないので、要冷蔵。「室温に戻してお召し上り下さい」と書かれてましたが、コーヒーを淹れてる間に程良く戻った感じ。しっとり口当たり良く、1袋に2切れ入ってますが、上質なので、父と1枚ずつ食べて十分満足。原材料を見ると一番最初に「鶏卵」が表示されているだけあって、卵たっぷりの黄色いバームクーヘンです。お気に入りのコーヌコピアのお皿に乗せて、「コラソン」さんのコーヒーと一緒に頂いたら、幸せな気持ちになりました。リーフパイも楽しみです。Nさん、有難うございました。
http://matterhorn-tokyo.com/index.html

墨繪のパンいただきました☆

1-7.jpgゼロデビの新旧キャストトークバトルがあった13日は東京に行ってる場合じゃなかったんですが、こんな機会が来年以降あるとは思えないので、午後8時半開演に間に合う様に遅延の可能性も考慮して7時半過ぎ東京駅着の新幹線を予約。原稿を前倒し搬入し、出発直前にむぎちゃんのトイレを済ませて何とか乗車出来ました。イベントの終演は午後10時半で殆どの店は閉まってるし、暑い時期にむぎちゃんをひとりで留守番させるのが心配で翌朝の新幹線は6時50分発を手配してたから、朝食はコンビニでおにぎりでも買うかなと思っていたんですが、待ち合わせのやりとりをするメールでHさんが「墨繪」のパンを買っておこうか?と言って下さり、お言葉に甘えることに。希望を聞いてもらったので、勿論チョコレートパンをリクエストしました!
帰宅後写真を撮ったのでチョコレートパンが1個しか写ってないけど、2個いただきました。生地に練りこまれたチョコチップが抜群に美味しくて、いつも大満足。店でもチョコパンが一番人気だそうです。細長いトマトパンはドライトマトとバジル、チーズが練りこまれ、ワインのお供になりそうな感じ。もうひとつはりんごパンだと思ってたんですが、食べてみたらパイナップルココナツパンでした。パイナップルってフランスパンと相性が良いんですね。夏らしい酸味と甘味が印象的。お店のサイトを見ると期間限定みたいですが、販売時期に訪れることがあったら是非買おうと思います。トマトパンもパイナップルココナツパンも初めて食べました。人に買ってもらうと自分では選ばない美味しさを教えてもらえるのが有難いですね。「墨繪」のパンって派手さはないけど、噛むほどに味わいが増すから、妙にクセになります。Hさん、わざわざ買いに行って頂き、本当に有難うございました。「クリケット」のゼリーも気に入って頂けて良かったです☆ちなみに午前6時台でも東京駅構内では営業中の店が意外とありました。さすが眠らない街のターミナルですね。

チョコ好きに嬉しいチョコベーグル

862 (2)このところ「たま木亭 移転 新店舗」といった検索ワードで当ブログに来て下さる方が多く、ここ数日は特に顕著なんですが、うちでは「たま木亭」の最新情報が得られず申し訳ないです。黄檗駅から今までの店に行く手前の角を左に曲がった所の新店舗で23日に移転オープンされた様です。やはりお店のフェイスブックを御覧になるのがよろしいかと・・・。まぁ涼しくなったらモモ母もまた「中路」さんと合わせて様子見に行きたいと思います。
さて、「たま木亭」と並ぶ京都の人気パン屋さんが、御池の「フリップアップ」。中でも一番人気なのがチョコベーグルですが、先週ヒメママさんからチョコベーグルを2個頂きました。がっしり系よりもちもち系が好きなモモ母にはフリップアップのベーグルは理想的。以前よりややがっしり度が増した気がするけど、翌日もさほど硬くならず、美味しく頂きました。カカオ生地の中に甘さを抑えた上質なチョコがふんだんに使われてるのが良いんですよね。チョコ好きにはたまりません。特にモモ母はミルクチョコには興味がなく、ビターチョコ一辺倒なので、その意味でもこちらのチョコベーグルは何度でも食べたくなります。ヒメママさんによると電話予約も出来るそうです。まあ「グランディール」のパンオルバンみたいに予約で頻繁に売り切れる様な事態になっても困るけど、遠方からわざわざ行く場合は、予約しておく方が確実ですね。ヒメママさん、ごちそうさまでした!

レカンのパンいただきました

854.jpgやだ、田中亮一さん、明日の大阪芸大のオープンキャンバスで特別講演だって、高校生の子供がいたらマジで行きたいです・・・。でも、今の10代に亮一さんのすごさってわかるのかな? 名前も知らない子が殆どではないかと・・・・。
さて、京都からは「パン・オ・ルバン」を持参したモモ母ですが、Hさんからは銀座レカンのパンを頂きました。昔、東銀座に結構好きな映画館があったんですが、その跡に今はレカンがあるらしく、昨年12月にブーランジェリーがオープンしたそうです。たくさん頂いたので、ホテルで夜食に小さなコーンブレッドスティックを食べてみたら、おっ! 生地とコーンのバランスが絶妙で、なんか良い感じ。これは他のも期待出来そうだなと思ったら、京都に帰って食べたものも美味しかった。写真一番手前は黒いものが入った塩気のあるパンで、これってひじき? アンチョビ?と思ったら海藻なんだそう。クランベリーの入ったカンパーニュやクロワッサンも手堅い印象でしたが、何と言っても強く印象づけられたのがシトロンチャバタ。上質なレモンの香りが口に拡がって、素晴らしい! 「イナムラショウゾウ」のレモンケーキもそうなんですが、モモ母は柑橘系のパンやお菓子が得意ではないから自分では選ばないので、予想外に美味しかった時は目を見張ってしまいます。Hさんも同じ様に柑橘系は好きではないので、美味しいものに出会うと教えたくなるんだそう。うん、これは人に言いたくなりますね。さすがフレンチの名店のブーランジェリー。食べる時間を考えて今回は買わなかったそうですが、実はHさんのオススメはサンドだそうで、モモ母もサンドが大好き。機会があれば是非東銀座のお店に行きたいものです。そうそう、サンドと言えばHさんにもお伝えしたんですが、新宿マルイに出してる店もサーモンとクリームチーズの入ったカスクート(店では気取ってカスクルートと呼んでます)は美味しかった。嫌いな店でも良いものはちゃんと評価します。ご参考まで。
★ブーランジェリーレカン
http://www.lecringinza.co.jp/boulangerie/
プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR