西陣の梅乃井できんし丼ランチ

2-033.jpg今週の集中審議で、安倍さんが加計学園の獣医学部新設の申請を知ったのは今年1月20日だと答弁。 「加計学園も出てきましたね」と鯉さんがエキサイトにコメント下さったのは3月2日。ネットでは2月頃から既に加計疑惑が出ていた訳で、どうしてそんな見え見えの嘘をつくんでしょ? 関係業者からの供応接待を禁止した大臣規範に抵触するからですよね。
さて、火曜は土用の丑の日。今年は「ヘルプ」で四万十うなぎを買ったのですが、5月に行った鰻のネタを書くのを忘れてました。京都には「梅乃井」という名前の鰻屋さんが数軒ありますが、祇園店には子供の頃からよく行ったけど、西陣にもあるのを知ったのは割と最近。一度入ってみたいと思っていました。


2-031.jpg外観は地味な感じなのに、中に入ると平日だったのにほぼ満員でびっくり。子供連れならお年寄りまで大勢のお客さんで店内は活気がありました。ミニきんし丼にきつねうどん、香の物、アイスクリームがセットになったランチ(1300円)をオーダー。この時は温かいきつねうどんだけど、夏はそうめんときんし丼の組み合わせの様です。きんし丼はミニサイズでも十分食べごたえがありました。鰻は錦糸卵の下に隠れてます。庶民的な鰻屋さんでした。途中、隣席にいたシニア女性客から「美味しいお昼が食べられて平和やな」「ほんま、ミサイル飛んで来るかも知れんし」「カールビンソンが守ってくれてるらしいで」なんて会話が聞こえてきました。5月頃って政府がミサイル危機を煽ってましたが、すっかり間に受けてる様子。「いやいや稲田さんが防衛大臣の間は大丈夫だから」と心の中で思ってました。マジで危機が迫ってたら、安倍さんも稲田さんなんかにやらせないでしょ、日本にとって寧ろ脅威は現政権。隣で鰻食べてた女性たちは今回の集中審議をどう見てるかなぁ。
★梅乃井
大宮通寺之内上ル
075-441-5812
11時~13時30分
17時~19時 月休
スポンサーサイト

時代の流れ☆彡

1-978.jpg眞子様の「婚約」報道ではなく、公式発表前の「婚約へ」報道。宮内庁は不本意で残念とコメントしていて、共謀罪採決隠しと言われるけど、財務省が不正を知っていた証拠のメールを籠池さんが暴露したのも隠したかったはず。財務省が酒井弁護士や業者に「いつもお世話になります。ご協力ありがとうございます」なんて書いてるし。しかもよく見ると、財務省がメールを送ったキアラ設計って、工事計画の画像を見た当初からモモ母が気になってた錦市場近くに事務所がある京都の業者じゃん・・・。


1-977.jpgさて、パンフェスティバルの後、リニューアルされた京都タワーの「KYOTO TOWER SANDO」に行ってみました。「辻利」や「ダイズデリ」が出店している1階をざっと見て、目指すは地下のフードコートです。焼肉の「弘」や北山の「パンケーキルーム」などの京都駅進出は、観光客だけでなく京都人にも嬉しい。「ロティーチキン&ジャッキータコス」が出店しているので、そちらで「ロティサリーチキン&チキンオーバーライスのジャストサイズセット」(780円)と烏龍茶をオーダーしました。タコスの種類も豊富で外国人観光客にも受けそうです。かつてより断然活気がありましたが、子供の頃から両親とよく利用していた中華の「塔苑」が閉店して、ちょっと残念。まぁ特別美味しかった訳でもないから、役目を終えたんでしょうね。これも時代の流れでしょう。次は「弘」に行ってみたい☆
https://www.kyoto-tower-sando.jp/


祖母とコロッケが好きなお寿司屋さん

1-686.jpgNスペで憲法の特集やってましたね。日本会議の椛島さんを映像で見たの、初めてかも。
客のヘイトスピーチ騒動がネットだけでなくテレビでも取り上げられた木屋町のラーメン屋、休業したんですね、なんか最近、京都のイメージが悪くなってるなぁ・・・。
さて、四条河原町に出かけた際、子供の頃に祖母によく連れられた新京極の「乙羽」に入ってみました。暫くすると数人の男性客が「コロッケさんに勧められて」と入店。お店の人も「コロッケさんには昔からご贔屓にしてもらっています」とのこと。へえ~、ちょっと意外。


1-685.jpg祖母はちらし寿司をせいろで蒸した「蒸し寿司」が好きだったけど、温かいと酸味が強くなる気がして、生もの抜きの穴子ちらし「くらま」(1300円)を頼んでみました。モモ母はちらし寿司を自ら選ぶことが少なくて、お寿司屋さんで食べたのは数十年ぶり。食べてビックリ、近年食べてるのと全然違う。すし飯に混ぜられた刻み海苔が香り高く、卵も椎茸もそれぞれの魅力が口に広がる感じ。きちんと修業した職人さんの技を感じると共に、自分がそうした寿司から遠ざかっていたことを再認識しました。子供の頃は晴れの日に仕出し屋さんから出前を取ったり、父が先斗町の馴染みの店の寿司を土産に持ち帰ると、それは嬉しくて、まさにご馳走という感じでした。昔は回転寿司なんてなかったしね。最近はスーパーで買ったり、宅配寿司を注文するけど、当然味は落ちる。でも敷居の高い立ちの寿司屋でなく、庶民的な乙羽でもこんなに違うのね。子供がいる方は、日頃はスーパーや回転寿司で良いから、たまには本物の寿司屋の味も覚えてせてあげて下さい。1300円って安くないけど、丁寧に作られたものを幼い頃から味わう経験としては決して高くないと思う。モモ母は次は祖母が愛した蒸し寿司(1400円)を食べようと思います。
★乙羽
新京極通四条上ル
075-221-2412
11時~21時 月休

正統派精進料理

1-675.jpg「文科省がパン屋に関する記述に特定して検定意見を付した事実はない」と閣議決定。多分これが理由。これまでも変だったけど、どんどん壊れていきますね。更にメールした本人が否定してる辻元議員のデマ騒動まで証拠を検証すべきと閣議決定。どこまでアホなんでしょ・・・。
さて、先週、大徳寺門前の「泉仙」に行きました。新大宮に惣菜店があった頃はよく利用していたし、仕出しを頼んだり、I先生宅でご馳走になったこともあるけど、店で頂くのは初めて。


1-674.jpg入るとまず抹茶とわらび餅が出されました。店内はモダンさが一切ない、昭和な感じ。いかにも祖母の世代が法事などで使いそうな雰囲気の正統派精進料理店です。精進揚や生麩田楽、白和えなどの手軽な「雲水」(2200円)をお願いしました。胡麻豆腐はもっとねっとり濃厚なイメージだったのに、久々に食べると意外と淡白。生湯葉の上にいくらみたいな赤いものが数粒乗っていて、海藻成分で作った「海の宝石」というものだそう。プチプチ弾力がありました。生麩饅頭も駅の売店で見かける某店のと違って、生麩ならではの味わいが楽しめます。料理も良かったけど、最も感動したのが若竹のお吸い物。際立つ木の芽の香りと初物の筍に春を感じました。このお吸い物を頂いただけでも、訪れた甲斐がありました。
★泉仙紫野店
紫野下門前町
075-493-0889
11時~17時
水休(祝日は営業)
http://kyoto-izusen.com/

800円×3=2400円

1-651.jpgテレビでは幕引きムードの森友ですが、ネットにはアキエリークスの更新など新たな情報が上がっています。まず気になるのが、安倍さんの国会答弁の速記録に非公開のものがあるとの指摘。そのうち国民は忘れるから「総理も国会議員も辞める」発言をなかったことにするのでは? これはどこの街角調査か不明ですが、内閣府が公表した世論調査で「現在の社会に満足している」と回答した人が過去最高の65.9%になったのは、回答者の半数が60代以上だったそうです。そして昭恵さんが職員と一緒に自民党候補の選挙応援に行ったのは国家公務員違反という福島議員の指摘は重要です。


1-650.jpgさて、木曜は細見美術館で「アール・ヌーヴォーの装飾磁器展」を観た後、4年ぶりに「華祥」に行きました。「華祥」はブログを始めた頃から行っていて、もう10年以上のお気に入り。相変わらず「あんかけ焼きそば」が大好きです。太い麺が良いんですよね。「青梗菜の炒め」も塩気が程よく、頼んで良かった。そしてヒメママさんが頼んだ「酸辣麺」を味見させてもらったら、これもすごく美味しかった。酸辣湯ではなく、麺が入って、他にはきくらげや卵、人参、片栗をつけた豚肉なども。ヒメママさんによると「七福家」の酸辣麺は酢豚の様な味だったそうですが、「華祥」さんのは酢豚とは全く違う複雑な味。甘味や酸味ではなく旨味が印象に残ります。ピリ辛なので、モモ母は全部食べられないから、少し味見させて頂いたのが適量で、とっても満足。で、値段はどれも800円で、計2400円、一人1200円の明朗会計でした。久々に田口シェフとお話も出来たのも良かったです。
★華祥
田中里ノ内町
075-723-5185 
11時~14時 
17時30分~21時30分 
水休
http://www.kasyou.jp/

「むとう」から「六堀」へ

1-639.jpg昨日の証人喚問で籠池さんが昭恵さん付の政府職員だった谷さんからFAXを受け取ったと証言。昭恵さん付職員には籠池さんと懇意な住吉神社の権宮司の娘さんがいるとかで、もしかしてと思ったけど、谷さんではない方の女性の様ですね。でも大阪に昭恵さんが来た時に住吉神社には谷さんも同行していた模様。喚問で枝野さんが酒井弁護士の証人喚問を求めた時には、思わず拍手してしまいました。そうなのよね、土地取引や認可のことはこの人に聞かないと話になりません。でも与党は全員の証人喚問を拒否したとか。命懸けで証言した籠池さんと同じ土俵で話してもらわないと、全く納得出来ないんですけど・・・。

1-640.jpgさて、好きだった「むとう」が昨年「六堀」としてリニューアル。気になってましたが予約一杯だったりして、月曜に漸く出かけました。いただいたのは「大人のお子様ランチ 弥生」(2890円)。京都レストランウインタースペシャルの一つとして提供されてたものが好評だったので定番化したそう。えんどう豆と空豆、菜の花の一口ポタージュに始まり、地場野菜のバーニャカウダ、2つのメイン、パンまたはライスに一口カレー、珈琲と盛りだくさん。小海老のバーニャカウダで頂くほたるいかや芽キャベツなどの春らしい前菜は華やかで、素材の味を強く感じました。メインの丹波牛を使ったハンバーグにはワサビと温泉卵が添えられ、上には玉ねぎ。さくさくエビフライにも大きなクレソンが乗って、見るからに美味しそう。ただ、締めに出てきた一口カレーがモモ母には少々辛すぎで、お茶碗に入ったごはんも別にあったからお腹が一杯になりすぎました。帰る時に大好きだった「抹茶バター」のことを確認したら、抹茶とアンチョビのバターは今は作ってなくて、プレーンのみだそう。うーん、残念・・・。
★六堀
堀川通六条下る
075-354-8117
11時30分~22時30分
水、第2・第4木休
http://www.roku-bori.jp/

接客がお肉を更に美味しくする☆彡

1-622.jpg土曜で東日本大震災から6年。関連の記事も考えてたんですが、更新しないまま日が経ち、タイミングを逃してしまいました。月曜は菅野さんのインタビュー記事稲田さんが顧問弁護士だった書類などのツイートに大注目。籠池さんインタビューのビデオをモモ母も見ましたが、稲田さんは国会で関係を否定。このコメント、同感です。加計学園も漸くテレビに出始めましたね。


1-620.jpgさて、「グルメタクシー」さんが紹介されていて、以前から気になっていた二条の「肉洋食オオタケ」に行きました。午後1時に行きたいと電話をしたら、その時間だとハンバーグが売り切れてるかも知れないので、ハンバーグ希望なら予約をとのことで、その様に。店を訪れて注文したら、モモ母たちで丁度完売になったとのこと。予約しておいて良かった。ランチの「店主が大好きハンバーグセット」(1500円)はご飯、おばんざい、サラダ、お味噌汁、お漬物付き。熱々の状態で運ばれるハンバーグはつなぎなしでしっかりしてるからナイフとフォークも用意されます。確かに肉厚だけど硬い訳じゃないから、お箸でも大丈夫。お肉を堪能出来るハンバーグでした。愛想の良い奥さんの接客が実に気持ちいい。料理自体の出来栄えは勿論ですが、接客が更に満足度を高めますね。店を出る時にはご主人が見送って下さいました。また是非行きたいと思わせるお店です。ご馳走様でした。
★肉洋食オオタケ
左京区新先斗町
075-708-6085
11時30分~13時30分LO
17時~21時LO 
http://blog.livedoor.jp/hanbagu29/

もう一度食べたい☆彡

1-614.jpg塚本幼稚園で使われてるテキストの発行元が昭恵夫人が名誉会長を務める団体とか「安倍晋三記念小学校」の名称変更は安倍さんが断ったからではなく、大阪府が却下したからとか、毎日新たな情報が出てくる森友問題。モモ母は安倍さんが安保法制や悲願である改憲に維新に賛成してもらう為、見返りとして利益誘導したんじゃないの、だから「安保法制、国会通過、良かったです」の宣誓なんでしょ、と思ってました。でも、昭恵夫人が名誉園長の加計学園に37億円の土地が無償譲渡されるという第二の森友みたいな疑惑が判明、これは維新は関係ないの???


1-613.jpgさて、上堀川の「キリンキリン」のランチに行ったさくらちゃんママから「チゲを食べたら体が温まった、他の2人がピビンバと牛肉スープを頼み、美味しいと言っていた、1080円はホントにお得」とメール。それを見て、また食べたくなってヒメママさんと出かけました。さくらちゃんママには「じゃあ今度は私もチゲにしてみる」と返事したけど、牛肉のスープ定食も捨てがたい。ヒメママさんがチゲにするというので、モモ母は再度牛肉スープにしました。具だくさんで旨みのあるスーブがやみつきになります。チヂミの内容が牛肉スープとチゲでは違ってました。チゲも試食させてもらって良い感じ。辛いと最後まで食べられないモモ母には少量が丁度良かったです。ヒメママさんによるとごはんを入れると美味しさ倍増だそうで、かなり満足度が高かった様子。ランチは他に石焼ピビンバ定食とぶた焼肉どんぶりがあるので、試してみたい。と言いつつ、また牛肉スープを頼んでしまうかもです。
★キリンキリン
紫竹下本町
075-492-3570
11時30分~14時 17時~24時 
火休

「やすい亭」から「東山ゆう豆」へ

1-566.jpgトランプさんの就任演説も意外と良かったけど、退任したオバマさんの最後の記者会見が良かったですね。民主主義の中心となるのは報道の自由、日本の為政者こそ真摯に受け止めて欲しいところです。
さて、少し前になりますが、東山安井の「東山ゆう豆」を訪れました。美山ゆばを使った湯葉料理のお店。店舗はかつて何度も通った「やすい亭」だった所で、2階の窓が何となく洋食屋さんっぽい。入ると右手にカウンターが出来ていて、そちらに案内されました。お正月だったせいか普段からなのかはわかりませんが、1時を過ぎても店内は大勢のお客さんで賑わっていました。


1-565.jpgお願いしたのは美山産の大豆と丹波産の黒豆を使った2種のゆば豆腐やゆばめし等が楽しめる「ゆう豆御膳」。汲み上げゆばと平飼い卵黄醤油漬けをかけて頂くゆばめしは卵黄が濃厚で、さすが平飼いという感じでしたが、ご飯が多すぎて途中で飽き気味に。どれも決して悪くはないんですが、年末に食べた「寺町西むら」の二重弁当の1600円が素晴らしかったので、2000円は高いなという印象でした。同じ無添加をウリにした「北見」の東寺ゆばを食べた時の方がインパクトがあった気がします。「やすい亭」の様にハマる感じではないのに、今の方が断然流行っていて、店の人気って味だけで決まる訳ではないんですね。あ、ここも決して悪くはないんですよ。きっと「やすい亭」のクオリティが高すぎたんですね・・・。
★東山ゆう豆
東山区祇園町
075-532-1019
11時~15時 
17時30分~21時30分
木・日午後休
http://higashiyamayuuzu.main.jp/

念願の二重弁当

1-544.jpg京都市役所前近くに6月オープンした「寺町西むら」。ご店主は綾小路の割烹「うをすえ」さんで長年修業された方だそうで、「寺町西むら」を紹介する記事を読んで初めて「うをすえ」が閉店していたことを知りました。「うをすえ」で出しておられた京風二重弁当を西むらでも継承されてて、塗りのお弁当箱もそのまま使用されてるとのこと。これは是非行きたいと思いつつ、なかなか機会がありませんでした。先日、有名バリスタさんのカフェを訪れた時に久々に綾小路を歩いたら、閉められたた店に「うをすえ」の看板だけが残っていました。ああ、二重弁当が食べたいなと思ったら、年内にその機会に恵まれました。


1-545.jpg「お昼の二重弁当」(1600円)は一日限定20食。刺身に焼き物、煮物等が彩り良く盛り付けられています。ひとつひとつが小さく、食べやすくて見た目も可愛い。椎茸、山芋、ひろうす、小芋、かぼちゃ、だし巻き、紅葉麩、酢の物など小さいと言ってもたくさんの種類が入った充実した内容でした。自家製ごま豆腐が良い意味でゆるくて、とろけそう。ちょっと癖になりそうな味と食感でした。茶碗蒸しは滑らかな口当たりですが、食べていたら中から細かく刻んだ木耳が出てきて、良いアクセントになっていました。下の段に入ったご飯はおかわりも可能とのこと。これに味噌汁がつきます。味も過不足なく、見た目は「うをすえ」より更に洗練された印象。お弁当の料理内容は定番らしいですが、何度か訪れたお客さんには刺身を3品にするなど、さりげなく前回と違うものを出して下さるとか。是非共再訪したいものです。
★寺町西むら
中京区榎木町
075-254-8154
11時30分~14時 17時30分~22時
http://www.teramachi-nishimura.com/
※年内の営業は28日迄です。
プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR