えっちゃんの教え

051.jpgご近所の柴犬えっちゃん。京都市から表彰してもらったことがある17歳のご長寿犬です。数年前に靭帯損傷した経験があることもあって、足をひぎするような感じではあるけれど、それでもゆっくり歩いて家の近くをトイレ散歩しています。「ヨボヨボです」とお母さんがおっしゃるので、「でもそうやって自分で歩いて外に出られるから良いですよね」とモモ母。
むぎこがうちに来て半年以上経つけど、まだ一度も家でトイレをしたことがありません。来る前は初日からトイレトレーニングをしっかりしようと思っていたのに、粗相をしないように練習するのがトレーニングだけど、そもそも排泄しないから失敗しないかわりに成功もなし。トイレシーツにおしっこのニオイをつけたり、絶対にそこでしないといけない状況にさせてみてと連れて来ていただいた時にアドバイスしてもらったものの、きっと散歩もせずに3日くらいケージに閉じ込めておかないと「しないといけない状況」にならないだろうと思います。だって一泊二日の避妊手術の時、獣医さんのところでは排泄しなかったそう。出た途端に獣医さんの駐車場でしたから、ああ我慢してたんだな・・と思ったのでした。今は家が汚れなくて良いけど、年とって脚が弱ったりした時が大変とえっちゃんのお母さんに言ったら、「そうなったら、家でするようになるわよ」とお母さん。えっちゃんは常に神経はりつめたカンの強い子で、夜も物音とかにすぐ反応するし、トイレも絶対外でしかしない子だったけど、最近やっと家でも排泄するようになったんだそう。死んでるんじゃないかと心配になるくらいぐっすり寝るし、今年になって粗相もしちゃったとか。でも、粗相できるくらい張り詰めたものが緩んだんだとお母さんは寧ろ喜んでおられる様子でした。老の力って、犬を自然に適応させていくんですね。むぎちゃんもきっと大丈夫。安心しました。
スポンサーサイト

バイエルン風と蜂の刺し傷

045.jpg「じゃらん」から東京のホテルをネット予約してたまったポイントの有効期限が迫ってるから、ホットペッパーの食事券に交換した方が良いよというメールが届き、あら、そうなの?と思って京都で食事券を使える店を調べたら、大好きな「カフェ・ミュラー」があったので、おススメに従ってポイントを交換。日曜午後に遅めのランチを食べに行きました。

046.jpg今回はプレートメニューにドリンクとデザートがついた2000円のセットを。メインは4種の中から選びます。前回の豚肉が美味しかったので、ちょっと心惹かれたものの、この日は鶏肉を試してみることに。「鶏肉の蒸焼 バイエルン風」です。お店の方に確かめなかったので、どういうのがバイエルン風なんだかわかりませんが、多分「蒸し焼き」にするのがそうみたい。(詳しい方、教えてください)。蒸すからなのか、鶏肉がとってもやわらかでジューシー。少しずつたくさんの種類の付けあわせが添えられていて、飽きることなくいただけます。デザートは「ビーネンシュティッヒ」というアーモンドキャラメルのケーキ。名前が覚えられないのでメモして帰り、ネットで確認したら、Bienenstichは「蜂の刺し傷」という意味で、デコボコの表面が蜂の刺し痕に似ているからだと書かれていました。華やかな見た目のフランス菓子と違って、ドイツのお菓子は派手さに欠けるけど、真面目な美味しさが魅力です。プレートだけでおなか一杯になってお菓子は食べられないかも・・と思っていたんですが、しっかり完食しました。
★カフェミュラー
吉田河原町
075-752-4131
11時~20時 月休
http://www.goethe.de/ins/jp/kam/wir/caf/jaindex.htm

正しい雑種

126.jpgむぎこが「どこかで見たことある犬」と思わせるのは、それだけいろんな犬種が混じってるからですね。預かりさんも「かなり混じりに混じってる正しい雑種」と書いておられました。
混じりに混じってることを如実に示すのが毛の色。尻尾の上だけ黒かったり、背中の茶色も結構濃淡があるし、長い目の毛が以前より黒っぽくなってきたりして、かなりまだらなこむぎさん。柴犬の飼い主さんから柴犬が入ってますねと言われたことがあるものの、サイズ的には柴犬よりやや大きめ。預かりさん宅で同居していたリンさんと並んだ写真を見ても、少し長いことがわかります。ブンブン尻尾はゴールデンみたいで、体の割りに随分大きく立派です。散歩で逢った人からシェルティーが入ってるんじゃないかと言われたことも。確かにシェルティも中型の割りに大きな垂れた(巻いてない)尻尾をしてますね。当ブログを見て下さってる方から「秋田犬の血が入ってるのかも」というコメントもいただきました。そんな風に外見から想像されるのは中型から大型の犬種ですが、お泊りの練習を兼ねてシャンプー&トリミングをしてもらった時には、お店の方から「毛がものすごく密集して生えてますね、ポメラニアンが入ってるんじゃないですか?」と言われました。見た目からポメラニアンは思いつかなかったけど、なるほど毛の感じが似てるかも。ポメとゴールデンが同時期ではないでしょうが、まさに大小混じりに混じっていそうです。お父さんとお母さんはどんな犬だったのかな??

アイスティで寛ぐ

023.jpg素敵なお店と言えば、河原町丸太町の紅茶専門店「ミスリム」もそのひとつ。ちょっと前になるんですが、久しぶりに訪れました。前を通ることは結構あるんだけど、こじんまりしたお店なので、先客が数組おられる様子だとまたにしようと思ってしまう。この日は空いてそうだったので、ドアを押してみました。上も空いてるようだったので2階へ。モモ母は断然2階が好きです。この日は「シトロン」(750円)をアイスでお願いしました。ほんのりレモンの香がするフレーバーティです。

024.jpgテーブルには「当店の紅茶は独自の抽出方法で一からお湯を沸かし、一杯一杯丁寧に淹れておりますので、時間がかかります」と書かれたカードが置かれていました。時間のない時には不向き。時間がある時には本当にゆっくり出来るお店です。2階は吹き抜けの南側と西側に席が分かれているので、それぞれの空間を楽しむことが出来ます。窓に面した南側も快適だけど、階下を見下ろす西側の席もなかなか良いのです(下にものを落とさないよう要注意ですが・・・)。コロニアル風のインテリアですが、ここも町家をリノベーションしたカフェ。内装の感じは首都圏のターミナルなどにもありそうだけど、きっともっと大きなスペースでいつも混んでそう。ここはこの規模だから魅力的なんだなと、のんびり寛ぎながら思ったのでした。
MISSLIM
上京区河原町丸太町
075-231-4688
12時~20時 
木休

上質を感じる店

043.jpg一週間前になりますが、小川一条の「コラソン」さんを訪れました。2月に初訪問してすごく気に入ったのだけれど、近くに行く日が定休日だったり、営業時間外だったりして、なかなか行く機会がなく、5ヶ月以上ぶりの再訪となりました。チーズケーキやアフォガートといったメニューが増えていて心惹かれたものの、前日もお菓子を食べていたので(しかも美味しくなかった・・・)、残念だけどこの日は自粛。コーヒーだけにしておきました。お願いしたのはケニアAAとは違う深煎りで、ちょっと記憶が曖昧なんですが、「ペルー・エルパルゴマウンテン」を。こちらも深煎りですが重たくならない、すっきりとした、きれいな味。雑味というのがどういうものか、いまひとつわからないモモ母ですが、後口にちょっと嫌な感じが残る珈琲もあって、それを雑味というなら、そうした雑味のない端正な味わいです。ちなみに15グラムほどの豆で180cc抽出されるそう。

044.jpgお店の方の接客も印象的で、きちんとしてるけど決してスノッブではないし、説明が丁寧。珈琲通は勿論、年配のご近所さんも気軽に立ち寄れる雰囲気です。美味しい珈琲と素敵な雰囲気で上質な時間を過ごし、会計を済ませたら、ご店主が当ブログを見たお客さんが数組来られたことを教えて下さいました。数ヶ月前に一度来ただけのモモ母のことを覚えていて下さったことも意外でしたが、ブログを見た方が何人もおられたことはお店の方に教えていただかないとわからないので、すごく嬉しかったです。励みになります。これからも素敵な店をご紹介できればと思います。

★カフェ・デ・コラソン
小川通一条上る
075-366-3136
9時30分~18時30分 
火休
http://www.cafe-de-corazon.com/

あの子に似た犬

042.jpg日曜の選挙は朝のお散歩途中に行きました。犬って投票所に入れるんだろうか?ダメならむぎちゃんはちゃんと待ってられるかな?と思っていたら、出口調査の人がいたので、出口につないで見ててもらいました。共同通信さん、有難うございました。
いつでも里親募集中」でむぎちゃんを見た時、心引かれたのは顔の感じがモモに似てると思ったんですよね。はぴねすさんのブログにも載ってる写真だったと思います。でも、気になる子がいると話をしたヒメママさんには似てると同意してもらえなかったので、そうか似てないのか・・と思ったんですが、その後、預かりさんが、こむぎのことをみんなが「どこかで見たことある犬」と共感と懐かしさを憶えるルックスと書いておられて、なるほどと納得したのでした。確かに散歩していると、前に飼ってた子に似てるとか、○○さんちの○ちゃんみたいとよく言われます。近所のリサちゃんはモモ母が見てもそっくり。お母さんが姉妹では?と思われたそうですが、リサちゃんは上賀茂出身らしいので泉佐野出身のむぎちゃんとはつながってなさそう。シロくんのお母さんに「顔はシロとおんなじやね」と言われたこともあります。ちなみに春に某動物愛護団体から送られてきたニュースレターに里親さん達から届いた年賀状や写真がたくさん載っていて、むぎちゃんと似た顔立ちの、ひときわ可愛いと思うワンコに目が行き、よく見たら、里親になりたかったD君でした。我ながら、こういう顔の子が好きなんだなと自覚。D君、幸せそうで良かったです。

岡崎の小さなケーキ屋さん

041.jpg日曜は国際交流会館で行われていたブルース・リー没後40年記念のコレクション展に行きました。ブルースリー研究家でもある水墨画家の王石明さんが企画されたもので、実際に使われていた名刺や契約書などマニアにはたまらない貴重なものが並び、幅広い年代のファンで賑わっていました。死亡遊戯の黄色いウェアを来てポーズをつれるミッキーマウスのTシャツが可愛かった。その後は動物園北側の「菓子・茶房チェカ」へ。前回のブルースリー展の後でのぞいた時はオープンしたばかりで、まだカフェの営業をされてなかったので、今回は是非と思っていました。

040.jpg急な階段を上がって2階へ。奥の席に座って「焼き栗のモンブラン」(450円)とアイスコーヒー(450円)を頂きました。飲み物はすぐ傍に置かれた茶釜のお湯で一杯ずつ入れておられるそう。すっきりした苦味で飲みやすいアイスコーヒーでした。紙に包まれて出てきたモンブランは、開けてみると和菓子のようなドーム型に焼き色がついて、「焼き栗」のモンブランでなく、焼き「栗のモンブラン」。ほんのり洋酒を聞かせたマロンペーストと生クリーム、中には栗が1個入っていました。こじんまりとした店らしい手づくり感が可愛いお店でした。
★菓子・茶房チェカ
岡崎法勝寺町
075-771-6776
10時~19時
月・火休

折れゆばと東寺ゆば

036.jpg「フランジパニ」に行った帰り、いつものように「鞍楽ハウディ」に寄ったんですが、残念ながら「ゆば長」の「折れゆば」は品切れ。ほぼ同じ大きさ、同じ見た目の某店の「割れ湯葉」はひとつだけ残っていて、それを買おうかと一度は手に取った思ったものの、値段がかなり違うので再び棚に戻しました。
その数日後、室町通りを歩いて今出川に出たところで、すぐ先にある「ゆば長」さんのお店をのぞいてみる気になりました。

037.jpgお店の前はよく通るんですが、店の前の看板を見ても折れ湯葉は書いてないし、置いてないのかなと思っていたので、中に入るのは初めて。やっぱり「おはらぎゆば」や「切小巻ゆば」といったキレイな湯葉しか並んでなかったけど、せっかく入ったので折れゆばはないか伺ったところ、1つだけあるとのこと。切れ端だったり、割れたりしたものなので、数が少なく店頭にあんまり出ないようです。昨日は「時待ち食」で買ったはたけしめじと炊いて湯葉しめじにしました。そして一緒に「東寺ゆば」も買ってみました。百合根・銀杏・キクラゲをひきあげゆばで包んで揚げたもの。「北見」さんで炊いたものを買ったことはあるけど、家で炊くのは初めて。でも「うね乃」のだしやだし醤油でシンプルに炊くだけでとっても美味しかった。京都らしい東寺ゆば、お使い物にするなら北見だけど、家で食べるなら5個525円のこちらが気に入りました。お店を訪れる機会これから増えそうです。
★ゆば長
室町今出川上る
075-417-1245
http://www.yubacho.co.jp/

ホワイトフードでお取り寄せ

039.jpg明日は参院選挙。原発再稼動を争点にしたくない政党が街頭演説で取り上げるのを意図的に避けてるそうで、投票の際に考慮する人は少ないようです。以前義捐金を送ったNPOからニュースレターが届きました。被災地の現状がマスコミでほとんど紹介されなくなって、資金が集まりにくくなっているんだそうです。話題に上らないと人は忘れてしまうようです。
暑い中を重たい目をして買ってきてもすぐになくなる飲み物類をお取り寄せすることにしました。水と牛乳は商品の放射能検査をしている「ホワイトフード」から。水は同じものが近くのスーパーで半値近くで入手できるので、そこで買うつもりが売り切れ。割高だけど、応援する意味で再度取り寄せることにしました。WHOの基準値が10ベクレル/kgに対してホワイトフードは0.5ベクレル、日本の基準はなんと100ベクレルです。震災から数ヵ月後、知人の従兄弟が地元スーパーに並ぶ農産物を線量計で測ると高い値が出たそうで、うちの県産のその農産物は食べるなと言っていたそうです。自らチェックした人は避けられるけど、知らない人は普通に買って食べている・・・基準値は消費者ではなく生産者を守るためのもの、命より経済を優先する国に生きていることを実感しました。今は知りませんが、昨年はまだ従兄弟は京都から野菜を取り寄せていると知人は言っていました。お断りしておきますが、それは東北ではなく、もっと京都に近い県。東北の農産物がスケープゴートになっていると書いたのはそのためです。基準値以下という曖昧なものでなく、いずれは数値が表示されるようになるだろうと言われましたが、実現していません。今回は水だけでなく、牛乳もオーダーしました。会社のサイトによるとウクライナの内部被爆の80%が牛乳だったそうです。うちで牛乳を主に飲むのは80代の父なので気にする必要はないんですが、子供達を守ろうと取りくむ企業を応援し、子供が身近にいる方に紹介する意味で買ってみました。ちなみに滋賀県のしいたけ原木が基準値ごえとの報道を確認していて、こんなツィッターをみつけました。なかなか興味深いです。
http://www.rakuten.co.jp/food-connect/

フランジパニでコダマカフェの本を読む

034.jpgこれも先週の話ですが、鞍馬口の「フランジパニ」に行きました。暑い日だったので、すっきりしたものが飲みたくてアイスティ(450円)を。ニルギリとアールグレイがあって、ニルギリをお願いしました。
フランジパニ」には本や雑誌も置かれていて、雑誌を見ることもたまにあるんですが、持参した文庫本を読むことがほとんど。落ち着いて、ゆっくりと読書を楽しむことが出来ます。この日はサリンジャーの「ナイン・ストーリーズ」を読んでいました。これ、「コダマカフェ」の閉店セールで50円で買った2冊のうちの1冊。タイトル通り9つの作品を収めた短編集です。

035.jpgサリンジャーと言えば「ライ麦畑でつかまえて」くらいしか読んだことないので、興味を持ったんですが、まだ全部読んでないけど、ライ麦畑に大した共感を覚えなかったモモ母は、やっぱりサリンジャーって好みじゃないなという印象。これはライ麦畑にもいえるけど、多感な思春期に読むとまた違ったのかも知れません。あるいは「フラニーとゾーイ」を先に読むべきなのかも。寧ろ興味を持ったのは、これがコダマさんの本棚にあったこと。サリンジャーやライ麦畑って今も若い人に支持されてるのかな・・と。2年半の営業だったという「コダマカフェ」さんの閉店セールもいよいよ明日まで。大好きな「フランジパニ」さんにはこれからもずっとずっと素敵な空間と美味しいものを提供し続けて欲しいと思います。
フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245
10時~18時 
日・木休

夏のお散歩

016.jpg朝の9時も夜の9時も気温30度だったりしてヤフー天気予報のピンポイント天気の気温変化を一日何度もチェックする今日この頃。朝7時台に散歩に出かけるなんて、モモの時には考えられなかった。モモ、あんたもたまには早朝に散歩に連れてったげたら良かったね、ゴメン。
暑い時期は遠出は避けているのでコースがワンパターンにならないよう、北を向いたり、南に下がったり、橋を越えたり、手前で住宅街に入ったりと変化をつけています。飛び石も時々渡りますが、雨が少なかった時には中洲のようなものが出来ていて、そこを歩くことも出来るのに、大雨の後は飛び石そのものが水面すれすれになるまで水かさが増えて、おおっ・・と思ったら、またあっという間に石の連なりがむき出しになったり。途中で必ず止まるけれどモモみたいに落ちることなく渡っています。

038.jpgカメラを向けられるのが好きではないようで、すぐに尻尾が下がってしまい、いつものブンブン尻尾がなかなか撮れません。でも、iPhoneに慣れてないせいか、移動中に手が触れて、知らない間にシャッターが切れてることがあります。その中にむぎこの後姿が一枚。尻尾の上がり具合と言い、地面にうつる楽しげな影といい、見れば見るほど愛おしくなって、今ではお気に入りの一枚になっています☆

減農薬のあら川の桃

029.jpg今日は祇園祭の山鉾巡行。多くの京都ブロガーさんがその様子をレポされると思いますが、今年もモモ母はパスしたので、先週土曜にしみだれ豚まんを買いに行った日のことを。
地下鉄四条駅から地上に出ようと思ったら、エスカレーターが節電のため止まっていました。この時期はそうだっけ・・と思いつつ、「COCON烏丸」の方を見ると「COCON MARCHE本日開催」のポスターが。すぐ横の階段を使わず、楽してココンのエスカレーターから上がってココンマルシェをのぞきました。


033.jpg「ブルージュ洛北」は次回は出店されるようですが、この日は不参加。一通り見て目についたのが「あつし農園」のあら川の桃でした。和歌山から参加されたんですね。ハネの100円から1つ500円までズラリと桃が並んでいました。減農薬で肥料なし、除草剤不使用のものと、減農薬・有機肥料のものがあるんだそうで、500円のは農薬9割減、肥料なしと書かれていました。モモ母は2つ550円のを1パック。夕方だったので500円にオマケしてもらいました。食べるのが早かったのか甘さは思ったほどしなかったけど、ビックリするくらい水分量が多くてお皿に残った果汁も思わずいただいてしまいました。
★あつし農園
090-4031-1950

「在日」

021.jpg某カフェにあった女性誌のバックナンバーに姜尚中のエッセイが掲載されていました。そこにあった「民主主義は時間がかかるもの」という言葉に、色んな考えや意見があってこそ健全な社会だよね、と納得し、姜さんの本が読みたくなりました。古書店にあったのが「在日」。在日二世としての半生を綴った自伝で、とても興味深かったんですが、出版された頃と今では状況が随分変わっているから、作品としての世間の評価は厳しくなってるんだろうなと読みながら複雑な気持ちになりました。
それでも、モモ母には知らなかったことをたくさん知ることが出来た本です。日本の敗戦の前年までに朝鮮半島の全人口の約20%、成人人口の40%が故郷以外の地域に住むことになったそうで、貧しかった姜さんの父もその一人。戦後、北朝鮮への帰還運動が始まると日本の世論は夢のような希望を抱かせ、北の実態がわかると一転して否定。祖国統一が悲願なのかと思っていたら、今の多くの韓国人は南北統一にあまり関心がないのだとか。特に若い人にとっては生まれた時から分断されてたわけだから、自分の生活をどう維持するかや娯楽、スキャンダルの方により興味を持つのは当然かも知れません。興味深かったのはクリンクトン元大統領が金大中元大統領に会った時に「自分の在任期間がもう少し長ければ、米朝関係は和解へと向かっていた、その点が非常に惜しまれる」といった趣旨の発言をしたらしいということ。歴史にもしはないけど、ブッシュの悪の枢軸発言や太陽政策のその後の評価などを思うとなんだかなぁ・・・と。これまであまり身近でなかった在日の問題ですが、彼の目を通して振り返る日本と韓国、在日の歴史を知る入門書として、読んで良かったと思います。

祇園祭を味わう

030.jpgモモ母は毎年豚まんの話ばっかりしていますが、祇園祭の時期に販売されるものがたくさんあります。鉾町では宵山にセールもあって、「片山文三郎商店」で昔買ったスカーフはかなりお買い得だった記憶があります。
金曜にはタレントTさんから「長刀鉾」という中村軒のお菓子をいただきました。大丸地下で入手されたそうで、長刀鉾の焼印が可愛い薯蕷饅頭です。白あんだと伺っていたので、苦手かもと思ったんですが、柚子の味が上品で、大きさもほどよく甘さがちょうど良い感じ。TYの和菓子などは当たり外れが結構あるけど、中村軒はハズレがほとんどないねと話していたのでした。

032.jpgTさんが大丸に行かれた日は曳き初めだったそうで、長刀鉾の天井に星座が描かれているのを初めて見たとおっしゃってました
土曜は月鉾町で体操教室を経営するM先生から月鉾の厄除ちまきをいただきました。月鉾は今年の試し曳きの後で、鉾を解体して一からやり直されたとか。釘を使わずに縄だけで固定して大勢の人を乗せて巡行するから、「やっぱり試し曳きって大事やね」とM先生。万全の体制で行われる山鉾巡行は17日です。モモ母は行かないけど、こうやって祇園祭の風情は味わっています。
http://www.nakamuraken.co.jp/
http://www.tsukihoko.or.jp/

モモ母の宵山

028.jpg土曜午後の京都は激しい雷雨。嵐山駅に落雷したり、北白川辺りで停電になったりしたそうで、むぎこは階段下の狭いスペースから動こうとしませんでした。その後、小降りになったので、モモ母は四条へ。この連休は祇園祭の宵山。とは言え、宵々山は日曜からで、土曜は屋台もまだ少なく歩けないほど混雑してないから、今のうちに「しみだれ豚饅」(400円)を買いに行こうと思ったのでした。


027.jpgエキサイトアメーバでモモ母ブログを以前から読んで下さっている方には御馴染みの祇園祭限定販売の「膳處漢(ぜぜかん)」のしみだれ豚饅。豚肉、椎茸、筍などが入った大きめサイズの豚饅です。ひとつひとつ手作りなの形もそれぞれいびつであるとポスターに書かれていましたが、今年は一昨年のようにスパッと切れてなくて写真としてはイマイチですが、具の感じは伝わるのではないかと。今年も無事にゲットできたので、帰りに今年新調された占出山の三十六歌仙の水引などを見たりして祇園祭の風情を少し感じたら、早めに退散しました。暑いのが苦手なモモ母の今年の宵山は、早くもこれで終了です。
膳處漢
錦小路室町西入
075-257-5766
http://www.kiwa-group.co.jp/shop/1338277570

動物愛護団体のススメ

026.jpg連日の熱帯夜&猛暑日。この暑さで、さすがのむぎこも水を飲んでいます。
さて、映画や女優さんの啓発活動などもあってか保護犬への関心が高まっているようです。保護犬の里親になるには①地方自治体の動物愛護センターや保健所での譲渡、②獣医やペットショップなどでの募集の貼紙を見る、③民間の動物愛護団体に応募する、などがあると思いますが、モモ母は③以外は考えませんでした。勿論、これまで何頭も犬を飼育した経験がある人は①や②でも良いと思います。でもモモしか知らないモモ母はグレムリンは苦手なのです。里親に出される子は泣く泣く手放すケースもあるでしょうけど、廃棄ブリーダーだったり、飼育放棄だったりする場合も多く、何らかの問題を抱えていることが少なくない。問題といっても飼い主にとっての問題で、その問題を作ったのは飼い主なワケですが、要介護の父を抱えたモモ母には元の飼い主のフォローをする余裕がない。まず犬の性格を見極めて、問題があればできるだけ矯正して下さる愛護団体さんは心強い存在でした。
1年前、D君に面会した団体には多くの犬猫がいましたが、すべてが里親募集されてるわけではない。スタッフがトレーニングしたり、医療を受けさせ、家庭犬としてリホーム出来ると判断された子だけが対象になっていました。むぎこの譲渡の時には預かりさんから詳細な申し送りをいただきました。ヒモ系をかじる傾向があるけど、床に落ちてるものだけで、机の上やカバンの中を荒らしたりはしないこと。明るい性格が当初は見えにくいかも知れないけれど、3ヶ月くらいから本来の性格が見えることなど、実に的確に教えて下さいました。事前にわかってるから、床にものを,置かないようにしてるので、壊しはほぼありません。座布団の綴じ糸が千切られたのを見て、なるほどヒモが好きなのねと苦笑しましたが・・・。3ヶ月頃から笑顔写真が撮れるようになったのは記事にも書いた通りです矯正していただいたので、散歩中、犬に吠えることも滅多になく「上手に遊ばはりますね~」と褒められた程です。保護犬むぎことこんなにスムーズに暮らせるのは、預かりさんのおかげ。本当に有難うございました☆

初めてのココナッツオイル

022.jpg先月「壷沙」で食べたオランダえんどう。ココナッツオイルで炒めて岩塩をふっただけというシンプルさなのに美味しくて、最近岩塩を使い出したこともあって、ココナッツオイルを買って家でもやってみようと思ったのでした。ところが、ピーナッツオイルやアーモンドオイルなどはあるのに、ココナッツオイルというのがジュピターにも八百一にもファーマーズにも売ってない。そんなに入手が難しいとは知りませんでした。それならお取り寄せで、と探して興味を持ったのがこのサイト。最初だからプレミアムで良いか、しかし読んでみるとエクストラバージンが、なんかすごそう。でも高いよね・・・と決められずにいたら、「コダマカフェ」の帰りによった「フレンドフーズ」で「Dr.ブロナー ヴァージンココナッツオイル」(2310円)なるものが売られていました。エキストラより安いなと思いつつ、その日は買わず。でもやっばり気になって、改めて買いに行きました。
早速、軽くゆでたモロッコいんげんをソテーしてみました。初回は適量がわからず、小さじ2杯ほど使ったらニオイが強すぎた。オリーブオイルのかわりに炒め物全般に使いたかったけど、この感じだと早々に飽きそう。なので二度目は小さじ1杯弱にしたら、いい感じ。岩塩も前回より少し多めにしていただきました。量が少なくて良いのって助かります。デトックス用のマウスウォッシュなる使い方もあるようで、まだ試してないけど、興味津々。マジックソープがオマケについていたのもポイントが高いです。ところで「壷沙」さんは、どこのココナッツオイルを使ってるんでしょ?今度行ったら、聞いてみよっと。

中堂寺の路地裏カフェ

017.jpg先月のことですが、中堂寺の「むすびわざ館」で行われたシンポジウムに行きました。一年前は講演の後、島原まで歩いたけれど、今回は近くに新しいカフェが出来ているようなので、訪れてみることに。「喫茶オルガン」という細い通りにある小さなお店。「むすびわざ館」から行ったらうまくみつからず、五条通りのお好み焼き店「ふくい」の角を北へという基本の行き方で行ったら、みつかりました。
ミルクがかぶるなぁ~と思いつつ、「ミルクコーヒー」(430円)と「ミルクロール」(300円)を。こうして写真に撮ると、なんだか子供のおやつみたい。練乳系のお菓子って普段は食べないんですが、日替わりで出しておられるおやつの中でも定番のメニューとのことで、試してみたら期待以上に美味しかった。手作りらしい優しい味わいです。

020.jpg店内はシンプルで、それほど個性があるわけではないから、これがもし北山辺りにあったら、記事にしないかも知れないんですが、かつて祖母の家があった五条壬生川界隈って、気のきいたカフェがこれまでほとんどなかったエリア。しかも人の目につきにくい路地裏にひっそりと営業されてて、通りがかりの客はほとんど来ないようなロケーション。お店の方は京都出身ではなく、たまたま紹介された物件だったそうですが、昨年9月にオープンし、イベントなどもやっておられるようです。この場所に根付いて頑張って欲しいという思いでご紹介してみました。
★喫茶オルガン
中堂寺櫛笥町
075-366-8135
11時~19時
http://d.hatena.ne.jp/kissaorgan/
https://www.facebook.com/pages/%E5%96%AB%E8%8C%B6%E3%82%AA%E3%83%AB%E3%82%AC%E3%83%B3/539563942752291

震える犬

009.jpgいよいよ暑くなってきました。今日は全国で700人以上が熱中症で搬送されたとか。夜7時を過ぎても暑かったので、7時半になってからお散歩に出ました。
先週木曜のこと。雨交じりで蒸し暑い日だったのでエアコンはかけていたけれど、むぎこを見ると真っ赤な舌を出してバンティング。薄く味噌を溶いた水を飲ませようとしてもニオイが気にいらないのか、見た目に色がついてるのを警戒するのか飲もうとしないので、普通の水を与えるも飲む気配なし。そのうち、さっき雷が鳴ったせいなのか、ブルブル震えだしました。「大丈夫、大丈夫」と言って抱いてなだめるも震えは止まりません。雷がやんでるのに震えが続くのは、こわいのか熱中症で痙攣してるのか???この日は大阪に行かないといけないのに困ったな・・と思っているうちに少しは落ち着いて、おやつも少し食べたので、大丈夫そうだと思って外出。取材後、電話したら、普通にしているとのことで、ホッとしました。そして昨日も午後にほんの少しだけ雷が鳴ったら、また震えてました。どうやら木曜も雷が原因だったようです。昔、モモとお散歩中に激しい雷雨に遭ったことがあったのを思い出しました。むぎこはあんなのは絶対無理そう。預かりさん宅から脱走したのも雷雨の日だったそうだから雷は平気なんだと思ってたけど、こわくて逃げ出したのかも。これからまだまだ激しいのがありそうなのに、ビビリプリンセスの先が思いやられます。

東京の“美味しい”

007.jpg「あほんだらすけ」を観る前に某洋菓子店でイートインしました。口コミサイトによると人気のモンブランはオーダーを聞いてから作るそうで、栗好きとしては興味津々で伺ったんですが・・・うーん、栗の味が期待したほどしない。季節はずれだからか、それなら通年販売しなくて良いんじゃないの?デイアマンショコラもマンダリンの方が美味しかった。でも栗の味が濃厚と口コミされ、店の評価も高い。この点数がついてる洋菓子店は京都には滅多にありません。最近シェフが変わったらしく、Hさんによると以前は確かに美味しかったらしいんですが、それでも美味しさは今も継承されているとの評判でした。で、思ったんですが、東京って「オーボンヴュータン」や「イナムラショウゾウ」、関西出身だけど「イデミスギノ」など、トップクラスの美味しい店のレベルは断然高いけど、そこそこの店から好みの品をみつけるのって、案外難しいのではないだろうか。何しろ店が多すぎるから、情報を頼りにしようとすると味以外の要素で“美味しい”が作られていくのかも。
今回、京都からの土産は「時待ち食」から野菜を送ったんですが、友人達からはトマトが「全然違う!」と絶賛していただきました。上質なものの数は絶対東京の方が多いと思うけど、大量供給、大量消費が当たり前の首都圏だと、トマトに限らず、クオリティの高いものはかなり高価だったり、予約待ちだったり、相当意識して探さないと入手できないんだろうな。そう思うと、適度に田舎で適度に都会な京都では、東京より好みに合うものがみつけやすい。星の数ほどある店でハズレを買い続けた末に、漸くアタリに出会ってきた友人に美味しいものを教えてもらえるモモ母はラッキーです。これからも京都の美味しいものをお土産にするから、東京のアタリを教えて下さい☆

違い歴然!

015.jpgあほんだらすけ」をご一緒したHさんから「マンダリンオリエンタルホテル東京」のお菓子をいただきました。ディアマンショコラとパッションのギモーヴです。まずギモーヴ、いわゆるマシュマロって今まで美味しいと思ったことがほとんどないんですよね。なんでこの食感で、こんな人工的な味なのか、意味がわからん・・・とずっと思ってました。それが、一口食べて美味しい!しかも、ものすごく美味しいと思いました。柑橘系も自らは選ばないんだけど、これは口に広がる酸味が心地よいし、癖になる味。モモ母のマシュマロの概念を覆しました。ギモーヴは香料でなくフルーツピューレを使うからですね。ここよりもっと美味しいギモーヴを知ってるという方は教えてください。マンダリンにはラズベリーもあるようで、是非食べてみたいものです。

014.jpgそしてディアマンショコラ。実は観劇前に某店で見た目の大きさもほぼ同じ、商品名も同じ「デイアマンショコラ」を買っておりました。被っちゃった・・・と思ったんですが、それが良かった。2つ並ぶと見分けがつかないのに、食べると違いが歴然。マンダリンの方が口当たりがよく、チョコの味もしっかりして、なおかつ上品。さくらちゃんのお母さんではないですが、見た目似てても出来栄えってこんなに違うもんなんですね。自分でもこの2つ、買いに行きたいです。パンも美味しそうだったというし、気になる。行きたい所が一杯なんで、むぎちゃん、お母さんがいなくても、ちゃんと水飲んでね。
http://www.mandarinoriental.co.jp/tokyo/fine-dining/gourmet-shop/

買って良かった!水曜限定パン☆

005.jpg日本橋高島屋に行ったら「シニフィアンシニフィエ」にも寄らないとね、と思ってのぞいてみました。いろんな味が試せる1050円のお試しセットもお気に入りの「パンドフリュイルージュ」が入っていて心惹かれたんですが、一切れだけでなくもっと欲しかったので、ハーフで購入。好きなのにハーフしか買わないのかと言われそうですが、ハーフサイズで701円もするからモモ母にはこれで十分。小麦とライ麦を使った生地にフランボワーズとクランベリーがたっぷり入った贅沢なパンです。バゲットもハーフ(241円)で、食パン「パン・ド・ミ」も3切れ(288円)買ってみました。

006.jpg会計をしている時にふと壁を見ると6月の水曜限定パンとしてコーヒーパンなるものがあることに気づきました。月末だったので、コーヒーパンが日本橋高島屋で買えるのはこの日限り。試しにハーフ(701円)買ってみました。帰って一口スライスして食べてみたら、これが今までに食べたことない美味しさ!コーヒー味のパンってあまり良い印象がなかったけど、それはきっと香料を使っているから。こちらのコーヒーパンはふんわりやわらかな生地に奥行きのあるコーヒーの上品な味わい。チェリーが入って絶妙の仕上がりです。いや、追加して良かった。滞在したホテルからそう遠くない距離に本店があるものの、移動を考えると日本橋で買う方が便利だと思ってたけど、来月以降高島屋では扱わないだろうから、また一度、下馬を再訪しようかな。ところで今回初めて気づいたんですが、コーヒーパンにはバターが使われてるのに、他のパンの表示にはバターの記載がありません。バターなしでも美味しいパンって出来るんですね。
★シニフィアン シニフィエ 日本橋高島屋店
03-3211-4111
10時~20時
http://www.artandcraft.jp/ss/top.html

見かけは同じでも

013.jpg東京ネタの後半です。いつもは東京で居心地の良いカフェを訪れるのが楽しみなんですが、今回は父とむぎこが気になるので早めに帰路に。「ル・ルソール」の後は渋谷から銀座線に乗り換えて日本橋高島屋へ。さくらちゃんのお母さんへのお土産は「「オーボンヴュータン」の「プ​テ​ィ​フ​ー​ル​セ​ッ​ク」に決めていました。一緒に生菓子でも買って新幹線の中で食べようかと思ってたのに、水曜は尾山台の本店が定休日のため、生菓子は売ってなくて残念。「プ​テ​ィ​フ​ー​ル​セ​ッ​ク」も缶入りだけの販売になって、ミニサイズは新幹線の車内販売でしか入手できなくなっていました。(行きの新幹線の中でも1つ買ったんですけどね☆)


012.jpgむぎこの世話のお礼にお持ちして、その後、お散歩中に偶然さくらちゃん達に逢ったんですが、「あのクッキー、滅茶苦茶美味しいですね~」と大絶賛。娘さんは缶も可愛いと気に入って、写真に撮っていたとか。「見た目が似たクッキーはよくあるけど、あのレベルは東京ならでは、京都にはあそこまでのは多分ないよね」とさくらちゃんのお母さん。確かに素朴な手づくり系は別カテゴリとして、パテイシェが作るクッキーで、また食べたいと強烈に恋しくなるものって京都にそんなにないかも。そりゃ河田シェフはフランス菓子の日本での草分け的存在だし、そこまで到達できる人は少ないのかな。でも、さくらちゃんのお母さんもすごい!と同意してくれたモモ母が一番好きなピスタチオのコルネをアップで撮って見たけど、確かに見た目はほかにもありそうにしか見えない。うまく伝えられなくてスミマセン。どんなに素晴らしいか、気になる方は新幹線で買えるミニサイズタイプにも入っているので、試してみて下さい。
オーボンヴュータン日本橋高島屋店
10時~20時
http://www.cakepia.info/shop/recommendation/au_bon_vieux_temps/

コダマカフェ閉店セール

019.jpg昨夜初めて知ったんですが、洛北高校近くの「コダマカフェ」が6月末で閉店したそうです。疎水沿いの窓際の席で一度モーニングを食べてみたいと思っていたのに、実現しないままになりました。で、今日から食器や雑貨の在庫処分セールがあるので、行ってみました。
食器はひとつ50円!タコライスなどのフードメニューに使われていたと思われる素焼きのお皿に一番に目が行きました。スパゲティを入れたり、煮物を盛り付けたりと重宝しそう。2枚いただくことにしました。本棚に並ぶ文庫本も1冊50円で売られていて、2冊選びました。コダマフィンもあったのでチョコをひとつ。カフェ閉店とは言え、窓際の席でドリンクと一緒にいただくことも出来るようです。そしてまっくろくろすけクッキーも。お皿2枚、文庫本2冊、お菓子2つで580円というお買い得価格でした。ほとんどがお菓子代ですね。

018.jpg伽藍」のような特別な店は別として、飲食店って閉店した当初は名残惜しくても、そのうち忘れてしまうものだけど、こうやって食器があるといつまでも記憶にとどめることが出来ます。「カフェドジ」で買ったアラビアの大皿も重宝してます。それにしても、「喫茶fe カフェっさ」も一度も行かないまま閉店したようだし、「かわたれ」はとっくに別の店になっちゃったし、めまぐるしい。「かわたれ」と言えば、バスで「高野橋東詰」を通ると「アバンシェル京都、旧ホリデイイン京都前」とアナウンスされるのを聞いて、「ホリデイインから経営が変わったのね」と思っていたら、この春でなくなってビックリ。建て壊してパチンコ店になるんだとか。モモ母が子供の頃はまだ池田屋跡の三条店と高野しかなかったケンタッキーとか、今はカナート洛北になってるボウリング場とか、みんな今は昔になっちゃいました。
★codama cafe
下鴨北園町
075-200-5016(7月中)
セールは20日迄
http://codamacafe.com/top/
プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR