「その場しのぎの男たち」兵庫公演

0399.jpg兵庫県立芸術文化センターで行われた東京ヴォードヴィルショー第69回公演「その場しのぎの男たち」を観ました。昨年10月に下北沢の本多劇場で観た作品の地方公演。伊藤博文役が伊東四朗から山本龍二になる等、配役が東京公演とは少し変わっていて、チラシの写真も同じポーズだけど左の石像が山本さんになっています。
人身事故で阪急が遅延した為、途中入場(京都線のダイヤは帰りもまだ乱れてました)。最初のコサックダンスが見られず残念でした。伊東四朗の凄みのある伊藤博文も大好きだけど、山本龍二のいかにも嫌な感じの博文も味があって良いんです。終わった後、後ろから「伊藤博文が良かったね」という声が聞こえてきました。初演からずっと大森ヒロシで観ていた支配人前田役も瀬戸陽一朗がやっていて、大森さんが観られず残念だったけど、瀬戸さんもまた雰囲気が変わって良かった。同じ役でも俳優によって全然違うキャラになって面白い。山本ふじこの亀山乙女は今日も思い切り笑いを取ってました。常磐ホテルの女中にしてくノ一。これは彼女でないと出来ない役です。何度観ても良く出来た作品だなぁと思う。余談ですが、カーテンコールで佐藤B作が今まで甲子園は大阪にあるんだと思ったと言ってました。西宮も大阪だと思ってたとか。関東の人ってそんなもんなのかもね。
スポンサーサイト

パイナップルのスコーン☆

0392.jpg先週、北白川の「ノリズ」を訪れました。近くの雑貨店で行われている人形と絵本展に行く前に、大好きなスコーンが売り切れてしまわない様、先に寄って残しておいてもらおうと立ち寄ったら、「営業は6時までですが、良いですか?」とのこと。時計を見ると既に5時半近く。先にいただいてから絵本展を見に行くことにしました。
プレーンを持ち帰ることにして、最近始められた日替わりスコーンのセット(700円)をイートインすることにしました。この日はパイナップルのスコーン。添えられているジャムもパイナップルです。飲み物はニルギリでお願いしました。もそもそしたものが多いスコーンですが、ノリズさんのはしっとり。


0391.jpgせっかくなので生クリームをつけていただきましたが、パイナップルの果肉が甘いので、何もつけなくても十分美味しい。心地よい酸味が口に広がって、何だかやみつきになりそうです。
最後のひとつだったから、イートインだけにしたけど、まだあったらこちらも持ち帰りたいところ。次に行った時の日替わりもパイナップルだったら良いな。と言いつつ、ほかのも気になるノリズのスコーンファンのモモ母です。
ノリズ ティーハウス
左京区北白川別当町
075-712-5018
10時~18時 
火休

命と暮らす

0398.jpg木曜にさくらちゃんと一緒に獣医さんに行きました。前回一緒に受診した後、足の腫瘍の手術をしたさくらちゃん。今はすっかり良くなって、どこを手術したかわからないほど。13歳とは思えない若々しさです。むぎちゃんの受診は狂犬病の予防接種をするのが目的。1月に原因不明の顔の腫れがあった為、注射後に大事をとって預けて帰り、夕方迎えに行きましたが、特に副反応は出ず、元気に帰宅しました。写真は待合室でさくらちゃんのお母さんに撫でてもらいながら、窓の外を眺めるむぎこ。気持ち良さそうで、リラックスした様子です。
獣医さんの受付に日本野鳥の会の「野鳥のヒナを拾わないでキャンペーン」のポスターが貼ってありました。可愛いヒナをみつけると、つい手を出して保護したくなるけど、人が介入することが愛情ではないんですね。お散歩中に河原で鳥のさえずりを聞くと癒されます。野鳥との適切な距離感を大事にしたいものです。そしてその日の夜、全適堂さんのブログを見て、以前「昼行燈」に来ていたヤギスケ君が急死したことを知りました。実は先週にもヤギスケ君に会っていました。「昼行燈」で逢った時よりちょっと大きくなって、伏せなんかも出来る様になって、元気そうだったのでビックリ。子ヤギの体調って本当に急変することがあるんですね。フィラリアが原因かもと書かれていて、思わず後ろで寝そべっていたむぎこを撫で撫でしました。小さな命と共に暮らす喜び、元気で傍にいてくれることがどんなに有難いことかを改めて感じた一日でした。

「かね忠」27日閉店!!

0385.jpg大徳寺前の「かね忠」さん。今、食べておかないと、いずれ食べられなくなるなとは思っていたんですが、火曜から木曜まで定休なのでちょっと御無沙汰してました。7月頃に閉店との噂を聞き、来月の父のショートステイの時に食べに行く計画をしていたら、何とZさんによると今月27日で閉店するとのこと。慌てて日曜に食べに行きました。85歳のおばあちゃんがやっているこのお店、営業は11時から2時頃までで、メニューも日替わり定食1種類だけ。ご主人がされてた頃は本格的な割烹で、今も日曜は天ぷらの日と決まっています。天ぷらは海老、人参のかき揚げ、南瓜など6品。それに千切りや胡麻豆腐などの小鉢が3品。いかの塩辛に山芋とキュウリの和物が印象的でした。デザートの果物はりんごとメロン。これで増税後も700円なのがすごい。


0396.jpg金曜も行って来ました。今日のメインは豆腐ハンバーグ。ソースたっぷりでコーンもかかってひき肉のハンバーグを食べてる様な満足感。もずくにはいんげん豆が添えられ、果物はオレンジとキーウィー。「お名残惜しいですね」「日曜も来るから残しておいて」と年配のお客さん達が次々と声をかけて行かれます。美味しくバランスの取れた料理で高齢者のお腹と心を満たした名店がもうすぐなくなってしまうのが残念です。
かね忠
紫野雲林院町
075-451-6941
11時~14時頃 
※4月27日閉店

珈琲を飲みながら・・

0394.jpg先週、新大宮の「昼行燈」を訪れました。ご店主にお世話になったことがあったので、お礼に「かもドーナツ」を手土産に。モモ母イチオシのチョコレートと抹茶ミルクは外せない。そして初めて見るいちごの入ったものも買ってみました。早速来ていたお客さんに出され、モモ母にも出して下さったので、食べたことのないいちごを選びました。新鮮ないちごと生クリームが入ってケーキみたい。甘すぎず、苦味のある「誠ブレンド」の深煎り(400円)とよく合います。こういう時、飲み物かお菓子かどっちかがひどく不味いと美味しい方が台無しになるんですが、珈琲もお菓子もどっちもクオリティが高くて、良い感じでした。


0395.jpg先に来ておられたお客さん達が帰られた後、モモ母が着メロを「心のうた」にした話からアニメの話題になったんですが、同世代なのに男の子と女の子では好きだったアニメや見方は随分違う様です。仲間を信じることとか、友達の為に何が出来るかを考えるのは「ガンバの冒険」の影響が大きいとご店主。ネズミが主人公の、そういうアニメがあったのは憶えてるけど、見てなかったなぁ・・。そんな「ONE PIECE」の原点みたいな内容だったのか。ルパンを次元や五右衛門との友情という観点から見たこともなかった。そうか、女の子が「エースをねらえ」や「キャンディキャンディ」で周囲の嫉妬や意地悪に耐える主人公を見ている間に、男の子たちは仲間との友情を学んでいたのか・・・。珈琲を飲みながらの、そんなたわいもない話が、結構目からウロコだったりする訳です。
昼行燈
紫野下門前町
075-204-8816
土日祝休 不定休あり

約束

0390.jpgはびねすDOG」さんからこむぎを譲渡して頂いた時に路地に出す時も必ずリードをつけて下さいと言われました。預りさん宅から二度に渡って脱走したむぎちゃん。二度と放浪させない様、門の下に柵をつけ、横の隙間にも植木鉢を置くなどして脱走防止対策していますが、門を越えて外に出る可能性もあるので、外に出す時は常にリードをしておく様にとの指示でした。
「はぴねす」のMさん、すいません、最近約束破ってます・・・。勿論、当初はしっかりつけてました。と言うか、リードつけるのが面倒なんで散歩以外はあんまり路地に出してませんでした。でも、人の多い河原が怖くてすぐ帰りたがるし、散歩時間が短い日が続くと、なんか気持ちが内向きになって良くないんじゃないかと。うちの場所も憶えてるし、むぎちゃんだけで路地に出す訳ではなく常にモモ母も一緒だし、いつも脱走の可能性を頭に入れて万一に備えてるから、そろそろリードなしでも大丈夫なんじゃないかと、譲渡から一年以上経ったある日、試しに外してみました。すると楽しそうにぴょんぴょん飛び跳ねてテンション上がって絶好調。デイサービスの職員さんが来られると、飛んで行って甘えます。職員さん達にも脱走癖があることを伝えているので、注意しつつ可愛がって下さいます。ああ、モモも若い頃、こんな風に路地を走ってたっけ・・・。呼び戻しがなかなか出来ず、路地の外で万一リードが取れた時に困るから、路地でノーリードでの呼び戻しを練習中。路地だと嬉しそうに飛び跳ねながら来るんですが、外でも確実に来るのは、まだまだ難しそうです。

一番かも☆

0389.jpg先月、偶然通りがかった時に予約なしでも買えた「洛叉庵」のわらび餅。いつもお世話になっているタレントTさんに是非一度食べて欲しいと思っていました。Tさんは「レ・フレール・ムトウ油小路店」近くのKや「京永野」近くのOなど、わらび餅が美味しいと紹介されている店があれば買いに行くと言うわらび餅好き。先週、仕事の資料を家まで取りに来て下さることになったので、電話予約して購入し、お渡ししました。
暫くしてメールが届き、「最高です!今まで食べた中で一番かも」とのこと。おおっ! 普段そんなにわらび餅を食べないモモ母だけど、ここのは美味しいよね、と思っていたけど、今まで数多くのわらび餅を食べているTさんが気に入られたと言うことは、やっぱりかなりレベルが高いんじゃないでしょうか。


0388.jpgしかも京都でわらび餅と言えば必ず名前が上がる有名店Sを不味いと言い切っていたTさんのご主人も気に入って下さったとのこと。ついでに家用にも1パック買って、事務所のS君にも少しおすそ分けしたら、彼からも「美味しかった、今度仕事先に差し入れするから、叉買って来て」とリクエストされました。週末に行く集まりにも持って行こうと計画しているので、また予約の電話をしないといけません。
★洛叉庵
北区紫竹下芝本町
075-494-2551
10時~17時

「源氏物語」

0386.jpg思いがけず南座で21日まで行われている市川海老蔵特別公演「源氏物語」を観る機会に恵まれました。荒事がお家芸で、彼自身のキャラから言っても海老蔵はミスキャストじゃないの?と新聞広告の写真を見て思っていたんですが、足を運んでみると見事に光源氏。20代の頃から何度も源氏を演じて来たそうで、役者ってすごいなぁと再認識しました。
歌舞伎とオペラと能のコラボとあって、輝く雪が舞う幕開けで始まった舞台にはチェンバロの演奏が流れ、メトロポリタンオペラで活躍すると言うカウンターテナーのアンソニー・ロス・コスタンツォの美しい歌声が響きます。ブログラムには掲載されてたそうですが、入手してないモモ母には歌詞がわからないのが残念。しかも、彼の役は惟光だったのね・・・と終演後に知りました。桐壺帝や六条御息所を能の演者が担当していたのも効果的でした。30分の休憩を入れても2時間程の舞台なので、登場人物は限られ、台詞での説明で済ましたりもしていたのに、夕顔のエピソードは盛り込まれていて、日本人って夕顔が好きだよねと思う。尾上右近の夕顔が生霊に取り殺される時の舞も良かった。池坊の華道家さん達が桜の木を挿す生け花?の演出はいらんと思うけど・・・。それと、ラストに源氏が言う「光に導かれて須磨に向かおう」ってのも違うと思う。現代アレンジの長所と短所が入り混じった舞台でした。
http://www.shochiku.co.jp/play/minamiza/schedule/2014/4/post_145.php

「雪豹」

0366.jpgスティーブン・ヴォイエンの「雪豹」を読みました。「ゆきひょう」かと思ったら「スノウ・レオパード」なのね、えっと作者はスティーブンなんだっけ・・と言う調子で予備知識なしに読み始めたんですが、長編ながら中だるみもなく、最後まで楽しめました。ネパールの山岳地帯に棲む絶滅寸前の雪豹の保護区を作る為に現地調査に赴く動物学者トローブリッジ。訳者のあとがきに、動物と自然、環境破壊を扱うと共にスパイ小説でもあり、紀行文学でもあり、恋愛小説の要素もあると書かれてましたが、まさにそんな感じ。登山の描写が実に詳細で、この作家はきっと山登りが好きなんだろうなと思っていたけど、そうでもないらしい。その取材力に感心しました。ただ、致命的とも言えるのが肝心の主人公が魅力に乏しいこと。優秀なトラッカーでつらい過去を持つ元猟師のノルブの方に、モモ母は断然惹かれました。
バザールの雑踏でクマが芸をする場面が前半にありました。切り裂かれた鼻孔には鎖が通され、苦しそうな声をあげながら芸をするクマ。見世物のクマに腐った果物を投げつける客。トローブリッジは怒りがこみ上げてもどうしょうもない。せっかくみつけた雪豹が地元の村人によって殺されたことも。貴重な雪豹も彼らにとっては大事な家畜を襲う害獣でしかない。この地球には過酷な環境に暮らす人と動物もいれば、ペットに洋服着せてカフェでお茶なんか飲んでる日本人もいる。その現実に複雑な思いがします。そういえば最近、人馴れした新世代クマが人を襲う事件が多発しているとか。コメンテーター達はしきりに「クマはこわいですね~」と言っていて、確かに注意はしないといけないけど、でも今の日本にまだクマがたくさんいて良かったとも思う。そうそう、Zさんは静原でクマを目撃したことがあるそう。京都市内にもクマっているんですね。

西陣の桜

0382.jpg水曜は父がデイケア施設の外出レクで、仁和寺の桜を見に行って来ました。たくさんの花見客が訪れていたそうです。御室の桜はほかより開花が遅く、今が見頃の様です。モモ母が毎年見るのは加茂川と京都御苑くらい。先週岩倉実相院に行ったけど、たまたま近くで取材があったから。でも、今年見ておこうかなと思ったのが、上立売の「雨宝院」の桜。桜の穴場とのコメントをいただき、調べてみると、「のばら珈琲」のすぐ近く。「のぱら珈琲」さんも「私も大好きです。今、侘助も咲いているそうですよ」とのことで、興味津々で訪れてみました。

0381.jpg境内は思ったより狭くて、狭いから余計に花が密集していて見事でした。驚いたことに、こんな小さなお寺にどうして?と思うくらい多くの人が。皆さんよくご存知なんですね。東に歩くと騎士の像がある公園に出ました。もう散ってましたが、ここの桜も綺麗です。寺之内の妙蓮寺にも久しぶりに行ってみました。モモ母はここの桜が大好き。西陣をぶらぶらするだけで、混雑した観光地に行かなくても、桜を楽しむことが出来ました。雨宝院も先日の「安井亭」も、当ブログによくコメント下さる方に教えてもらったもの。不特定多数に向けたマスメディア情報も必要だけど、狭い範囲で伝達される口コミの方が発信者と受け手の感性に共通性があるせいか満足度が高く、有益です。中には「あそこが良いらしい」と言われ、それって某ブログからの情報でしょ、あそこ大したことないから・・と思うこともあって、誰の情報を信じるかが重要ですが。今日は某店の方から、モモ母が好きなお店がもうすぐ閉店するとの情報を得ました。ショックだけど、事前に知れて良かった。口コミ情報ってホントに有難いです。

全部おいしい☆

0383.jpg月曜に父が約一週間のショートステイから帰って来ました。普段滅多に外食しないので、父の留守中に気になってた東山安井の「安井亭」さんを訪れました。長く京都に住んでいるけど、つんちゃんさんのブログで紹介されていたのを拝見するまで、知りませんでした。もうすぐ閉店されるとのことで、営業されてる間に是非と思っていました。

0384.jpgお断りしておきますが、きっちり作られる店にはよくあることだけど、料理が出て来るまでかなり時間がかかります。時間に余裕のない時には不向きです。でも、ゆっくり待てる方には、その値打ちアリとオススメ出来ます。行く前からこれにしようと決めていた「洋食弁当」の上(1850円)にはハンバーグ、エビフライ、コロッケ、オムレツ、照り焼きチキンにサラダが入ってるんですが、どれもすべて美味しいです。特に肉厚のエビフライは、先月食べた「生研会館」のこぶりのエビより断然美味しい! 普段オムレツって入ってても入ってなくてもどっちでも良いんですが、こちらのオムレツはバターの風味が口当たり良く、かなり好印象。まん丸のポテトサラダもいかにも洋食屋さんらしい味。ご飯にちりめん山椒が乗ってるのが京都っぽい。今まで知らなくて本当に残念です。いつまで営業されるかわからないそうですが、他にも気になるメニューが色々あったので、また行ければ良いなと思っています。
★やすい亭
東山区祇園町南側
075-561-4041
12時~20時30分 水休

日曜のモーニングブランチ

0379.jpg数カ月ぶりに西陣の「のばら珈琲」を訪れました。12時までモーニングをやっているので、ブランチのつもりで家を出たんですが、かなり余裕を持って出たのに、バスがなかなか来ず(ポケロケで次の停留所まで来てるみたいだったのに、到着しないまま表示が消えました。何故?)、漸く来たバスを千本上立売で降りたら11時58分。前回、来る前に電話を入れたら到着が12時過ぎても大丈夫と言ってもらってたので、すぐさま電話して、上立売通を東に向かいました。

0380.jpg 食パンが僅かだったのでホットドッグ用のパンを混ぜてもらって得した気分。パン皿に使われていたノリタケのお皿がいかにも昭和っぽくて懐かしい感じ。サラダにはスライスしたイチゴが入っていて、テンション上がります。2種類のドレッシングを用意して下さり、たまねぎドレッシングを少しかけていただきました。食後も珈琲をゆっくり飲みながら読書タイム。カフェに入っても帰りの時間を気にして思うほど長居出来なかったりするんですが、今日は思う存分寛がせていただきました。余談ですが「のばら珈琲」さんを訪れる度にオーナーさんって高野文子の漫画「るきさん」に似てるなァと思うのは私だけでしょうか?
のばら珈琲
上立売通浄福寺西入ル
075-406-0274
10時~
18時30分
月・火休

奥の席で一汁三菜を味わう

0374.jpg先月、父のショートステイ中に行ってすごく気に入った二条の「まつは」さん。今月のショートの間にも晩ご飯を食べに行くことにしました。前回、一度座ったものの本を読むには暗すぎて移動した奥の席。暗かったけど居心地が良かったので、二度目の今回は奥の席に再挑戦。この暗さが何とも落ち着きます。


0376.jpgデザート、飲み物とテリーヌがついた「今日のお食事」(1500円)にしようか迷ったけれど、この日も「一汁三菜」(800円)を。メインは鶏つくねの稲荷巻き。油揚げで巻いてあるから稲荷巻きだそう。しっかり味がついて食欲をそそります。春キャベツのお味噌汁。この前、しゃぶしゃぶにレタスが入っててビックリしたけど、味噌汁にキャベツと言うのも今ではよくある具とは言え、家では絶対しないので、新鮮です。ののひる味噌ご飯って何か味噌が乗ってるねと思いながら食べたんですが、「ののひる味噌」とは刻んだのびるを味噌で和えたものの様です。これも自分ではしないなぁ・・。牛蒡のマッシュポテトも同じく。そして三菜目は甘唐辛子の煮びたし。かなり暗かったので、写真ではイマイチ伝わりにくいですが、どれも丁寧に作られていて、お腹も心も満たされました。パンメニューも増えていて、父のショートステイ中に毎回通ってしまいそうです。
★まつは
二条通富小路東入る南側二軒目
075-231-7712
10時~22時 月休

心のうた

0373.jpgガラケーの着信音には「夜霧のハニー」や「ラブスコール」をよく使っていました。 iPhoneも「ラブスコール」にしていたんですが、OSのバージョンアップ中にフリーズして復元した時に何故かPCに保存されてる音声データがiPhoneで再現出来ず、面倒なので着信音を新しくしました。今、メールの着信音にしているのは「心のうた」。子供の頃のアニメ「さすらいの太陽」のエンディングです。堀江美都子のオリジナルの着信音がなくオルゴールだけど、優しい音色で癒されます。iTunesストアを検索してみると、着信音はオルゴールだけですが、渚ようこって人がカバーしてるんですね。
PCでもチェックしてみると、アニメのエンディングが投稿されてて、主人公を演じた藤山ジュンコ版なんてのもあったりして、いやぁ懐かしい。堀江美都子が新たに録音したCDなんてのも出していた様だし、you tuibeには素人さんが歌った投稿もあったりして、こういうのが見られるってやっぱりネットってすごいなぁと感心します。超マイナーなアニメだったので、すっかり忘れ去られた名曲だと思っていたけど、やっばり良いものはどこかで歌い継がれていくんですね。とは言うものの、「心のうた」をメール着信音にしている人は滅多にいないと思うので、京都のカフェ等でこのメロディが鳴ったら(マナーモードにし忘れることが結構あります・・・)、それはおそらくモモ母です。

こういう店が好き☆

0371.jpgちょっと気になっていた修学院の「カフェウチ」さん。岩倉からの仕事帰りのバスが修学院駅近くを通ったので、下車して訪れてみました。入った瞬間、あ、ここは好きだ、と思ったモモ母。外観は割と普通なんですが、中は想像以上に良い感じ。ほの暗い店内を進んで一番奥のアンティークランプの置かれた席へ。こちらは見事におひとり様仕様です。だって向かい合った席がないんです。勿論、複数で来て並んで座っても良いけど、一人で本を読む為の空間といった感じ。

0372.jpgコーヒーと手ごねパンの店なので、どのパンにしようか迷っていたら、オススメは米粉あんぱん(220円)とのこと。ブレンド(450円)と一緒にお願いしました。温めてくださったあんぱんは、まさに米粉の持ち味が発揮されたもっちりパン。甘さ控え目のつぶあんも良い感じ。照りのある見た目も可愛いです。珈琲も飲みやすくて気に入りました。寛いでいると何やら柑橘系のとっても良いニオイが。手作り市に出すマーマレードを作っておられたそう。オープンして2年になる様ですが、これまでなかなか行く機会がなかったけれど、わざわざでも行きたくなるお店でした。
★cafe Uchi
山端森本町
11時~19時
木・第3水休
http://kyotocafeuchi.blog.fc2.com/

桜の頃

0370.jpg加茂川の桜は先週末が見頃。今朝ははらはらと桜吹雪が舞う河原をお散歩しました。むぎちゃんとの二度目の桜ですが、桜見物の人がたくさんいると、相変わらず怖くて立ち止まったり、逆方向に帰ろうとします。一年経っても変わりません。特に子供が苦手の様です。
日曜にはヒメちゃんが来てくれました。「フランジパニ」へ一緒に行く計画はまだ実現しませんが、ヒメちゃんと会うのは二度目。少し慣れたかな・・と思ったら、相性は悪くないけど、とっても仲良しという訳ではなく、いつもの河原をいつもの様にゴーイングマイウェイで歩いてました。襲いかかってリードを切るほど歓迎したモモとえらい違い。もっぱらヒメママさんに甘えてました。

0369.jpg毎年おんなじ様に咲く加茂川の桜。でも同じ様に見えても母と見て、モモと歩いた頃とは少しずつ変化していて、月日は流れているんだなと感慨深い気持ちになったり。で、昨年の桜の写真を見てみると、ああ、この時はまだ譲渡していただいた時に譲っていただいたハーネスをしていた様です。そして、今より見た目がスリム。少しふっくらしたけど、体重はさほど変わらない。太った様に見える一番の変化は毛が長くなったせいだと思います。モモもライオンみたいになったっけ。うちに来るとみんな毛足が長くなるんでしょうか・・・・??

定食屋ではなくて洋食屋

0363.jpgお花見シーズンとあって、今日はやけに地下鉄が混んでいました。京都駅も人で一杯。そう言えば、先月の連休も京都駅は人で溢れていたらしい・・というので、連休中に行った「グリル生研会館」のことを記事にしてなかったことを思い出しました。この日も今日と同じ様に寒い日でした。
「糺の森」バス停前にある生研会館1階の洋食屋。オススメはコロッケなんですが、「スペシャルランチ」(1800円)にしか入ってないので、必然的にスペシャルランチをオーダー。クリームコロッケにエピフライ2匹とハンバーグにサラダとライスがついています。2009年に訪れた時はミニッツステーキかハンバーグを選べると書いてましたが、ハンバーグのみになっていました。

0364.jpgほかにハンバーグ定食やビーフカツ定食などのメニューもあるんですが、でもこちらはいわゆる定食屋ではなく、洋食屋と呼びたい。ちょっとよそいきな雰囲気とやや高めの値段設定、そして礼儀正しい接客がその理由。連休にもかかわらず混雑するわけでもなく、かと言ってガラガラでもなく、適度な席の埋まり方でゆっくり出来ました。
★グリル生研会館
下鴨森本町
075-721-2933
12時~14時 
17時~20時
木休

モモ母の増税対策☆

0367.jpg4月になって消費税が8%になりましたね。社会保障充実の為と言っておきながら、同時に介護保険料は上がって年金支給額は下がる。ギャラは据え置き。納得いかんぞ!・・・というワケで、4月からは思い切り買い控えのモモ母です。ただ、4月は買い控え対策として増税前より安くなったものもあるので、それは賢く買って、消費者が8%慣れした来月以降の本格的な値上がりに備えます。この頃の経済状況で来年10%に引き上げるかどうか判断されるワケだし、財布の紐は引き締めないと。
料理にはオリーブオイルやココナッツオイルを使うので、滅多に減らなかったバターですが、父が要介護になってからモモ母も夜型を改めたもんで、朝食にバターは必需品。京都駅の「ジュピター」に業務用の「よつ葉バター」を売ってたなと思って、先月末に使い捨てコンタクトを補充に行った時に寄ってみたんですが、残念ながらなくなってました。でも、コトチカの「成城石井」にありました。バターは冷凍保存できるから450グラムとたっぶりあって安心です。とは言え、冷凍した後で気付いたんですが、そんなに減るものではないので、小分けしてから冷凍したら良かった・・・。今、食べてるのがなくなったら、解凍する前に一度冷凍のまま切れるか試してみたいと思います。
http://www.yotsuba.co.jp/

ガウッ!

0368.jpg加茂川の桜も咲いて来ました。半木の道はまだまだつぼみ。むぎちゃんとの二度目の桜をゆっくり楽しみたいと思います。
むぎちゃんは河原からさらに土手を下りて水辺を楽しそうに歩きます。人がいないから安心して歩けるみたい。人にはされるがままだけど、犬には必ず吠えてつっかかっていくと預かりさんからの申し送りに書かれ、吠えないトレーニングをしてもらっていた様ですが、うちに来てからは散歩中に犬と会っても滅多に吠えない。たまに吠えても軽くワン!と言うだけで、とってもやりやすいんです。でも、土曜に11ケ月のめちゃくちゃ元気なイタグレちゃんが寄って来て、一緒に追っかけっこして遊んだ後、いつまでもテンション高く誘って来るイタグレちゃんに、何度かガウッと言ってました。そんなに強い口調ではないけど、威嚇的な声を出したのは初めて。しつこい子がキライなのか、はしゃぎすぎの子犬を叱ろうとしたのかよくわかりませんが、人に対しては何をされても無抵抗で大人しいのに、ちょっと意外でした。でも考えてみれば、放浪していた時にこんなに優しく穏やかだと苦労したはず。せっかくみつけた餌を横取りされたかも知れません。生きる為にはちゃんと威嚇して嫌なことは嫌だと主張しないと。「犬には強気」と評されていたのは、そんな放浪中のサバイバル体験が影響しているんじゃないかと思います。そう思うと、ガウっとなるのがなんかちょっと切ない気がしました。
プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR