四条富小路界隈・・・

1-260.jpg年度末ですね。今月末までの「グランディール」の半額券を使い切って、某カフェでブレンド一杯無料サービスを利用して、来月4日失効のポイント使ってオーブントースター買って、スマホを本日発売の機種に変更手続きして、やり残したことはないかな・・・。水曜にはアルシェさんの「京都グルメタクシー」を拝見したら、「ト一」が3月末で閉店と書かれていたので、食べ納めに行って来ました。個人的には「新風館」閉館よりも感慨深いものがあります。外国人観光客で年末並に混雑した錦市場を通って富小路を下がり、夜の営業が始まったばかりのト一へ。天ぷらと刺身の「ト一定食」(900円)を頂きました。北陸直送だけあって刺身が美味しかった。


1-259.jpg閉店は建物老朽化のためだそうで、改修するには莫大な費用がかかる為。昭和41年から営業されてたそうですが、初めて行ったのは20歳を超えてから。元構成作家Iさんに連れてってもらったのが最初だったと思います。ファミレスでも割烹でもなく、お酒を飲まずに和食が食べられるので、父を連れて行ったこともありました。好きなバンドのライブに通った「磔磔」、まだ知る人ぞ知る存在だった「ミディ・アプレミディ」(初めは四条富小路を下がった所にあったのです)、京都イタリアンの老舗「フクムラ」、画廊レストランと称した改装前の「ボントン」等、その頃は四条富小路界隈によく出没してました。20年ぶりくらいで訪れた「ト一」は壁に色とりどりのお品書きが貼られた懐かしい雰囲気。またひとつ昭和の面影が消えて行きました。
スポンサーサイト

カラフル!

1-244.jpgカラフル、と言っても森絵都の小説ではなく、定食の話。「ひだまり」さんに教えてもらった円町の「和楽」を5年ぶりに訪れました。「ひだまり」さんのお客さんが一押しされてた定食と仕出し弁当のお店です。あの時、モモ母がオススメした「かね忠」は2年前に閉店しましたが、「和楽」さんは健在です。


1-247.jpg海鮮丼があれば良いなと思って行ったんですが、夜のメニューにはなかったので「ミニグラタンと鶏から揚げ定食」(900円)にしました。初訪問時に食べた「レディース御膳」は「季節の彩り定食」(1050円)になってました。ごはんはプラス20円で五穀米に出来ます。唐揚げにゆかり塩が添えられてるのが嬉しかった。サラダはトマトにゆで卵、大根には人参、きゅうり、レッドオニオンのスライスが入って赤、緑、黄色と色鮮やか。かぼちゃやブロッコリーが入ったグラタンにも赤、オレンジ、緑などの五色あられがトッピングされて、味は際立つものではないけど、カラフルで女性に好まれそうな印象です。色の数が多いと華やかで食欲そそりますね。こういう定食屋さん、北山界隈にも欲しいです。
★cook 和楽
西ノ京円町
075-465-9800
11時30分~14時 17時30分~20時 
木休
http://www.homecook.jp/index.html

すごいね・・・

1-252.jpg伊勢丹10階催事場で28日まで開催されてる「パンフェスティバル~パンとコーヒーのある暮らし」をのぞいてみたんですが、何だかすごいことになってました。午前中なのに「シニフィアンシニフィエ」のバゲットはとっくに完売してるし、「アール・ドゥ・パン」のパンは途中で中継点が出来るくらい長蛇の列が出来てるし・・・。さすがパン好き京都人。「アペリラ」のパン、「ウニール」「サーカスコーヒー」「アカツキコーヒー」の珈琲など、モモ母好みの店が色々出てますが、まぁ京都の店はいつでも買える。モモ母のお目当ては「丸山珈琲」です。


1-251.jpgと言いつつ、珈琲通ではないモモ母、軽井沢の名店ということしか知らなかったんですが、抽出者の中村吉伸氏は2015年ジャパンサイフォニストチャンピオンカップ優勝者だそう。バリスタとかサイフォニストとか、色々あるんですね。2015年グァテマラCOE3位エル・ソコロ」の試飲カップを下さったので、「深煎りですか?」と聞いたら、深煎りならこちらをと「丸山珈琲のブレンド・クラシック1991」も下さいました。まずグァテマラを試飲すると、酸味があるからモモ母の好みの味とは少し違うんですが、いかにも良い豆ならではの上質な酸味。なるほど、これは確かに名店の味だわ・・と感心しつつ、買ったのは深煎りのブレンドの方。その場で挽いて下さいました。帰宅して、滅多に使わないヘレンドのカップで飲んでみたんですが、これがお湯を注いだ時の盛り上がりがものすごい!新鮮な証ですね。エスコヤマのバームクーヘンが残ってたら良かったのにな・・と思いつつ、「グランディール」のパン・オ・ルバンと共に味わいました。すごい贅沢。ちなみに「ミカフェート」という元麻布の店も出てたけど、ここも試すべきだったでしょうか・・・?
http://www.maruyamacoffee.com/blog/p23802/

事務所に直行

1-250.jpg先日シロくんブログの記事を書いた後にシロくんとママに会ったら、当日はブログ訪問者がいつもの3倍に増えたとおっしゃってました。リンク先もチェックして頂き、有難うございます。
さて、朝のお散歩はいつも堤防に向かって歩き出し、むぎちゃんが石段を上がって行こうとしたら河原に降りる。河原側には見向きもせず、駐車場先の角を曲がったらそのまま住宅街を一回りします。雨だと石段、晴れだと角を曲がることが多いです。でも、最近は朝はお散歩に行かずに昼と夜に行くことが多く、どっちの方向に向かうかは日によってバラバラ。どちらかと言うと東よりも西に行くことが多いかな。で、そのまま西に進んだら、今はまず事務所に寄ることにしています。先日、得意げな顔で門から出たむぎちゃん。以降、ゴミ出しの時はむぎちゃんが門からかなり離れた場所にいることを確認してから、モモ母だけが門を出る様にしてるけど、何らかのアクシデントで、また脱走しないとも限らない。でも事務所の前を通ったら、以前から自発的に建物内に入って階段を上がっていくので、外に出たら事務所に行く癖をつけておくと、万一逃げ出した時もすぐ事務所に向かうのではないかという作戦です。金曜午後もまずは事務所に直行してから「グランディール」に「パン・オ・ルバン」を買いに行き、ひとまわりした後、再び事務所へ。むぎちゃんは何度でもいそいそと階段を上がって行きます。

さくらさく日に

1-248.jpg平年より5日早く、京都でも水曜に桜が開花したそうです。この「桜」はソメイヨシノの標本木のことで、妙覚寺大門前のしだれ桜は結構咲いてました。
久しぶりに俵屋吉富小川店併設の「茶ろんたわらや」を訪れました。カフェスペースは奥まった場所にある隠れ家的スペースなんですが、近くの宝鏡寺で春の人形展が行われているのでどうだろうと思って入ってみると、やはりほぼ満席でした。でも人形展が既に終わった時間だったので、程なく空いて来ました。


1-249.jpgお願いしたのはホットのカフェオーレ(594円)。2種類の俵型のお砂糖が入った器とお揃いのカップで頂きます。前回の記事が2年以上前とは思えないくらい、ほぼおんなじ写真でスイマセン。変わらぬ静けさが心地いいです。、今、小川店限定の桜きんとんがあって、緑の台にピンクの桜があしらわれて綺麗でした。このところバームクーヘンなどを食べたりしたので自粛しましたが、中はつぶあんだそうで、次もあれば是非食べてみたい。いつまであるか日が決まってる訳ではなく、「桜が散るまで」とのこと。こういうところが季節のうつろいと共に作られる京菓子らしくて良いですね。
★茶ろん たわらや
寺之内通小川西入る
075-411-0114
10時~17時 火休
http://www.kyogashi.co.jp/b-2.html

いい仕事を味わう

1-240.jpg先週「イノダコーヒ」で休憩後、大丸で買い物をして地下から帰ろうと思ったら、期間限定スペースでエスコヤマのバームクーヘン「思い出の大きな木」を販売してました。エスコヤマと言えば限定数個の小山ロールに販売時間前から整理券求めて行列が出来る人気店。「有名なもの」ではなく「美味しいもの」が食べたいモモ母は、並ばなくても美味しいものが他にあるから・・と興味なかったんですが、この時はお客さんは一人もなし。「有名なもの」に「美味しいもの」があることも確かなので、空いてるならと試しに買ってみました。


1-238.jpgとは言え、同じ売り場で買ったDロールが全然ダメだったから、ちょっと疑いながら開封してみました。あら、見た目はかなり端正で、丁寧に作られた感じ。期待できそうな印象です。食べてみると甘すぎず、適度なしっとり感。モモ母は小さく切って食べてみて、もっと食べたくなったら美味しいバームクーヘンだと思っていて、これは更に追加カットして食べたくなりました。先日、京都の某店で直火焼きバウムというのを食べたんですが、小さいのに甘すぎて途中で嫌になり、違いは歴然。播州の平飼い地鶏の有精卵を使っているそうで、「私は日本中のすべてのおいしい卵を知っているわけではありません。この卵は祖母の家で過ごした夏休みの思い出とつながっている“おいしい卵”のルーツとも言える特別な存在だからです」と小山シェフはリーフレットに書いています。バームクーヘンスタッフは一層一層丁寧に仕上げ、1本焼き上げるのに35~40分、350度の釜の前から一時たりとも離れることがないとも。うん、そういういい仕事ぶりって出来たものから伝わってきますよね。モモ母が一番好きなのは「マッターホーン」のものだけど、こちらも機会があれば是非リピしたいと思います。
http://www.es-koyama.com/eskoyama/assorted_n_collabo_gift/006.html

セピアの休日

1-242.jpg桜はまだだと言うのに早くも連休の京都は金閣寺周辺は渋滞するし、バス停に人が溢れかえっているし、天神さん近くの某カフェは前は独占状態だったのに、満員で外で待つ人までいるし・・・。そんな喧騒を避けて、日曜は西陣の「のばら珈琲」へ。「ミルク珈琲」(400円)をお願いしてほっこりしました。前回の訪問から半年以上経ってしまい、その間に営業時間が変わって、今は11時半からになっています。その為、残念ながらモーニングがなくなってしまったのですが、毎月25日の天神さんの日は朝8時半から営業していて、モーニングもあるそうです。


1-241.jpg相変わらず素敵な空間だけど、以前はごく普通の家だったとか。今のオーナーさんが天窓にステンドグラスを入れたり、アンティーク家具を置いたりして、今の雰囲気を作られた様です。奥の席には昨年の何必館のウイリーロニス展のポスターが貼られてました。モモ母がロニス展に行ったのは2010年だけど、以前のばらさんが店に来る常連さんは感性や考えが共通する人が多いとおっしゃってましたが、好きな店で好きなものをみつけると「おっ!」と嬉しくなります。他のお客さんが帰られた後には「報ステのワイマール特集、良かったですね~」と、これまた話が盛り上がりました。バッシングも覚悟の上で放送したスタッフの意思が2人に伝わった訳ですが、見た者が「良かった」と声に出すことは、制作者の大きな力になります。モモ母もささやかながら自分たちの思いを伝え続けたいと思います。
のばら珈琲
上立売通浄福寺西入ル
075-406-0274
11時30分~19時 
月・火休

「独ワイマール憲法の教訓~食パンばっかり★」

1-237.jpg国谷さんのクロ現最終回は見逃したけど、報ステのワイマール憲法特集はしっかり録画。金曜のオンエア後空路ドイツに向かい、1泊3日でロケを強行した渾身の古舘レポ、魂がこもってました。新映像の世紀と重複する点も多かったけど、最も民主的と言われたワイマール憲法が独裁者を産んだ歴史を振り返ることで、自民党が改憲の手始めに新設しようとしている緊急事態条項の危険性を警告。ヒトラーって「強いドイツを取り戻す」と言って人気を集め、独裁を「決断できる政治」、戦争準備を「平和と安全の確保」と言い換えていたんですね。「ナチス政権の手口を学べ」と言った麻生さんの発言を思い出した人も多かったはず。(見逃した方は削除される前に是非見るべきだと思います)。こういう骨のある報道って久米さん、筑紫さんの頃は普通だったんですよね。筑紫さんが今もいてくれたらなぁ。


1-236.jpgさて、軽めのネタですが、阪急「服部天神」駅前の「職パン屋」に行きました。一昨年10月オープンの食パン専門店。岡町駅にもあって、そちらが先だそう。乳化剤・イーストフードは使わず、「塩バター食パン」(200円)はゲランドの塩を使用というこだわり。「濃厚ショコラ」(100円)だけは焼きたてでなくてスミマセンとお店の人がおっしゃってましたが、それ以外は全部焼きたてってことで、こんなに持ち帰りの袋がアツアツなのは初めてかも。「もっちりクリーム食パン」はカスタードが好みじゃなかったけど濃厚ショコラは好きでした。全部食パン型なのが可愛い。塩バター食パンはバターが多いだけあってデニッシュ食パンみたいな食感。かなり塩っぱいので塩分かなり多め、常食は控えた方が良さそう。「国産小麦の天然酵母食パン」(半斤340円)は地味ながら手堅い感じ。また行く機会があれば、渋皮栗の食パンを食べてみたいです。
★職・パン屋 服部天神店
豊中市服部豊町
06-6842-7999
9時~20時
http://syokupanya.com/index.php

シロくんブログ

1-239.jpg最近はお散歩時間がかなり不規則になっていて、朝は路地でトイレだけにさせて、午後と夜に行くことが多くなっています。水曜は営業マンKさんが書類を届けて下さった後、お昼の散歩に出かけました。メルちゃんが虹の橋を渡ってから犬を飼ってないKさん、むぎちゃんを見て「また飼いたくなるなぁ」とおっしゃってました。
お昼のお散歩の時にはお地蔵さんの近くでシロくんに会いました。そして夜は事務所近くでも。朝、鴨川に行ってた頃によく遭ってたワンちゃん達とは最近滅多に遭わなくなったけど、シロくんには時々遭います。シロくんは一日3回お散歩に連れて行ってもらってるそうなので、昼にも見かけることが多いんですね。でも1日2回も遭うのは珍しい。二回とも、目ざとくみつけたむぎちゃんが喜んで走って行きました。相変わらず真っ白で、ふわふわの長い毛がとっても可愛い。特に短い尻尾をピクピク動かす様子がたまりません。最近シロくんのママがブログを始められたというので見てみると、シロくんの写真が大きく出ていて、すごく可愛いです。0806というのは、8月6日がシロくんの誕生日だからだそうですが、シロくんも譲渡されたワンコなので、シロくんがやって来た日みたいです。シロくんブログ、楽しみです。

人気NO.1メニュー

1-235.jpgコトチカ御池にスタバが出来たと思ったら、コトチカ四条のドーナツ屋が閉店してました。オープン当初は行列出来てたのに、「美味しい」と言ってた人達も飽きちゃったんでしょうか? それはさておき、大丸京都店1階の「イノダコーヒ」に行きました。阪急烏丸駅東改札を出たところ、京都証券ビルの地下1階、2階にも四条店があって、そっちの方が広いし、メニューも豊富。こっちにしようかな、と思ったけど、大丸に用があったからお茶も1階ですることにしました。奥まった目立たない位置にあるのに、結構混んでます。五条に住んでた祖母も丸物、大丸、高島屋が大好きでしたが、京都の年配女性は百貨店好き。大丸のイノダに行くと、いつもそのことを実感します。


1-234.jpgお願いしたのは入口のショーウインドウに「人気NO.1」と書かれていた「ロールパンセット」(880円)。スープかコーヒーを選ぶことが出来、コーヒーでお願いしました。以前は砂糖とミルクが入ってるのがイノダ式でしたが、今は入れるかどうかオーダー時に聞いてくれます。ロールパンにサンドされたエビフライにはタルタルでなくとんかつソースの様なソースがかかっていました。生野菜とポテトサラダ付きなのが良いですね。ポテトがシンプルで美味しかった。ちなみにお隣の年配女性はNO.2の「イタリアン」(860円)を注文されてました。ケチャップたっぷりのイタリアンスパゲティ(ナポリタンのこと)は銀の器に入れられて出てきます。
★イノダコーヒ コーヒーサロン支店
大丸京都店1階
075-241-7407
10時~20時 元旦休
http://www.inoda-coffee.co.jp/index.html

やったったぁ~

1-231.jpg先週末、またまた「フランジパニ」に行って可愛がってもらったむぎちゃん。椅子に置いていた帽子が目に付いたので、被せて写真撮ってみました。ちょっとブレた感じですが・・・。
この時は平和だったけど、その後ちょっとした事件が。まずはある日の夜のお散歩でのこと、何となくハーネスの装着具合がおかしいかな?と思ってはいたんですが、確認したところちゃんとついてるみたいだったので、そのまま歩いていたら、カチャンという変な音が。見るとむぎちゃんの前にハーネスが落ちてました。昔、モモもハーモスが外れて、「お前は引田天功か!」と思ったことあったけど、むぎちゃんも2代目引田天功か! と思うほど鮮やかに抜けててビックリ。慌ててハーネスからリードをはずし、一旦むぎちゃんの首輪につけて逃げない様にしてからハーネスを装着し直し、改めてリードをハーネスにつけて事なきを得ました。その数日後、資源ゴミを出そうと門を開けたら、今度はゴミ袋の下からむぎちゃんがするりと門の外へ出てしまいました。その日は雨でモモ母がさしてた傘が怖かった様で、捕まえようとすると勢いよく走って逃げる。通りをこえたところで今回もおしっこしようとしゃがんだ為、モモ母は傘を放り投げて抱き抱え身柄確保。傍を通りがかったお姉さんが門のところまで、傘を持って来て下さいました。むぎちゃんが走って来る一部始終を見ていたお姉さん、「やったった~って顔をしてましたね」ですって。そんな得意気な顔をしていたのか。でも、ダメ! もうしたらアカンよ! と叱ったせいか、翌朝のゴミ出しの時は門からちょっと離れたところに大人しくお座りして待機してました。やれやれです。

佛光寺さんのオススメ

1-233.jpgあんまり美味しそうに見えない写真でスイマセン。先々週佛光寺のカフェでお昼を食べた後、ショップの方をのぞきました。山田製油のごま油や沢井醤油の醤油など、京都のメジャーな店のものが揃う観光客にも便利なショップで、これがお寺にあるのが結構画期的。勿論、観光寺院には昔から土産物を売る売店がありますが、しば漬けとか八つ橋とか大衆的なラインナップが殆どだと思うんです。例えるなら駅前観光デパート的。でも、ここはスバコ的。なんたって「うね乃」のだしが置かれてるんです、だしパックがなくなったらお寺に買いに行く時代なのね・・・とちょっと驚きました。

1-224.jpgで、「おだしのパック じん」などはヘルプや伊勢丹等でもよく見かけるけど、見慣れない「かつお梅」があり、へ~、うね乃ってこんなのも出してるのかと試しに買ってみました。さすがだしの店らしく、梅よりかつお味が勝ったかつお梅です。たくあんはなくても良いなと思ったものの、混ぜご飯にするとたくあんがアクセントになって、ちょっと癖になる美味しさ。ちなみに買った時に作務衣を着たお店の人が「これ、美味しいですよ、僕も大好きなんです」とおっしゃるので、最近はお寺の人も「これ、私も持ってるんです」というカリスマ店員みたいなセールストークをするのかと思ったんですが、「一緒に置いてある鰹節の味噌漬も美味しいですよ」とおっしゃる。「え? どれですか?」と在庫を確認してもらったら、残念ながら売り切れ。「かつお梅とどっちが美味しいですか?」と聞くと「どっちかひとつだけと言われれば、鰹節の方」だそう。これ、セールストークでなく、本音ですね。かつお味噌節はうね乃のオンラインショップでも買える様ですが、是非再訪して買いたいものです。
★D&DEPARTMENT KYOTO
下京区新開町 本山佛光寺境内
075-343-3217
10時~18時 
水休
http://www.d-department.com/jp/shop/kyoto

まず隗より始めよ・・・

1-232.jpg京都市交通局の「コトチカ」は2010年の地下鉄四条駅から始まり、今年1月には2店舗だった烏丸御池駅に4店舗が加わってスタバも登場。改札内と外と両方で利用出来るのが良いですね。モモ母も火曜に乗り換え途中でちょっと一息入れました。
赤字の京都市交通局ですが、金曜深夜のコトキンライナーとか最近頑張ってるねと言われるし、モモ母も確かにそう思うけど、京都で生まれ育った者としてはダメ出しせずにいられません。とにかく市バスの英語アナウンスが酷いんです(中国語と韓国語はモモ母には判断出来ず不明)。日本語もイントネーションが最悪だったんですが、市民からの苦情が多かった為か現在は随分改善されました。昔は京都出身のアナウンサーが吹き込んでたのに、今は初音ミクみたいな合成音。一度作れば簡単に変更出来て格安だろうけど、作ったのが地元の業者じゃないから京都の地名や固有名詞を理解せず、ただ音声をつないだだけ。「she」と「sea」の音の違いとかもわかってなさそうだけど、ま、それは良いとして、伸びたカセットテープみたいな音が頻繁に入るし、固有名詞はちゃんと発音しないとダメでしょう。京都には「キアロ市役所」も「西はんがん寺テンプル」もありません。こんな心のこもってないアナウンス流す京都市に「おもてなし」を語る資格があるとは思えない。聞き苦しいし、京都人として恥ずかしいです。そうそう、外国人に人気の伏見がテレビなどで共通語アクセントで紹介されると違和感を感じる京都人も多いはず。京都人は「伏見」を「ふ」でなく「し」にアクセント、「伏見区」なら「み」にアクセントをつけて言います。京言葉を守りたいならシンポジウムしたり映像ソフト制作するより、街で日常的に京言葉を耳にする機会を増やす方が良い。京都弁の車内アナウンスがあってもいいんじゃない? おもてなしの観光都市京都をアピールしたいなら、まず隗より始めて車内アナウンスをまともなものにして頂きたいものです。

食べた人だけが知っている

1-230.jpg西陣の「千両ケ辻 雛祭り展」には「マーガレット」さんも「ラインベック」近くのスペースで参加されてました。せっかくなので「ココアシフォン」(230円)と季節限定という「ネーブルオレンジケーキ」(200円)、「抹茶フィナンシェ」(200円)を買って帰りました。ココアフォンはふわふわやわらかでココアの香りも高く、かなりオススメ。ネーブルオレンジケーキはオレンジたっぷりでいかにも手作りという感じの素朴な味わい。但し、モモ母は下北沢「KOZU」のオレンジパウンドの衝撃的な美味しさを知っているので、それと比べるとインパクトに欠ける印象です。抹茶フィナンシェは鮮やかな抹茶色。「抹茶ロールケーキ」が一押しだけど、抹茶フィナンシェもきちんとした抹茶味です。


1-229.jpg前回「スバコ」に行った時、抹茶プリンを買ってみました。スバコなどの京都駅ビル内の店には様々な種類の抹茶スイーツが売られてますが、辻利や中村藤吉は別としてきちんとした抹茶味のものは少ないです。でも、そのプリンは宇治の店のものだったので、これはまともかも・・と思ったんですが、全然ダメでした。宇治だから抹茶の持ち味を理解しているとは限らない様で、西陣の「マーガレット」や「ガトードミエル」の方がよほどクオリティが高い。でもモモ母が繰り返しオススメしても、マスコミには殆ど出ないから「マーガレット? 聞いたことないなぁ」と思う人が殆どでしょうね。「マーガレット」の抹茶ロールケーキやココアシフォンがどれだけ美味しいかわかるのは、実際に食べたことがある人だけ、知名度よりクオリティを求める人だけです☆
★marguerite
上京区芝大宮町
075-432-7120
日~木休
http://marguerit.jugem.jp

千両ケ辻 雛祭り展

1-227.jpg6日まで今出川大宮から一条辺りで「千両ケ辻 雛祭り展」が行われています。町家に年代物のお雛様が飾られたり、店で特別販売があったりといったイベントで、人形の展示を見る前にモーニングを食べようと「フォーカルポイント」に行ったら、いつも8時半からの営業が今週末は10時からでグッドモーニングセットはありませんでした。なので5日、6日限定の「千両ケ辻ちらし」(900円)と食後にコーヒーを頂きました。
関東の人が好みそうな西陣らしい町家を使った「フォーカルポイント」がオープンしたのはもう随分前ですが、長期休業されたり、営業時間やメニュー展開が変わったりで、なかなか行く機会がありませんでした。先日通りがかったら、今は朝からやってる様なので、週末に初訪問となりました。朝からかなりしっかりした料理も食べられます。


1-228.jpg雛祭り展限定のちらしは寿司飯自体は割と普通でやや物足りない印象なんですが、ご飯がシンプルゆえに菜の花や海老、あなごといった具の持ち味がうまく引き出されて、ああ、あなごってこういう味だったよね、なんて。家では滅多に買わなくなった椎茸も、久々に食べるとやっぱり好き。珈琲に添えられたデザートが美味しかった。でも、食べやすくする為の配慮だと思いますが、フォークを突き刺した状態で出てきたのはちょっとビックリ。根っからの京都人だとこういうことはしないだろうなと思うし、老舗の様なもてなしとは違うけれど、誠実な印象で、また訪れたいなと思います。
★フォーカルポイント
大宮通元誓願寺下ル
075-417-0885
8時30分~16時頃 
日、月休
http://focalpoint-cafe.com/
※6日は10時からの営業です

「路」

1-225.jpg吉田修一の「路(ルウ)」を読みました。度々文庫本を送って下さる元Oさんから最近届いた中の一冊。Oさんからは「台湾に行きたくなります。安倍さんにも読ませたい。お詫びとはどういう事かを知ってもらう為に」とコメントされていました。
台湾に新幹線が走るまでの7年間を描いた長編で、2000年「逆転」に始まり、2007年「春節」で終わる1章1年構成。様々な人物が並列で描かれた、まさに群像劇です。新幹線事業を受注した商社に務める春香と台湾で生まれ大手建設会社を定年退職した勝一郎を主にしつつ、春香と運命的な出会いをして日本で働く台湾人の人豪、台湾に単身赴任した安西、やがて高速鉄道の整備工場で働くことになる威志など、それぞれの7年を生きる姿が丁寧に描かれていて、読み応えがありました。生まれ育った年代や土地、置かれた立場で、同じ台湾でも見ている風景はかなり違う。その中で、誰もが路を懸命に歩み、やがては人生を終えていく姿にじーんとなります。勝一郎が数十年ぶりに訪れた台湾でかつての友の中野に再会し、いよいよクライマックスかと思ったら、あっさりその場面は終わって「あれ?」と思ったけど、久しぶり過ぎてお互い突っ込んだ話はしなかったんですね。二度目の訪問で、ずっと後悔していたことをついに口にする。その距離感がとてもリアルです。80代の勝一郎が二度目の台湾旅行で懐かしい場所に立つ場面を読んで、父を生まれ育った五条に連れて行きたいなと、ふと思いました。そして香港が流れる景色が世界一美しいとすれば、台北は立ち止まった景色が世界一美しい街ではないかと春香が思う場面で、モモ母はかつてステイしていたボストンの美しさを思い出しました。Oさんが言う様に読んでいると台湾に行きたくなるんですが、今はかなりボストンを再訪したい気持ち。読む人それぞれに「世界一美しい街」があり、それぞれの「路」があるんですね。
http://hon.bunshun.jp/sp/lu?page=1

メニューチェンジ

1-226.jpg18日のオープンを前にキタオオジタウンの「コメダ珈琲」の準備が着々と進んでいます。モモ母はコメダはさほど好きじゃないけどモーニングがウリだから営業時間が気になってたら、どうやら7時オープンらしいです。
それはさておき、水曜に「ハンデルスベーゲン」を訪れました。ビスタチオラテなんてのがあって頼もうとしたらアイスクリームを使っているらしく、なんか甘そうだったので、いつものカフェラテ(370円)にしました。で、先月訪れた時に大好きなサーモンサラダを食べたら1200円になってて、16時以降だったせいかと思って確認してみたら、お気に入りだった16時までの880円のランチは現在なくなり、スープがついて終日オーダー出来る様になったんだそう。ちなみに先月頼んだ時のスープはミネストローネでした。他にチキンのサラダやビーフシチューなどのフードメニューが増えてました。チキンも試してみたいです。


589.jpg今まで1切れだったサーモンが2切れになってましたが、ランチがなくなったのは、サーモンの値段が上がったからだとか。サーモンは相変わらずとっても美味しいけど、1200円だと注文頻度は下がりそう。今後はどこもこうした値上げが増えるでしょうね。フードメニューの充実は嬉しいし、美味しいものを頂くのですから、質をキープするにはある程度仕方ないと思いますが、生活保護受給者が過去最高になり、このままだとインフレどころかハイパーインフレが来るという人もあるし、こうしていられるのも今のうちなのかも・・・とちょっと複雑なカフェタイムでした。
★ハンデルスベーゲン北大路店
小山北上総町 
075-494-0575
11時~21時
土10時~22時 
日10時~21時
http://www.handelsvagen.com/

顔にお手!

1-193.jpg放射能汚染水漏れがあった高浜原発4号機、世界一厳しいという安全基準をクリアして入念に検査を繰り返し、再稼働をお披露目したらいきなり警報鳴って緊急停止・・って、コントみたい。“細心の注意”を払ってこのお粗末だから、似た様なことはきっと繰り返されますね。命より経済が大事な現政権、福井で事故が起きたら観光都市京都の経済がどうなるかわかってるんでしょうか?

1-220.jpgさて、3月初日に起きたら屋根に雪が積もっててビックリしたけど、むぎちゃんは寒さはへっちゃら。元気に過ごしています。カドラーに入って丸まってる時もあるし、布団の上に乗って寛ぐ時もあります。リラックスするとゴロンと横になって、傍にモモ母がいる時は右手を伸ばして、お手! を繰り返す。昨日は仰向けになりながらお手してました。その態度、横柄なんだか従順なんだかよくわかりません。モモ母が布団に入って寝てる時はたいてい足元で大人しくしているんですが、時々頭の方に寄ってきて、覗き込んだり、かまって欲しそうに甘えてくる時もあります。で、ある時、お手を寝ているモモ母の顔に乗せてきたことがありました。ザラザラの大きな肉球がバシッと頬に当たって痛い。「ちょっと、むぎちゃん、痛いって」と言うけど、何度も繰り返す。これって水が欲しいとか、外に出たいというアピールだったんでしょうか? それとも、単に遊ばれただけだったのかも。
プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR