「茶道具を知ろう、茶室を知ろう」

1-428.jpg近くにあるのに、そして知人が勤めてるというのに、一度も行ったことがなかった茶道資料館。仕事先で9月4日までの招待券を頂いたので、訪れてみました。4日まで行われているのは「茶道具を知ろう、茶室を知ろう 茶道入門3」。夏休み期間なので、子供にも茶道を知ってもらおうという企画の様で、ワークショップや講座も行われていた様です。立礼式の呈茶席では薄茶をいただくことが出来ます。久しぶりに頂く抹茶はとても美味しかった。この日のお菓子は鼓月の「いずみ」という葛を使った夏らしい生菓子、お茶は丸久小山園のもの。飲み終えたところで入口でもらったクイズラリー中級編の用紙を見ると「Q8 今日の抹茶の銘は何ですか」。あ、えっと・・前のお家元のお好みの何だっけ・・・と思って2階展示室を出た所のソファに座ってGoogleで調べようとしたら、「携帯電話は1階ロビーでお願いします」と叱られました。通話だけでなく、触るのもダメなんですね。確かに茶道に携帯は無粋です。帰宅後、小山園のサイトを見て「松柏」だったと思い出しました。
初めての茶道資料館でしたが、やはり洗練された茶道具を見るのは良いですね。美しい形の棗や遊び心のある香合、釜を持ち上げる鐶付に至るまで装飾が施されていて、お茶を飲む道具にこれだけ見事な品々を作り出す日本人ってすごいと思い、いや、紅茶や中国茶の道具も素晴らしいから日本人でなく、人間の感性というのがすごいんですね。「茶事」と「茶会」の違い(茶会は茶事の一部を行うこと)なども再認識。目の保養といろんな気づきがあって、楽しめました。
★茶道資料館
堀川通寺之内上る
075-431-6474
9時30分~16時30分
月曜・展示替期間・年末年始休
http://www.urasenke.or.jp/textc/gallery/tenji/index.html
スポンサーサイト

迷子札ホルダー来ました☆

1-427.jpg迷走を続ける台風10号の直撃は免れたけど、線状降水帯が居座って、午後から強雨が続く京都。弱まりそうにないので仕方なくお散歩に出たら、シロくんはじめ数頭のワンちゃんに遭いました。大雨警報中のお散歩は皆さん大変そうです。これから台風が近づく地域の方たちもどうぞお気をつけください。
さて、先週末に申し込んでいた迷子札&注射済票ホルダー「安心だワン!ホルダー」が来ました。ロン毛のむぎちゃんにつけてもよくわからない為、背中にまわして毛をよけて撮影してみました。


1-424.jpg透明なホルダーの上下に黒いベルクロ(マジックテープ)がついていて、真ん中の透明部分に連絡先等を書いた黄色い紙を入れ、背中合わせに注射済票を入れて、首輪に巻きつける様になっています。そうそう、「はぴねすDOG」さんから来た時につけてたのも、これでした。飼い犬が迷子になるのは雷や花火に驚いたり、地震などの自然災害、火災などの事故ではぐれたり。旅行中など見知らぬ土地で迷子になることも。プロジェクトのサイトでは「鑑札、注射済票、また市販の迷子札のいずれにおいても、リングで首輪に下げるタイプであるため、犬が噛んでしまう、飲食の際に食器に触れて金属音がするなどの難点があり、依然として装着率の向上には問題があります」としています。そう言えば、水を飲む時にボウルに当たって音がすることがありました。なんで市販のは下げるタイプなんでしょうね。首輪に巻くのが欲しいとペットショップで言っても「そういうのは置いてません」と言うだけで改善しようという発想がない。迷子になって3日以上経ってから届け出る飼い主さんが半数というのもちょっと驚き。仕事が忙しいからなのかな? ホルダーは5個単位での購入なので、1個は予備に、1個は獣医さんに普及をお願いする為持参予定。残り2個は直接手渡し出来る方限定ですが、ご興味のある飼い主さんに差し上げます。お散歩で出会った時にお声がけいただくか、メール、コメント等でお知らせください。
http://kaesou-pj.net/index.html

この充実が素晴らしい!!

1-425.jpg押小路の「ポケット」に行きました。前回の記事が1月。暫く行かないと、こちらのモーニングが恋しくなります。11時迄のモーニングは2種類あって、Aがコーヒー&トーストorサンドで420円。Bがコーヒー&トーストorサンド&サラダ&玉子で500円。てことは、サラダと玉子が80円か・・・そりゃBにするでしょう。サンドは玉子、トマト、レタス、きゅうり、ハム入り。しかも玉子の茹で具合が絶品。なのでトーストを頼んだことは一度もなく、常にサンドです。週末は暑さが和らいだとは言え、歩いて来たからアイスコーヒーでお願いしました。アイスは50円アップの店が多いけど、値段は変わらず500円でした。この日のフルーツはバナナ。飾り切りにつまようじが刺さって、子供の頃のお弁当に入ってたバナナみたい。サラダもたっぷり、ゆで玉子もついて、本当に素晴らしい。クロワッサン等のモーニングをよく見かけますが、こちらは生野菜入りなうえに雑穀パンを使ってるのでヘルシーです。


1-423.jpg「ポケット」は流行りのサードウェーブコーヒーでもなく、カフェめしを出すイマドキのカフェでもないレトロな喫茶店。イノダやスマートほどマスコミに登場しないから、観光客はたまにしか見かけず、大半が地元のリピーターで賑わっています。でも、この日はお客さんは誰もおられず、すぐ後に1組来られただけ。今日は意外と空いてるなと思っていたら、そのうちどんどん増え続けて10時前には満席になった為、モモ母達は店を出ました。今回はこれまでより早い時間に入店したから空いていたのでした。

★COFFEE ポケット
中京区押小路通烏丸東入
075-231-2660
8時~18時 
日休

駅チカのコーヒースタンド

1-419.jpg20年以上使った洗濯機が壊れまして、京都駅前のビックカメラで新しいのを購入。その後、西に歩いて「Kurasu」さんに行ってみました。このところ京都はコーヒースタンドブーム。街のあちこちに新たな店がオープンしています。ここもそのひとつで、今月11日に出来たばかり。表には胡蝶蘭が飾られていました。


1-418.jpgエスプレッソに使っている豆はオーストラリアのシングルオリジンロースターズのもので、東京の焙煎所から入れているそう。ドリップコーヒーの方は苦楽園のタオカコーヒーの豆も使っているとのこと。サイズは2種類。カプチーノのスモール(400円)をお願いしました。スタンドは席数があまりなくて既に何人かおられたので、「テイクアウトで」というと熱いからと紙コップを二重にして下さいました。こういう心遣いが良いですね。オムロン本社脇の広場? で頂きましたが、フォームミルクのクリーミーさがとても印象的。カプチーノとしては先日の「スロージェットコーヒー」よりこちらの方が好みです。ただモモ母は店で本を読んだり、原稿チェックしたりしたいので、ゆったりした席が好き。なので昨今のコーヒースタンドブームは、嬉しいようなそうでないような・・・。とは言え、こちらはかなりわかりづらい場所にるあるから駅ビルほど混んでないし、コーヒーそのものも美味しかったし、表にゆっくり飲める場所があるから、京都駅に行ったらまた寄りたいと思います。
★Kurasu
下京区東油小路町
075-744-0804
8時~17時 月休
http://kurasu.kyoto/

また通い出してます

1-409.jpgきゅうりが大好きなモモ母、残留農薬がEU基準値の100倍と知って、毎回は無理にしても極力無農薬のものを選びたいと思う今日この頃。美山のおじさんによると「きゅうりだけじゃないです、トマトなんてビニールハウスの中が真っ白で外が見えないくらい撒くし、ネギもすごいです」とのこと。でも、おじさんが来るのは週に1回だし、行けない週もある。サラダに酢の物に重宝するきゅうりは必需品なんだけど・・・と思っていたら、「ワンドロップ」の店頭にサービス品としてきゅうりが置かれてるのを発見。そうそう、この店があった!と店内へ。

1-417.jpg開店当初はよく通っていた「ワンドロップ」。他府県からも仕入れる様になり、移転しておしゃれな八百屋に変身して、雑誌などでも頻繁に取り上げられる様になったし、モモ母が応援しなくても良いかな、と最近は別の店で買う様になっていたんですが、やっぱり良いもの揃えてます。きゅうりは和歌山の「アギーズ農園」のもの。無農薬ではないけど、極力使わない工夫をされてる様です。この日は3本150円だったけど、昨日は215円。やはりスーパーに比べるとやや高め。サニーレタスは「アグリジャパン」のもの。鮮度を保つ様にポットに入っています。西日本産のサニーレタス、久しぶりに見ました。毎回ここでという訳にはいかないけど、又、こちらの野菜を食卓に交えて行きたいと思います。
★やおやONEDROP
北区小山初音町
075-493-5612
10時30分~19時 
日休
http://www.onedrop-vege.net/index.html

新本店に行ってみた☆彡

1-415.jpg相次ぐ台風の影響で東日本は各地で被害が相次いでいますね。まだ暫く警戒が必要な様です。お気を付け下さい。京都は夕方少し小雨がぱらついた程度。大きな虹が出ていました。
さて、先週木曜に一度行ってみたいと思っていた長岡京市の「ウニール」新本店に行ってみました。「畑のみえるお昼ごはん」を食べるつもりで出かけたんですが、駅から離れているにもかかわらず、そして平日にもかかわらず満員。到着が12時半を過ぎたせいか、ランチは既に売り切れていました。なので、順番待ちのリストに名前は書かず別の店に行ったら夏休みで臨時休業。仕方なく戻って期間限定の「マンゴタルト」(550円)と「カプチーノ」(520円)でお昼にしました。


1-414.jpgウニール」のカプチーノは久しぶりだけど、やっぱり美味しい。向こうの席でランチを食べてたお客さんに食後のデザートが運ばれるのを見かけましたが、デザートやドリンク(カプチーノも可)で1500円はお得そう。次回はランチが食べたいものです。上の写真はヒメママさんが注文した「アフォガート」(610円)。味見させてもらったらアイスクリームに心地よい苦味のエスプレッソがかかって、なかなか美味でした。さすが人気店、1時をかなり過ぎても混んでたけど、2時前には空席も出来て落ち着いて来ました。

★Unir 本店
長岡京市今里
075-956-0117
10時~19時 水休
http://www.unir-coffee.com/

迷子札が気になる~

1-416.jpg毎日ホント暑いですね。日曜も夜のお散歩は9時近かったのに、まだまだ暑くてサウナの中を歩いてる様でした。むぎちゃんと言えば、最近ちょっと気になることが。首輪についてるカプセル迷子札をしょっちゅうガジガジ噛むんです。モモもトイレシーツを噛んで破いたり、迷子札を噛み噛みするので、ネーム入りの首輪を特注したり、迷子札なしにしてましたが、むぎちゃんは紐系注意とは言われてたけど、そんなに興味を示さないし、普通につけていたんです。それが最近噛み始め、一度覚えたら楽しいらしく、しきりに噛む音がする。あんまり頻繁なので、狂犬病注射済票は外したけど、迷子札は万一脱走した時に困るので、そのまま。カプセルが外れて、飲み込んだりしないか心配です。やたら噛んでる時には迷子札を背中側にまわすんですが、その際にうなることが増えました。むぎちゃんにすればおもちゃを取られる気分なんでしょうが、うなるのはダメ。


1-413.jpgそんな訳で、迷子札を変えたいけど、店で売ってるのは殆どが吊り下げタイプ。「はびねす」さんから来た時は首輪に巻きつけるタイプ(こちらのブログの写真でこむぎが付けてる赤い首輪の黄色い部分がそれです)の迷子札をつけてて、ビニール部分が破れて使えなくなったけど、ああいうのが欲しいのに、迷子札は単価が安く儲からないせいか、ペットショップの人達って首輪に巻く迷子札に無関心なんですよね。ネットで見ると首輪につけるタイプもあるけど、首輪とセットでないと買えなかったり。モモもこむぎも噛むんだから、他にも迷子札を噛んで困ってる飼い主さんは少なくないと思うんだけど・・・・と思って検索したら、ありました! 「迷子の犬を家に帰そうプロジェクト」という、むぎちゃんみたいな放浪犬を飼い主の元に帰す活動をされてるところのもの。早速購入手続きをしました。到着したら、またご報告致します

「竹光始末」

1-412.jpg藤沢周平の「竹光始末」を読みました。藤沢作品の主人公は多種多様ですが、この短編集6作に登場するのは「たそがれ清兵衛」にも通じる、うらぶれたり、ちょっと冴えない市井の男たち。・・・と思ったら、映画「たそがれ清兵衛」は「竹光始末」も原作にしてる様です。表題の「竹光始末」の主人公・小黒丹十郎はかなり困窮していることが一見してわかる風貌。妻子を養うために刀を売って、竹光を指しているという有り様。「恐妻の剣」は口やかましい女房や子供から全く尊敬されてない。でも、2人共、腕が立つ。実力はあっても、それに見合う評価が得られるとは限らないのが世の常ということでしょうか。
最後の「遠方より来る」は甚平の家に曾我平九郎という髭面の大男が突然訪ねてくる話。最初はやってきた男が誰だか分からず、漸く思い出したものの、大した間柄でもないのに、居座り続けて飯を何杯もおかわり。女房は早く出て行ってもらえと睨むけど、そういう訳にもいかず、平九郎の為に仕事探し。自由に生きるということは、それ故にリスクも伴うし、時には孤独になることもある。下っ端でもお役所勤めをしていけば、気苦労は多いけれど生活は安定しているし、手柄をたてれば出世もさせてもらえる。けれどただ働いて妻子を養い、年を取って一生を終えるだけの人生に、なんだかなぁ・・という気持ちにもなる。ひと騒動の後で平九郎が出て行くと、甚平はほっとしつつ、のんきな彼が羨ましくなる。甚平は昇進してから胃の腑を壊しているというオチもついて、どっちの人生も大変そうです。それは舞台となった江戸時代も、作品が描かれた昭和も、現在の平成も変わらない、日本の小市民の現実ですね。

やっぱり良いと思う★

1-402.jpg先週、銀行に行ったついでに久々に「ダイズデリ」を覗いてみました。モモ母のこの店のお楽しみは、何と言っても「人参とオレンジのサラダ」です。それまでいわゆるキャロットラペってよく食べるけど、大して意識してませんでした。でも、こちらのを食べて、あ、美味しいなと印象に残ったんですよね。それから、他の店でも買ってみたり、添えられていると意識する様になりました。でも、こちらの店が一番だなと思っているうちにシェフが変わって、美味しいけど以前の方がもっと美味しかった様な気がするなぁ・・・と思ったのが前回。で、今回1年以上ぶりに食べましたが、やっばりかなり美味しいと思う。昔はもっと細かった気はするけど、しんなりしつつ硬さが残って歯ごたえが良く、オレンジが使われてる割には甘味も酸味もさほど強くないので、食べやすいんです。

1-401.jpgそしてキチンプレートを。チキンやオムレツ、フジッリ、ナスのトマト煮込みにサラダなどが入って食べごたえがあります。午後の早い時間だったのでチョコベーグルがあるかもと後で「フリップアップ」にも寄ったら、残念ながら22日まで改装の為お休み。なので、冷凍しておいた「たまき亭」のマニトバとバゲットの残りをチンして食べました。共に再現性バッチリ。「たま木亭」の美味しいパンと「ダイズデリ」のデリとキャロットラペの組み合わせは、言うことなし! お腹いっぱいになりました。
★DAI’S DELI&SANDWICHS 姉小路店
姉小路衣棚西
075-254-0777
11時~20時
http://www.dais-deli.com/

高台寺でサードウェーブコーヒー

1-411.jpg16日の送り火は雨の中、むぎちゃんを連れて堤防に上がったのに、大文字が全く見えず。びしょ濡れのむぎちゃんを連れ帰ってタオルで拭いてから、モモ母だけ再び堤防に出たら、上賀茂橋から船形がキレイに見えました。堤防から大文字が見えなかったのは初めて。明日の新聞も船形が載ることになりそうです。


1-410.jpgさて、自家焙煎珈琲の「スロージェットコーヒー」が京都市動物園に出店してるんですが、閉園時間近くまで中にいてカフェには入らなかったので、大谷祖廟にお盆のお参りに行った帰りに高台寺店に寄ってみました。高台寺御茶所としての外観は観光地によくある店っぽいんだけど、中はイマドキのサードウェーブコーヒーっぽい感じ。境内にあるからあまり知られてないのか、高いとこに上がるのが面倒なのか、界隈の賑わいの割にはさほど混んでなくて、落ち着く雰囲気でした。カプチーノはモモ母的には割と普通かな・・と思うし、期間限定という妖怪シュークリーム「ひとつめ小僧」もイマイチだったのでオススメしませんが、穴場的に寛げるのと見晴らしが良いのが何より魅力です。階段上った甲斐がありました。テイクアウトも出来るので、混んでたら外でのカフェタイムも良いんじゃないでしょうか?
★SLOW JET COFFEE 高台寺
東山区高台寺下河原町
075-533-7480
9時~21時30分
http://www.slowjetcoffee-kodaiji.com/

ライオンは寝ている

1-407.jpg「ライオンは寝ている」・・と言ってもトーケンズの歌ではなく、夜の動物園の話。市内各地で行われた「京の七夕」の岡崎会場でやっていた平安楽市の夜市をのぞいたついでに、14日まで実施された京都市動物園の「夏の夜間開園」に行ってみました。京都の動物園に入るのは、子供の頃以来です。
夜はまた昼と違ったエキゾチックな雰囲気が味わえるのではないかと思ったんですが、まず最初にあった「もうじゅうワールド」のライオンさん、トラさん達は見事にみんな寝てました。


1-406.jpgそりゃそうだよね、寝てる所に大勢の見物客が訪れて、動物たちもいい迷惑だと思いますが、桜のライトアップみたいに無理にライトで照らしたりしてないから堂々とお休み。ガラス越し数センチの所で寝てるライオンの顔のでかいこと。ライオンの写真も撮ったんですが、薄暗くて心霊写真みたいな出来なのでトラを載せておきます。なんか、家で寝てるむぎちゃんと大して変わらん様にも見えます。そういえば、子供の頃、名古屋の東山動物園のゴリラが大好きでした。今のゴリラもイケメンすぎると人気らしいですが、もっと毛が白くてカッコよかったんですよね。でも夜の「ゴリラのおうち」は真っ暗で全く見えず・・・。ゾウさんは夜でも活動的でパオーンと鳴いたり、群れて歩いたり。でっかいカバさんもしっかり餌を食べてました。フクロウ達も当然覚醒。ミーアキャットもそわそわ動いてましたが、脱力しまくってたのがレッサーパンダ。なんか自分を見る様です。4月にグランドオープンした京都市動物園。コンパクトにまとまってて、結構楽しめました。次はゴリラさんに逢いたいです。
http://www5.city.kyoto.jp/zoo/

再現性

1-378.jpgSMAPもとうとう解散ですか。このまま続けてもメンバーも辛そうだったしね。それはさておき、昨夜「京都グルメタクシー」を拝見したら、何と「ダリK」が新大宮商店街に移転するとの記事が。お店のサイトで地図を確認すると、「そば鶴」や「高田米穀店」のすぐ傍。近くには「サーカスコーヒー」や「洛叉庵」などクオリティの高い店が点在するし、やはり紫竹って注目エリアではないでしょうか? いずれにしてもご近所に「ダリK」さんがやって来るとは、すごい嬉しい。10月2日の移転オープンが待ち遠しいです。


1-255.jpgさて、「ダリK」の移転先は「グランディール堀川店」からもすぐ。いつも食パンを買って冷凍保存していますが、「パン・オ・ルバン」を焼く時に比べて「角食パン」を食べる日はテンションが下がる・・・とヒメママさんに言ったら、彼女は両方買ったらパン・オ・ルバンは再現性が高いのですぐ冷凍し、まず角食パンから食べるのだそう。モモ母は逆で大好きなパン・オ・ルバンから食べて、角食は後から食べようと冷凍してました。角食はサンドイッチにすると美味しいと言われてたけど試したことなかったので、平飼い卵を茹でて荒く刻んでフリルレタスやオニオンと一緒にサンドしたら、おおっ! 角食って焼かずに食べるとこんなにフワフワで美味しかったのね。ヒメママさんが言ってたことが今頃になってよく分かりました。たっぷりの具を5枚切の厚さ2枚の食パンで挟んだので、お腹一杯になりました。
★グランディール堀川店
紫竹東高輪町
075-493-8077
7時~19時

HOTOKI AGAIN

1-403.jpg岩倉の「HOTOKI」を再訪しました。前回行った時にちょっと迷ったんですが、京都バスを「長代南橋」で降りて「エヴァンタイユ」の所から川沿いに下がり、最初の角を曲がると、すぐに看板が見えました。楽しみにしていたのが「obese」の小長谷英之さん監修の鮎のピザ。1日限定10食なので、もうないかなと思ったけど、最後の1つがまだありました。芽ジソやトマトをあしらった華やかなピザで、鮎のペーストが独特のテイストを醸し出す大人の味。添えられたみょうがとキュウリもさっぱり夏らしい美味しさでした。みょうがは高知産、きゅうりは大原で採ったもので、新鮮さを活かす様にドレッシングは味を控えめにしているそう。ぶぶあられが散らされていたり、見た目にも食欲をそそります。8月末までの限定メニューだそうで、食べることが出来てラッキーでした。


1-405.jpg1階が工房、2階手前が器のお店、奥がカフェになっているHOTOKIさん。カフェからは1階の工房を見下ろすことができます。陶芸は殆どしたことないけど、母が油絵をしていたから、アトリエとか工房の持つ空気がとても好き。気になっていた店名の「ほとき」とは、古くは湯や水を入れる土器を指す言葉で、漢字で書くと「缶」。今は陶器の「陶」という字の中に残っているとお店の人に言われ、あ、確かに、と気づきました。下の写真に小さくしか写ってないけど、アイスコーヒーの入った素焼きのマグカップ、シンプルだけど手になじむ感じが素敵でした。夜8時まで営業されてるのも暑い時期には重宝します。
★HOTOKI
岩倉西五田町
075-781-1353
10時~20時 水休
http://hotoki.jp/

平成の玉音放送

1-400.jpg8日の天皇陛下のお気持ちの公表は、平成の玉音放送と言われるんだとか。確かに駅前などの大型ビジョンを大勢の人が見上げる様子は、玉音放送っぽいかも。穏やかな表情だけど強い意志が感じられる内容、良く練られた見事な文章、まさに品格あるお言葉でした。
選挙で改憲派が3分の2をこえた直後に陛下が生前退位の御意向と報じられたのは、絶妙のタイミング。第一報を聞き、陛下と陛下を支える方たちの思慮深さに感服しました。菅官房長官はその報道に激怒したと言います。陛下は数年前から退位のお気持ちを政府に伝えていたそうですが、一向に動かない。野田内閣の時に検討された女性宮家創設の議論も現政権になって頓挫。しびれを切らして公にされた様です。この動きが、改憲派の安倍政権と護憲派の天皇の激しい闘いであると気づいている国民がどのくらいいるか分りませんが、天皇を国家元首にしたい安倍さん達にとって生前退位なんてもってのほか。安倍さんを支える日本会議の副会長は「生前退位は国体の破壊に繋がる」と批判しています。世論に配慮して今回だけの特別立法や皇太子を摂政にする案でお茶を濁そうとしていたのを、それではダメだと理由を添えて陛下は見事に論破されてました。特に印象的だったのが「象徴」「憲法」という言葉を何度も繰り返されたこと。単に自分が高齢になったから辞めたいとか仕事を減らしてくれというのでなく、日本国憲法の下での象徴としてのあるべき姿や後に続く者のことを熟慮されての退位であり、今後も国家元首でなく、あくまで象徴としてあり続ける為の制度作りを望まれている、国民のための退位であることが明確に伝わって来ました。お言葉後の会見で目が泳ぎ、動揺を隠せなかった安倍さんは、まだ生前退位を阻止すべく、制度変更は難しいなどと結論を先延ばししそうです。長引けば国民はそのうち忘れるだろうと思ってるかも知れません。お元気な間に早急に退位される環境を整える様、国民が監視していくことが、お気持ちに応えることだと思います。

本当に大事なお店

1-256.jpg耐震工事が始まった当初、長時間の騒音がむぎちゃんのストレスにならない様に、ちょっと長めのお散歩に行ったり、父が短期入所している高齢者施設に連れて行ったりしていました。暑さも今ほどではなかったから、鞍馬口の「フランジパニ」にもお邪魔しました。いつもの奥の席にお客さんがおられたので、窓に近い席へ。近くのお客さんに迷惑かけないか心配したけど、着物姿の女性がむぎちゃんのことを気に入って下さったのでホッとしました。暫くしたら、いつもの席が空き、お店の方が「向こうに移動されますか?」と声をかけて下さり、奥まった席へ移動。安心して長居させて頂きました。帰る前にトイレに行ったら、途端にむぎちゃんがピーピー不安そうな声で鳴き出したそうで、モモ母が戻るまでお店の方がずっと相手をして下さった様です。

1-355.jpgこの日お願いしたのは「ケークサレ」のキャベツのチーズ巻きとツナのケーク。玉ねぎもありますが、モモ母は専らキャベツの方を選んでいます。グリーンサラダもたっぷりで、珈琲も美味しく、大好きな「フランジパニ」の中でも特に好きなメニュー。好きな空間で愛犬と一緒に好きなものを食べて過ごせるというのは、本当にシアワセなことです。以前大事なお店と題して「クロア」さんの記事を書きました。その気持ちは今も変わっていませんが、モモ母にとって大事なカフェをあげるなら、このフランジパニと北白川の「ノリズ」と新大宮の「昼行燈」。一昨日の記事に書いた様にノリズは閉店し、昼行燈も長期休業から再開ならぬまま、ご一家は転居されました。ご店主は新たな場所での再開を希望されていますが、かつて店だった場所がもぬけの殻になってるのを見るのは寂しいものです。「フランジパニ」は珈琲の美味しさを教えて下さり、認知症の父や犬連れでも歓迎して下さる、モモ母にとって本当に大事なお店。良い店が近くにある有難さを改めて痛感しています。
フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245 
10時~18時 
日・木休

こむぎの夏

1-389.jpg土曜の京都は37.9度まで気温が上がったそうで、2階が暑すぎて31度の1階が涼しく感じるモモ母家。出かける時も留守番しているむぎちゃんの為にエアコンをかけっぱなしです。
実は6月下旬から7月にかけて家の耐震補修をしたので、むぎちゃんは2階で過ごしていました。東京に行った時も工事は続いていた為、騒音の中で一人ぼっちは可哀想と事務所で預かってもらったのでした。2階に上がった初日は置き場所が変わったせいで、いつもの水飲みボウルなのに水を飲まず。でも翌日以降は慣れた様で、ビクつきながらも飲む様になりました。今は工事も終わって、1階で機嫌よく過ごしています。毎年夏になると食欲が落ちるんですが、今年は2種類のフードを混ぜているせいか、食欲旺盛。たまに落ちて、少し残すこともあるものの、殆ど食べない日は一度もなく、残した翌日はまた完食するので、安心です。一日の大半をエアコンの効いた部屋で寝て過ごしてますが、モモ母が外出から帰る度に路地に出て大はしゃぎ。これまでで最も調子の良い夏です。そうそう、8月といえばモモ母がまだむぎちゃんのことを知る前、「はぴねすDOG」の預かりさん宅から脱走して大騒ぎになったのが4年前の8月でしたが、小太郎くんのお母さんによると、さくらちゃんが1ケ月程前に脱走したそうです。北山通りを渡ってかなり遠くまで行ったところで無事に捕獲されたそうで、行方不明になったり、事故に遭わなくて良かったです。先日は近所にチワワの迷子ポスターも見かけたし、うちも気を付けないとと、気持ちよさそうに寝ているむぎちゃんを見て思うのでした。

あの絶品スコーンはもう食べられない・・・

1-390.jpg先週「フラウピルツ」を訪れた後、気になっていた「ノリズ」さんに行ってみたんですが、何と別の店になっていました! ショック・・・。昨年夏に伺った後、長くお休みされていました。ただ、長期休業されることはこれまで何度もあったので、心配しつつ再開を祈っていたのですが、レンガの外壁は残しつつ、不動産関係の店になっていました。5月に「芽亜里」に行った日に山中越えから戻る途中で前を通った時はまだ「ノリズ」さんがあったし、新しい店には胡蝶蘭がたくさん飾られていたから、つい最近オープンされたんだと思います。


1-38.jpgノリズさんのスコーンは本当に美味しくて、面倒臭がり屋のモモ母が生クリームを泡立てる気になったり、友人知人達にもおすそ分けしまくっていました。恩師M先生が「私、初めて『美味しい』と思えるスコーンを食べた気がする」とおっしゃったり、美味しいものに溢れている東京の友人が「忘れられない味」と絶賛してくれるくらい、オンリーワンの美味しさだったんですよね。下の写真はパイナップルのスコーン。一度しか食べなかったけど、この時の心地よい甘さが口に広がる感じを今も鮮明に憶えています。アラビアの食器をはじめ、店内はブームになるずっと前から北欧のインテリアでまとめられていました。代夜さん、美味しいスコーンとほっこり出来る空間を、本当に有難うございました。長い間、お疲れ様でした。

「真夏の方程式」

1-393.jpg内閣改造で「「国民の生活が大事なんて政治は間違っていると思います」「国民の一人ひとりが、血を流す覚悟をしなければならないのです!」と講演会で言った稲田さんが防衛大臣に。自衛隊の駆けつけ警護も可能になったし、こりゃ彼女の在職中に一線をこえそうな予感。しかもマスコミ情報操作で有名な世耕さんが経済産業相になるとは・・・。
さて、白石一文の某小説がどうにも好みに合わなくて読むのに時間がかかり、レビューを書かないまま日本会議関連の本を何冊か読んだりしてる間に前回のカフェ読書記事から5ケ月も経ってしまいました。東野圭吾の「真夏の方程式」を読みました。ガリレオシリーズの第6作。元テレビディレクターOさんから頂いた文庫本には映画の帯が付いてましたが、モモ母は観てないので、純粋に小説として楽しみました。海辺の町、玻璃ヶ浦では海底鉱物資源の開発が計画される中、町を訪れた物理学者湯川の宿泊先「緑岩荘」で元刑事の塚原が変死。所轄、県警、警視庁がそれぞれ捜査に乗り出し、塚原がかつて担当した事件の犯人仙波は緑岩荘を経営する一家と接点があるらしい・・・でも、知るのは警視庁の人間だけで、県警は事故として処理。謎解きはちょっとご都合主義的な感じもしたけど、東野作品は「新参者」と同様にヒューマニズムというか、市井に生きる人々への温かさが感じられるのが良いんですよね。寂れた町の再開発と環境保護をどう両立させるのか。わざわざ高いお金を払って沖縄まで行かなくても、近くにこんな美しい海があるのにとは言うけれど、人は旅先で寂れた町の様子を見せられると、何とも気持ちが沈んでしまう。旅行で気分をリフレッシュしたいから、閑散とした所は避けて、活気のある所に行こうとするんですよね。こうした町が日本のあちこちにあるんだろうなと思う。殺人事件については真実を暴くことが必ずしも良いとは限らないけど、警察のさじ加減次第で事件の真相が伏せられるって、考えたら怖い話だなとも思うのでした。

もちろん、こっちにも☆

1-395.jpg黄檗に行ったら、勿論、「中路ベーカリー」の前を素通りする訳には行きません。「抹茶生クリームあんぱん」がなくなったら困るので、京阪を降りたら、まず先に中路さんに行くことにしています。「たま木亭」は美味しいパンがたくさんある反面、例えばカレーパンやクリームクロワッサンがなくても、あ、今日はないんだなと思って、さほどガッカリもせず、別のを買えば十分満足するんだけど、中路さんの抹茶生クリームあんぱんが売り切れてたら、かなり凹むと思います。期待の大きさやなかった時の残念さは,寧ろ「たま木亭」のパン以上かも。無事にあってホッとしました。お店のフェイスブックによると辻利一本店の抹茶と大阪北條製餡所の北海小倉餡「モンドコレクション6年連続受賞」を使ってるそうで、美味しいのも納得。

1-396.jpg前回は5つも大人買いしてしまったモモ母、「冷凍も出来るけど味が落ちるので冷蔵庫で翌日まで」と言われて、今回は3つにしておきました。中路で買いすぎると、たま木亭でもたくさん買うことが予想されるから、パンだらけになってしまうんですよね。で、3つだけにしようかと思ったら、隣に「抹茶クリームパン」があったので試しにひとつ。抹茶色のコーティングが目を引きますが、中はあんが入ってなくて、抹茶クリームのみ。あんとの組み合わせとはまた違う、宇治の店らしい抹茶の美味しさが単独で味わえて、これもアリですね。
中路ベーカリー
宇治市五ケ庄
0774-31-8396 
6時30分~21時30分
火・第2・4日休
https://www.facebook.com/nakaji.bakery/?fref=nf
プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR