KCC of the Year 2016

1-551.jpgあっという間に大晦日です。コーヒースタンドをはじめ珈琲専門店やカフェがどんどん増え続ける京都。今年出会った「京都のカフェ」のベスト1は「市川屋珈琲」。オープンしたのは2015年で既に有名店ですが、フルーツサンドの美味しさ、接客の良さなどが印象に残り、また行きたいと思わせる魅力がありました。「京都でお買い物」はカフェと並んで京都に増殖中のパン屋の中で「アペリラ」さんが良かったから迷いつつ、「クラウス」を選ぶことにしました。これまた昨今増えているチョコレート専門店。大手の出店が相次ぐ中、個人経営で真面目に良質なものを提供する、これぞモモ母が応援したくなるお店です。

1-546.jpg「京都でごはんたべ」は久々に再訪した「乃し」さんの満足度が高く、どうも新たな店の印象が弱かったんですが、年末に行った「寺町西むら」は、味は勿論、その姿勢に惹かれました。「うをすえ」の名前が入った塗の器で提供される昼のお弁当から、長年務めた店へのリスペクトと、そこで得た技を継承していこうという思いが伝わってきます。地域に馴染んでいきたいと派手に宣伝はされてないそうで、そういう配慮も非常に京都らしい。そして肝心の料理は前の店より洗練されて、良い感じ。「カフェ読書」は今年はあまり読まなかったので、かなり迷うけど、台湾とそこに生きる人を魅力的に描いた吉田修一の「」がベストかな。「観劇・鑑賞」はダントツで「るつぼ」ですね。演出が良くて完成度の高さが際立っていました。来年も平和で、素敵な店や作品と出会って、心地よい時間が過ごせます様に。皆様、どうぞ良いお年をお迎え下さい。
スポンサーサイト

ヒメちゃんとフランジパニへ

1-532.jpg真珠湾を訪問した安倍首相にオリバーストーン監督ら53人が公開質問状。日本が攻撃したのは真珠湾だけじゃない。中国や朝鮮半島、アジア諸国の戦争犠牲者の慰霊に行く予定があるかや歴史認識についてただしていますが、9月にヒラリーとだけ会った安倍さんが、トランプの当選に焦って会いに行ったらオバマから激怒されたんで、フォローの為に訪問しただけだから、アジアを慰霊する気はさらさらないと思います。何もクリスマス休暇中に来なくても・・とオバマさんも本音は迷惑してたんじゃないでしょうか? 真珠湾攻撃に参加した元日本兵にも「うそをつくな」と演説を批判する人がいて、「きれいな言葉に騙されるな」と若い世代に訴えておられます。


1-549.jpgさて、今年も度々お邪魔させて頂いた「フランジパニ」さんの営業最終日に、こむぎを連れて行きました。お店でヒメちゃんとも合流。ヒメママさんの懐に入ったヒメちゃんと、得意のお手をしているむぎちゃんのかなり良い感じのツーショットが取れました。2匹は仲良しという程ではないけど、喧嘩することもなく、淡々とした関係。ヒメちゃんよりヒメママさんやお店の人に構ってほしいこむぎでした。下の写真はヒメママさんからにぼしのおやつをもらおうとしているところ。おやつ大好きなので、真剣そのものです。モモ母もビーフのおやつを持参していたんですが、むぎちゃんの写真を撮ろうとしていたお店の方に渡してむぎちゃんの気を引き、カメラ目線にさせようと思ったら、傍にいたヒメちゃんが素早い動きでおやつをゲット。10歳とは思えない機敏さでした。さすが小型犬の10歳はすごい若くて元気。来年も一緒にあちこち行けますように。「フランジパニ」にも、また、むぎこ連れで行きたいと思っています。来年は1月9日から営業されます。

お昼どきが狙い目?

1-547.jpg茨城で震度6弱の地震。これが前震でないことを祈りたいですが、熊本、鳥取と今年は大きな地震が相次ぎました。原発の廃炉には何十年もかかるそうで、それまでに日本には何度大地震が来るんでしょうか??
さて、「寺町西むら」を出た後、寺町を下がって「スマート珈琲店」をのぞいて見ると、待っている人が一人もなく、空席がある様だったので、入ることにしました。およそ1年ぶりの訪問です。先週も行こうとしたら、朝9時頃だったにも関わらず前に何人かの姿が見えた為、断念して別の店でモーニングを食べたのでした。朝でも一杯そうだったし、昼はきっと無理だと思ったけど、ダメもとでのぞいてみるもんですね。2階のランチを休止中だったので、寧ろお昼どきだから空いてたのかも知れません。

1-548.jpgスマートに数年ぶりに入ったヒメママさんが人気のホットケーキに心惹かれておられたけど、二重弁当を食べたところだし、さすがにきついんじゃないの? ここはプリンも美味しいよ、と半ば強引にオススメしてプリンセットを。大きなプリンはとろとろタイプでなく昔ながらのしっかりタイプで、食べごたえがあります。モモ母はカフェオレにしました。カフェオレは前回と同じノリタケのホワイトパレスに入れられています。店のロゴ入りのカップもノリタケのもので、購入も可能です。美味しいお弁当にラッキーなコーヒータイムで口福な一日でした。

★スマート珈琲店
寺町通三条上る
075-231-6547
8時~19時 無休
http://www.smartcoffee.jp/

念願の二重弁当

1-544.jpg京都市役所前近くに6月オープンした「寺町西むら」。ご店主は綾小路の割烹「うをすえ」さんで長年修業された方だそうで、「寺町西むら」を紹介する記事を読んで初めて「うをすえ」が閉店していたことを知りました。「うをすえ」で出しておられた京風二重弁当を西むらでも継承されてて、塗りのお弁当箱もそのまま使用されてるとのこと。これは是非行きたいと思いつつ、なかなか機会がありませんでした。先日、有名バリスタさんのカフェを訪れた時に久々に綾小路を歩いたら、閉められたた店に「うをすえ」の看板だけが残っていました。ああ、二重弁当が食べたいなと思ったら、年内にその機会に恵まれました。


1-545.jpg「お昼の二重弁当」(1600円)は一日限定20食。刺身に焼き物、煮物等が彩り良く盛り付けられています。ひとつひとつが小さく、食べやすくて見た目も可愛い。椎茸、山芋、ひろうす、小芋、かぼちゃ、だし巻き、紅葉麩、酢の物など小さいと言ってもたくさんの種類が入った充実した内容でした。自家製ごま豆腐が良い意味でゆるくて、とろけそう。ちょっと癖になりそうな味と食感でした。茶碗蒸しは滑らかな口当たりですが、食べていたら中から細かく刻んだ木耳が出てきて、良いアクセントになっていました。下の段に入ったご飯はおかわりも可能とのこと。これに味噌汁がつきます。味も過不足なく、見た目は「うをすえ」より更に洗練された印象。お弁当の料理内容は定番らしいですが、何度か訪れたお客さんには刺身を3品にするなど、さりげなく前回と違うものを出して下さるとか。是非共再訪したいものです。
★寺町西むら
中京区榎木町
075-254-8154
11時30分~14時 17時30分~22時
http://www.teramachi-nishimura.com/
※年内の営業は28日迄です。

店内にて

1-529.jpgジョージ・マイケルがクリスマスに亡くなったんですね。今年は大物アーティストの逝去が相次ぎましたが、ワム!の曲をよく聴いたから、モモ母にはある意味デヴィッド・ボウイよりショックです。好きだった「ユーリズミックス」のアニー・レノックスは、今も元気で活躍されてるんでしょうか?
さて、2016年も今週限り。やっぱり昔ながらの祝大根は見かけないし、いつも棒だらを買っていた魚屋さんは閉店するしで、ますます迎春用の食材の入手が難しくなっていますが、おせちは2年ぶりに「矢尾門」にお願いすることにして、先週容器を店に持参しました。その時「LIGHT UP COFFEE」さんを再訪。さすがに外は寒いので、「カフェラテ」を注文して店内へ。


1-513.jpg進んでいくと右手がベンチタイプ、左手が小上がりにテーブル、奥には椅子式のテーブル席もあったんですが、狭いスペースで先客がおられたので、お邪魔しては悪いと靴を脱いで小上がりの座布団席に座ることに。白木のインテリアが真新しさを感じさせます。実は前日京都の有名バリスタさんが独立されたカフェOに行ってカプチーノを頂きました。同じ様に美味しかったし、決めの細かさはOの方が寧ろ勝るかも。フードメニューも充実してました。ライトアップコーヒーも食事メニューが欲しいところです。でも、モモ母はOよりライトアップさんが好き。勿論時間にもよるんでしょうけど、Oは早くも有名店志向の常連さんの行きつけの店と化していて、一見さんにはちょっと居心地が悪い。客層って大事ですね。ライトアップコーヒーの店内はどの客も快適に過ごせる空間になっていて、また行きたいなと思わせます。「李青」や「風の駅」だけでなく、出町のお気に入りが増えて嬉しいです。
★LIGHT UP COFFEE KYOTO
上京区青龍町
9時~20時
http://lightupcoffee.com/

7等分が丁度良い

1-540.jpgクリスマス如何お過ごしですか? 今年は52%がクリぼっちだそうです。最近バブル期のトレンディドラマの一場面を見る機会が何度かあったれど、今、見ると寧ろ滑稽。商戦に煽られることなく、自分が楽しいと思える時間を過ごせば良いよね。北大路ビブレの丸亀製麺も、思ったほど混んでませんでした。
さて、堀川今宮の「グランディール」で焼きたての「パン・オ・ルバン」を入手出来るのは正午頃と午後2時ですが、実は朝でも早い時間なら購入可能。前日焼いたものだと思うので、日によってはないこともあります。


1-541.jpg以前、朝に行ったら既にスライスしたものが2つだけ残っていて、一つは4枚切りの厚さ、もう一つは4枚切りと5枚切りの間の厚さでした。いつもモモ母は5枚切りの厚さでスライスしてもらっていて、その場合は1袋に8枚入っています。これだともう少し欲しいなと思うこともあるけど、4枚切りの厚さだとやや分厚すぎると思っていました。なので、中間の厚さでもスライス可能なんて目からウロコ。以来、4枚切りと5枚切りの中間でスライスしてもらう様になりました。この厚さだと1袋にパンは7枚で、「7等分でお願いします」と言って注文します。1斤を6等分したのが4枚切。7等分したのが4.5枚切、8等分したのが5枚切の厚さという訳。モモ母的には7等分が今は丁度良いです。
★グランディール堀川店
紫竹東高輪町
075-493-8077
7時~19時

ランチやってました☆彡

1-536.jpg地方創生を謳ってるはずの政府が沖縄県知事の権限無力化を検討しているんだそうです。最近の政府は露骨に強権的になって来ましたね。この話題を紹介したブログの記事タイトルに【次はあなたの県かも・・】と書かれてましたが、ホントに他人事ではありません。全国知事会は断固抗議すべきだと思うけど、山田知事は動いてるんでしょうか?


1-537.jpgさて、さくらちゃんママから上堀川の「キリンキリン」が閉店したと聞いてビックリ。最近は外食で粉もんを食べたいと思わず、前回行ったのは2年前。ご無沙汰してたからなぁ・・・と確かめに行ったら貼り紙があって、閉店のお知らせかと近づいてみると、「ランチ営業中」の文字と共に「チゲの定食」と「牛肉のスープ定食」のメニューが載ってました。良かった! 営業してる、しかも以前はやってなかったランチもやってるし・・・と嬉しくなってオーダーストップギリギリでしたが、入って食べて行くことにしました。
テールスープが美味しかった記憶があるので、牛肉、九条ねぎ、きのこ、糸こんにゃくが入った牛肉のスープ定食を。日替わりチヂミはニラと牛すじのチヂミ。「キリンキリン」の美味しいチヂミが再度食べられて幸せ。チヂミのタレはスープに入れても風味が変わって美味しいとのこと。最後に入れたら、確かにラー油を入れたみたいに味わいでしたが、なくても十分旨みがあって最後の一滴まで飲みたくなります。珍しい大根のかきあげは長芋みたいな食感。サラダとキムチ、ピリ辛ちりめんにごはんがついて、しかもこのクオリティで1080円はお得。ご飯の量を聞いて下さったので少量でお願いしました。ランチは1ヶ月程前から始めたそうで、ますます精力的に営業されてます。どうやら遠くから貼り紙を見て、勘違いした様です。
★キリンキリン
紫竹下本町
075-492-3570
11時30分~14時 17時~24時 
火休

藤井大丸のアラビカ

1-530.jpg駐トルコのロシア大使が射殺された事件、多くの人が第一次世界大戦の引き金になったサラエボ事件を思わせるとコメント。ローマ法王は昨年「これが最後のクリスマス」と言ったそうですが、イブまでに更にテロが多発しないか心配です。来年のオランダやフランス、ドイツの選挙にも影響が出そうだし、トランプ大統領が誕生するアメリカはKKKが再び台頭してるというし。世界史で出てきたキーワードが俄かにリアルなものになって来ました。
そんな激動の時代ですが、平穏な日々が続く京都。先週四条に行った時に藤井大丸の「アラビカ京都」を初訪問しました。いつも満員でゆっくり出来なそうだったのですが、この日は比較的空いていたので「カフェラテ」を飲んで行くことにしました。


1-531.jpgそれでもスタッフが一人なので、出来上がるまで数組待ち。京都に増え続けるコーヒースタンドの中でも特に人気のアラビカさんながら、東山に行った時の印象ではラテアートの店の方が好みだなと思ったんですよね。なのでさほど期待してなかったけど、カフェラテってバリスタさんの個性で随分変わるんでしょうね、思った以上に美味しかった。モモ母が欲しい苦味とクリーミーさがちゃんとあって、最後まで満足出来ました。なるほど人気な訳です。但しドーム型のスタイリッシュなスペースには若いお客さんばかりで、おそらくモモ母が最年長。藤井大丸という場所のせいもあるでしょうけど、地下のタベルトは年配客も結構多いんですよね。余談ですが、北山大宮の老舗珈琲店が大晦日で閉店。年配の常連さん達は「これからどこに行ったら良いんや・・」とお嘆きです。京都の珈琲文化を育ててきた世代が通えるコーヒースタンドがあれば良いのに、若者だけのブームなのかなぁ・・・。
★アラビカ京都藤井大丸
四条寺町 藤井大丸 1F
075-221-8181
10時30分~20時
http://www.arabica.coffee/#cafe-kyoto

「松井須磨子」

1-535.jpg12月18日と19日に呉竹文化センターで上演の京都労演12月例会エイコーン公演「松井須磨子」を観ました。日本初の新劇女優と言われる松井須磨子の人生を、「人形の家」等の彼女の代表作の一場面を織り交ぜながら語る、栗原小巻の一人芝居。東京ヴォードヴィルショーを京都で観たくて労演に入会しているモモ母。他の例会は自分では行こうと思わない劇団だったり作品だったりするんですが、これはその最たるもの。栗原小巻とか山本陽子、十朱幸代といった一昔前の美人女優って、所詮顔だけみたいなイメージ。でもまぁ小巻さんは俳優座出身だし、一度観ておきますか・・といった感じで足を運んだモモ母でした。
舞台下手に置かれたピアノの生演奏と共に与謝野晶子の「君死にたまふことなかれ」で始まった舞台。思ってたより低い声で、第一印象はかなり年齢を感じたんですが、若い役を演じる時は高めの声に。そして「ゴンドラの唄」や「カチューシャの唄」を歌う声の清らかなこと。クローゼットの後できらびやかなドレスに着替えたり、着物をまとったり、須磨子の女優人生と小巻さんのそれがオーバーラップする様です。踊る場面や手をあげた時の指の形が実に美しく、キャリアを積んだ女優さんのスキルがいかに卓越しているかをまざまざと見せて頂いた感じです。島村抱月と運命的な出会いをし、芸術活動に身を捧げて来た須磨子は抱月の病死に絶望し、自ら命を絶つのですが、「命みじかし恋せよ乙女・・・」だったり、「カチューシャかわいや、別れのつらさ」といった歌詞って、こんなに切なかったのか・・と改めて知りました。そして北原白秋の「さすらいの唄」も。1時間半の一人芝居を終えたカーテンコールでの笑顔が本当にチャーミングで、「綺麗やなぁ、一体いくつえ?」「まさしく芸術を見せてもらったなぁ」といった声が客席のあちこちから聞こえてました。小巻さん71歳。こういうのを生で観られるから、演劇って良いんですよね。

なんてリーズナブル☆彡

1-533.jpg劇団大富豪公演以降も茶瑠ちゃんが気になって宮原さんのツイッターをチェックしてるんですが、こんな動画をリツイートされてて、何度も見ちゃいました。兄弟げんかの仲裁をする大っきなワンコ、いじらしい・・・。
さて、先日北大路通りを走るバスの中から洛北高校前辺りに新しい店が出来ているのが見えました。数日後、グルメタクシーさんのブログを拝見すると、「キッチンごりら」の支店みたい。どんな感じが見てみようと出かけました。

1-534.jpg夜は鉄板焼や炭火焼の単品メニューがメイン。でもランチが好評なので、ランチタイムみたいにご飯と味噌汁はつかないけど、ランチのメニューも注文可能にしたとのこと。気になってた150グラムの「ヒレステーキ」(1000円)をオーダー。塩コショウのシンプルな味付けの柔らかいお肉でした。ヒレといっても豚肉のヒレなので牛肉も食べたいと「薄切りローストビーフの炙り」(580円)も。ちなみにご飯は100円で追加出来ました。旬野菜のサラダは生野菜の中に入った温野菜が良いアクセントに。温かいキュウリって初めて食べました。鶏のグリル(1000円)や茄子の甘辛肉みそ(460円)も頼み、モモ母とヒメママさんはノンアルコールだったけど、事務所のS君が結構飲んでいたのに、低めの価格設定にしてるそうで会計が6000円弱という安さにビックリ。ハンバーグも気になるから、ランチも行ってみたい。近くに支店が出来て嬉しいです。
★キッチンごりら ブラボォ
下鴨西本町北大路通
075-721-5007
11時30分~15時LO(土日11時~)
17時~22時30分
火休・不定休有
https://ja-jp.facebook.com/kitchen.golira/

10年前から・・・

1-528.jpg先週鞍馬口の「フランジパニ」に行きました。いつも青々としている店の前の木が紅葉して、時のうつろいを感じます。今年もあと半月ですね。エキサイトで「フランジパニ」の初記事を書いたのはブログ開設から6日後の2006年12月20日。この年の夏に初めて訪れてすごく好きになったので、もう10年通っていることになります。
今回訪れたのは平日午後の比較的早い時間。ランチタイムは過ぎていましたが、ほぼ満席に近い状態。お稽古帰りと思しき着物姿の年配女性グループだったり、子供を連れた男女だったり、若い女性のおひとり様だったり。この多様性が良いんですよね。


1-527.jpgBGMはスタンダードを中心にしたゆったりしたインストが多い印象。この日は「SWEET MEMORIES」が流れて来て、そうか、この曲もすっかりスタンダードだな、なんて。オーダーは久々にマンデリンにしようかと思っていたのに、メニューを見たら温かいココアが飲みたくなりました。「甘さ控えめで」とお願いしたら、砂糖は入れないで別に持って来て下さいました。そうそう、こちらはこのシステムでした。でもそのままで美味しかったから、今回は砂糖を入れませんでした。バナナジュースだけでなくココアもカスタマイズ。そうそう、常連グループが「サンドイッチは焼いた方か焼いてない方かどっちにするの?」なんて会話をされてましたが、卵サンドと卵トーストサンドという具合にサンドイッチも2種類あります。
★フランジパニ
室町通鞍馬口下る
075-411-2245 
10時~18時 
日・木休
※12月29日~1月8日はお休みされます

あれから10年

1-526.jpgモモの写真と共にエキサイトブログに最初の記事を投稿したのが2006年12月14日。あれから10年経ちました。当時は「美味しいもの」が大人の事情で作られるのがなんだかなぁ・・・と思っていました。ある人から電話が入り、元ディレクターのSさんがモモ母に至急連絡を取りたがってるというので慌てて連絡したら、口の肥えた知人への手土産にオススメのお菓子はないかとおっしゃる。なんだ仕事の話じゃないのかと思った反面、頼って下さるのが嬉しかった。事務所のS君のお母さんは「モモ母さんからもらうものはいつも美味しいなぁ」と言って下さっていたそうで、それはモモ母には最高の褒め言葉でした。そうだ、仕事でなく、自分が本当に美味しいと思うもの、好きなものを愛犬と共に載せるブログをやろう、素敵なご店主を応援し、本当に良いものを求める人とお店をつなぐ存在でありたいと思ったのでした。
最近は毎日更新出来ない上に情報量も多くない。アクセス数を誇るブログもありますが、エキサイトとFC2を合わせても一日の訪問者が500人をこえることはありません。おかげで良心的な小規模店にキャパを超えるお客さんが殺到することなく、情報を伝えたいと思う人にそれなりに伝わっているのではないかと思っています。気になるのは、ブログを始めた頃には過去の歴史的な言葉に過ぎないと思っていた徴兵制や預金封鎖、ファシズムなんてのが現実味を帯びて来たこと。世相に敏感な東京の友人Hさんは、10年前なら戦争を止められたけれど、今はもう止められないと言い、止められるかどうかは去年が正念場だったという人がいます。さて今から10年後、本当に美味しいものを食べ、心地良い店でゆったりとした時間を過ごすことが出来る平和は保たれているでしょうか? モモ母は今のままでは懐疑的です。せめてブログやSNSで自由にものが言える日本でありますように。今後共どうぞよろしくお願いします。

初めての冬休み

1-433.jpgもうすぐ訪日するプーチンさんに政府が秋田犬を贈る話があったけど、正式に断られたとか。愛犬家だからこそ安易に何度も贈って来られても困るんでしょう。一度贈ってるのに、相手の迷惑も考えず、命を何だと思ってるんでしょうね・・・。とにかく1頭目の「ゆめ」は可愛がられてる様で良かったです。
さて、大阪で捕獲されたむぎちゃんは、放浪生活が長かったせいか、前の飼い主さんが予防してなかった為か、フィラリアが陽性でした。しかも中等度。「はぴねす」さんの所で治療を開始し、うちに来てからも薬を一年中ずっと飲み続けなくてはいけませんでした。そして漸く昨年の検査で陰性に。でも投薬は続ける必要があったのですが、9月に薬をもらいに行った時に12月までにしましょうと言われ、きちんと予防出来てるワンちゃん達と同じ様に冬の間は飲ませなくて良いことになりました。やったぁ~! 日曜に最後の1個を服用させて、初めての休止期間へ。最初は毎月1日に飲ませる予定だったけど、12月でも蚊を見かけるから気になって、最後が少しでも遅い方が良いと思って数日ずつずらして与えて来たんですよね・・・。でも獣医さんによると寒い時期は感染力が弱いので、刺されても発病することはない様です。むぎちゃんはずっと飲ませてたからフィラリア予防薬の開始時期を知らせるハガキをもらったことがなかったけれど、来春は初めて案内ハガキが届くことになります☆

錦市場で大吟醸の酒粕が買える!

1-525.jpg寒くなると食べたくなるもののひとつが粕汁。以前は「京永野」で買ったものを愛用していたのに昨年閉店。先日店があった所を通ったら、古くて趣のある店舗が建て壊されてクリニックが出来てました。昨冬は八坂の塔近くの「卯田光商店」で斉藤酒造のものを買って気に入ったので、今年も行こうと思うけど、ちょっと遠くて行く機会が作れず。そうそう、放送作家Nさんが錦の酒屋さんで美味しい酒粕が入手出来ると言ってたっけ・・・と思い出し、錦市場に行ったのでした。
店の名前は聞かなかったけど、以前「津之喜」のご主人を取材した時の話ぶりからあそこに違いにないと思って、「井上」に行く前に丹山の酒粕を見かけて迷ったものの、予定通り「津之喜」さんへ。


1-520.jpg見ると「京都伏見 、英勲 純米大吟醸酒かす」とあり、400グラム600円+税。あ、英勲って八坂で買ったのと同じ。会計の時にお店の人が「それ、大吟醸の酒かすです」とおっしゃってましたが、英勲のサイトでは売り切れてるから、かなり貴重かも。お酒の充実は勿論ですが、竹中缶詰のオイルサーディンや松野醤油の柚子ぽん酢醤油など、京都の名品が並んでいました。駅の売店で観光客向けのお菓子を買うのも良いですが、錦市場を観光するなら京都のお酒や食材を調達しては如何でしょうか?
★津之喜酒舗
錦市場富小路東入
075-221-244
10時~18時 
第2水休
http://www.tsunoki.co.jp/

レトロなお惣菜屋さん

1-519.jpg先日錦市場を歩きました。最近はいつも賑わってますね。その大半が海外からの観光客。年末は地元の人も買い出しに行くだろうから、ものすごいことになりそうです。店の方もカップに入れたり串に刺したりした、すぐに食べられる商品を売る所が増えました。さながら映画のセットやお台場の昭和30年代風商店街みたいなレトロテーマパークの中を歩いている様な感じ。でも作り物じゃなくて全て本物の店だから、観光客に人気なのも納得です。

1-521.jpgモモ母が好きな「井上」にもチョコレートコロッケなど修学旅行生が好きそうな商品がありますが、オーソドックスな総菜もオススメです。昔ながらの昆布豆やかぼちゃの煮物、さば生姜煮、京都らしい「万願寺とうがらし昆布」に「湯葉しめじ」、モモ母の定番「いかみょうが」など。今回は初めて「豆腐すきやき」(100グラム260円〉を買ってみました。すき焼きをして残った豆腐を翌日食べると味がしみて美味しいですよね。あのイメージ。焼き豆腐と九条ねぎやたまねぎ、お肉を炊いたもので、かなり甘みが強かったけど、懐かしい感じがして美味しくいただきました。買ったのはそれぞれ150グラムずつ。対面販売の量り売りだから、150グラムなんて中途半端な買い方も可能です。
井上佃煮店
錦小路通柳馬場西入
9時~18時
水・第1・3日休
http://www.kyoto-nishiki.or.jp/stores/inoue/index.html

2号店行きました☆彡

1-523.jpg「ラテアートの店」こと「ラテアート ジャンキーズ ロースティングショップ」の2号店が、先月北野天満宮近くに出来たので、行ってみました。今出川通りに面した南側。北野白梅町からでも歩いて数分の距離です。フェイスブックによると、鞍馬口は古き良き時代のオールドアメリカンがテーマで、こちらは今の時代のニューヨークの街並みにあるようなコーヒースタンドをイメージしたのだそう。1号店より更に狭いけど、座れるスペースもあって窓の外を眺めながらの休憩に良い感じです。
オーダーしたのは勿論、カフェラテ(500円)。可愛い珈琲味のカヌレをサービスして下さいました。これまたフェイスブック情報によると3emeの村上シェフが作られたものの様です。3emeは気になりつつ未訪問なので、お菓子を味わえて良かった。今月21日までの期間中にカフェラテを注文すると先着20名にプレゼントして下さるそうです。


1-524.jpgお店の珈琲を使ったパウンドケーキも少し試食させて頂き、どっちも美味しかったけど、珈琲より前に出ない、あくまでここの主役は珈琲なんだなと思ったのでした。主役の珈琲はちゃんと上質な苦味があって、ラテアートも見事。ちなみにミルクはタカナシの3.6牛乳を使っておられたけど、あまり見かけないパッケージだったのでお聞きしたら、業務用だそう。短い滞在時間でしたが、期待通り満足度は高かったです。上質なカフェラテを飲みたくなったら、北野天満宮の帰りに立ち寄っては如何でしょうか?
★Latteart Junkies Roastingshop
北野天満宮店 
上京区紙屋川町
075-463-6677 10時~18時
http://junkies-cafe.com/

「雪と珊瑚と」

1-522.jpg梨木香歩の「雪と珊瑚と」を読みました。梨木作品は「家守綺譚」は大好きだったけれど「裏庭」などはイマイチ。これはどうかな~と読む前は思いましたが、なかなか好きな作品でした。赤ん坊の雪を抱えた21歳のシングルマザー珊瑚が、「一日働いて帰って来る人が元気を取り戻す様な総菜を提供したい」と総菜カフェを起業し、成長していく物語。女性が店を始める話として「食堂かたつむり」を思い出しましたが、こちらの方が断然完成度が高い。カフェ開業を夢見る人には良き指南書に、立ち止まっている人や人間関係に躓いている人には前に踏み出す力になりそうな小説です。
現実はそんなに都合よく赤ちゃんを預かってくれる女性が現れたり、その人が料理上手だったり、その甥が無農薬野菜を作ってたり、借りることになった民家を好きに改装していいよと大家が言ったりしないでしょうし、カフェをやろうと思い立って実現し、駅ビル出店の話が持ち上がるまであまりに早すぎるとは思うけど、梨木作品はある種の寓話。自分は孤軍奮闘してるつもりでいたけど、親身になってくれる人が周囲にたくさんいたことに気づく珊瑚。そして周囲の人も皆それぞれの破綻を抱えながら、辛うじて社会は回っているのだと知る。「人は潜在的に復興しようと立ち上がる力があるけれど、それを確実なものにしていくのは温かい飲み物や食べ物」と外国の修道院で暮らしたことがあるくららさんは言います。丁寧に作られた滋味な料理は生きる糧となり、居心地の良い場所は人の心を癒す。そのことはモモ母も身を持って実感する日々です。解決しないことがあっても、毎日の生活は前に進む。いろんなものを栄養にして、人は生きていくんですね。

大きなつづら

1-497.jpg北大路に高級生食パンの店Nがオープン。「日本の食パン名品10本」に選ばれたとのことで、試しに買ってみました。食べた感想は・・・半額券を使えば200円以下で美味しい食パンが食べられる「グランディール」ってすごいな。Nも軽くトーストしたら美味しかったけど、上質なパンに必須の小麦粉の香りがしなかったのとオススメの生が期待したほど印象に残らなかったんですよね。スライスなしの2斤(800円)でしか販売してないのも、ちょっと買いづらい。因みに名品10本には「クロア」や「フロイン堂」も選ばれてました。


1-496.jpgさて、10月の話ですが、お世話になってる元テレビディレクターOさんに「マーガレット」さんの抹茶ロールケーキを贈る手配をして、お代金を払いに行った時に冷蔵棚にチョコロールケーキ(300円)があったので買うことにしました。こちらは端っこも販売されていて、好きなものを選ぶシステム。いつも「大きなつづらと小さなつづら」みたいだなぁと思いつつ、自分で食べるならたくさん食べたいと欲張りなモモ母は大きめにカットされた端っこを選びます。抹茶ロールケーキがダントツで美味しいと思うけど、チョコロールもしっとり生地がなかなか美味しいです。「六波羅おやつ堂」さんも同じシステムで、カットされる前に端っこをお願いしますと伝えたんですが、うまく切れなかったから真ん中にさせて下さいとのこと。気にしませんよと言ったものの、モモ母は気にしなくても、商品として提供する以上、お店の方のプライドがありますよね。一般的な洋菓子店で滅多に見かけない切れ端は廃棄されてるんでしょうか? 美味しければ大きなつづらも悪くないと思うけどなぁ。
★marguerite
上京区芝大宮町
075-432-7120
日~木休
http://marguerit.jugem.jp

日常に潜む危険

1-518.jpg毎朝、朝食後に降圧剤とビタミン剤を飲んでいる父。ビタミン剤は転倒して何度も骨折したので、骨粗鬆症改善の為にエディロールを1日1錠飲むんですが、この薬が直径6.6ミリと小さく、まん丸でツルツルしていて、転がりやすい。今朝も父の手に置いた途端にコロコロと転げ落ちました。高齢者が飲むんだから製薬会社さんももうちょっと考えてくれたら良いのにと思う。床に落ちてむぎちゃんが飲み込んだら大変なので、父の服の上や床を探すも見当たらず。落ちた音がしなかったから、試しに父を立たせたら、硬く跳ねる音。再度テーブルの下をのぞいたら、赤い球体が落ちていた為、無事回収。朝からひと騒動でした。
写真はご飯を食べる前に賢くスタンバイしているむぎちゃん。フードを完食出来たら食後にジャーキー等をデザートに少しだけあげています。砂肝ジャーキーが残り僅かになった時のこと。中に入っていた脱酸素剤エージレスをゴミ箱に捨ててフードを乗せていた木皿や計量器等を片付け、暫くしてふと見ると畳の上に捨てたはずのエージレスが落ちていました。あれ、ちゃんと入ってなかったのねと思って拾い上げてドッキリ。むぎちゃんが噛んだ跡があり、歯型のひとつは袋を少し破っている模様。袋の表面に「食べられません」って書いてるのに・・・。食べた訳ではないけど、薬剤が体内に入っていたら大変。元ラジオディレクターTさんちの柴犬のモモちゃんがゴキブリ退治のホウ酸団子を食べてしまい、夜だったので夜間救急診療所に電話したら水を飲ませて薄める様に言われ、それで無事だったという話を思い出し、水を飲ませようとするけど、水飲みボウルを近づけても嫌がって飲まないむぎちゃん。特に変わった様子はないし、暫くしたらいつもの場所に置いた水も飲んだのでホッとしたけど、ヒヤッとしました。油断大敵。何が起こるかわかりませんね。
プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR