はぴねすを運ぶ犬

223.jpg家でまったりするモモを撫でたり、散歩している時に「お父さんがいて、お母さんがいて、モモちゃんがいて、今がシアワセ☆」とよく言っていました。家や仕事で嫌なことも多いけど、80代の父とクッシングの疑いのあるシニア犬モモといつまでも一緒にいられるわけではないことはよくわかっていました。でも、モモがいなくなってから父は骨折入院、要介護になるわ、年末に風邪をこじらせて大晦日に入院するわで、坂を転げるようにシアワセな日々は過ぎ去っていきました。
そこにやってきたむぎこ。むぎこがいなかったら本当に暗い気持ちで一人新年を迎えていたはず。3月にはモモ母、突然のめまいに襲われたんですが(「澤穂希選手と同じですね、こわい病気ではありません」とお医者さんに言われ、もうすっかり治りました)、それでも何とか楽しく過ごせるのは、むぎこが傍にいてくれるから。河原で四季を感じたり、しきりに甘えるむぎこの頭を撫でる父を見ると、平穏な日々の有難さを感じます。奇しくもむぎこを連れて来てくださった団体が「はぴねすDOG」さん。犬の幸せを願った名称でしょうし、ほかの候補の方のところに行った方がむぎこにはハッピーだったかも知れませんが、迎えたモモ母家には間違いなくはぴねすがやってきました。そしてモモ母家だけでなく、河原で会う愛犬家さん達にもむぎこははぴねすのおすそわけをしています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR