ホワイトフードでお取り寄せ

039.jpg明日は参院選挙。原発再稼動を争点にしたくない政党が街頭演説で取り上げるのを意図的に避けてるそうで、投票の際に考慮する人は少ないようです。以前義捐金を送ったNPOからニュースレターが届きました。被災地の現状がマスコミでほとんど紹介されなくなって、資金が集まりにくくなっているんだそうです。話題に上らないと人は忘れてしまうようです。
暑い中を重たい目をして買ってきてもすぐになくなる飲み物類をお取り寄せすることにしました。水と牛乳は商品の放射能検査をしている「ホワイトフード」から。水は同じものが近くのスーパーで半値近くで入手できるので、そこで買うつもりが売り切れ。割高だけど、応援する意味で再度取り寄せることにしました。WHOの基準値が10ベクレル/kgに対してホワイトフードは0.5ベクレル、日本の基準はなんと100ベクレルです。震災から数ヵ月後、知人の従兄弟が地元スーパーに並ぶ農産物を線量計で測ると高い値が出たそうで、うちの県産のその農産物は食べるなと言っていたそうです。自らチェックした人は避けられるけど、知らない人は普通に買って食べている・・・基準値は消費者ではなく生産者を守るためのもの、命より経済を優先する国に生きていることを実感しました。今は知りませんが、昨年はまだ従兄弟は京都から野菜を取り寄せていると知人は言っていました。お断りしておきますが、それは東北ではなく、もっと京都に近い県。東北の農産物がスケープゴートになっていると書いたのはそのためです。基準値以下という曖昧なものでなく、いずれは数値が表示されるようになるだろうと言われましたが、実現していません。今回は水だけでなく、牛乳もオーダーしました。会社のサイトによるとウクライナの内部被爆の80%が牛乳だったそうです。うちで牛乳を主に飲むのは80代の父なので気にする必要はないんですが、子供達を守ろうと取りくむ企業を応援し、子供が身近にいる方に紹介する意味で買ってみました。ちなみに滋賀県のしいたけ原木が基準値ごえとの報道を確認していて、こんなツィッターをみつけました。なかなか興味深いです。
http://www.rakuten.co.jp/food-connect/
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR