保護犬なので・・・

0146.jpgビビリ復活で散歩に行くのを渋り、河原に下りてもすぐ帰ろうとしていたむぎこですが、最近はまた、率先して外に出るようになりました。尻尾をゆらゆらさせたり、河原を飛び跳ねたりしています。
そんなむぎこの楽しげな様子を見ていた人が、よく声をかけて下さいます。先日は「耳の毛がバンビみたいですね」と言われました。狐みたいとは何度も言われたけど、バンビは初めて。犬種は何ですか?何歳ですか?と色々聞かれました。年齢を聞かれたら「3歳ぐらいです」と言うだけの時もあるんですが、「保護犬なんで詳しいことはわからないんです」と付け加えることもあります。そう言って興味を持って下さった方には、放浪していたところを捕獲され、保健所からレスキューしてもらったことを説明します。こういう話をすると、例えばいつか犬を飼おうとした時なんかに、そう言えば加茂川で遭ったことがある犬も保護犬だったな、なんて思い出してもらったりするかも知れないなと。保護犬の里親経験がある人に散歩で出会うことも結構あるんですが、モモと暮らしている時は気に留めたことってほとんどなかったんですよね。保健所出身の犬って意外と身近にいるんだなと、むぎこに興味を持って下さった方にも意識してもらうきっかけになると良いなと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR