ターニングポイント

0211-3.jpgなんで最後に合掌するのかよくわからない「お・も・て・な・し」が流行語大賞を取った2013年、特定秘密保護法が成立しましたね。ネット上では2020年オリンピックの東京開催について賛否両論目にしましたが、テレビでは否定的な声はほとんど聞きませんでした。まるで全国民が東京招致を望んでる様な報道。テレビって怖いな・・と思っていました。東京都民によると、本当はやって欲しくないと思う人も少なくないそうですが、とてもそんなことを言える雰囲気ではなかったそうです。
先日、治安維持法のことを話して下さった70代の女性が、母親に「なんで戦争に反対しなかったの?」と聞いたら「とても反対できる雰囲気ではなかった」と言っていたとおっしゃったのを聞いた時、似たものを感じました。少数意見の国民は法律に抵触する以前に萎縮して声を上げなくなりそう。保護法反対とプログに書いた女優の背後関係を公安が調査したと言うから、法案成立以前から既に始まってるんですね。機密情報は国民には知らされないけど、アメリカには提供される訳で、某政治学の先生によると今回の法律の問題点は寧ろそちらにあるそうなんですが、そのこともマスメディアではほとんど聞きません。2013年は日本にとって大きなターニングポイントになりそうです。「もはや戦後ではない」と経済白書に書かれたのは1956年だそうですが、誰かが言ってましたっけ、「もはや戦後ではない、戦前だ」。今日、そのことを実感しました。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR