「嘘ばっか」

0318.jpg佐野洋子の「嘘ばっか」を読みました。一年ぶりの佐野洋子。今回もとっても「らしさ」に溢れた短編集でした。副題に「新訳・世界おとぎ話」とある様におとぎ話のパロディなんですが、シンデレラは継母泣かせの野心家だったり、マッチ売りの少女は両親と暮らしているけどやけに炎に執着したり、出て来るキャラクターが独特です。で、読んでるうちに、もとの話を結構忘れていることに気づく。「ヘンゼルとグレーテルってお菓子の家をみつけてどうなるんだっけ?」とタレントTさんに聞いたら、「青い鳥をみつけるんじゃなかったですか?」と。「いやいや、青い鳥はチルチルミチルでしょ」とモモ母。「ブレーメンの音楽隊」ってロバの上に犬や鶏が乗ってるイラストは覚えてるけど、どんな話だっけと思っていたら、今日受診した医院に置いてあったので読んでみました。あ、別に音楽隊になったワケじゃないのか・・・。
そんな具合に忘れたものを読み返したくなる「嘘ばっか」でしたが、一番印象に残ったのが「養老の滝」。脳溢血で動けなくなった父に毎日滝からくんで来た酒を飲ませる息子に「孝行面してお前がやってるのは人殺しじゃねいか」と言うとなりの太郎。体に悪いことはわかっているけれど、酒でつらいことを忘れられるから親孝行だという息子。となりの太郎はぼけて泣き叫ぶ父をつかまえてひきずりながら悪態をつく毎日。それでも「酒を飲ませて大人しくしようとは思わない、人間のまま死なせてやりたい」と言う。何年も続く介護に疲れる太郎と、たとえ死期が早まっても何の楽しみがないまま生かしておく方が人間の道とは思えないという息子。さて、一体どっちが親孝行なんでしょうね。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR