「マンガで再発見 こんなにすごい! 日本国憲法」

775.jpgかもがわ出版の「こんなにすごい!日本国憲法」を読みました。子供向けに日本国憲法を紹介した5巻シリーズですが、大人も読んでおきたい充実の内容です。国民主権、自由権、社会権など、そう言えば習ったけど、大人になった今、改めてその意味、重要性が理解出来る気がします。これはモモ母が学生時代、いい加減だったからかも知れませんが・・・。大日本国憲法との比較が随所にあったり、みんなで校庭を使える様にルールを作るといった子供にわかりやすい例で説明したり、日常生活に今の憲法の考えが反映されてることがよくわかります。

776.jpg憲法が保障する自由や権利は国民の不断の努力によって保持しなければならないと12条に書かれるけど、不断の努力してる国民が今、どれほどいるか・・・。そう言えばそう習ったなと思い出したけど、憲法は国民ではなく、権力、つまり政府を縛るもの、それが立憲主義でした。権力は暴走しがちだから、三権分立して互いに牽制してるんでした。このシリーズを監修した憲法学者の上田勝美さんは、「改憲ムードが高まっているけれど、改憲派も護憲派も大半は新聞や評論家の論調が頭にあるだけで実際に条文を読んでない、それでは困る」とおっしゃいます。自民党の改憲案が天皇を「象徴」から「国家元首」に地位変更したり、「個人」と書かれた表記を個を尊重しない「人」に変えようとしていることをご存知でしょうか? 今の憲法はどう言っていて、どう変えようとしているのか、きちんと知って議論すべきですが、その入門としてこのシリーズは平易でわかりやすい。ただ5巻セットで12500円もするので、個人購入は厳しい。興味がある人は近くの図書館にリクエストしては如何でしょう? ちなみに先月の同志社大学の卒業式で大谷総長はこんな祝辞を贈っていました。京都の法学者の方々に今後も注目したいと思います。(以下のサイトから立ち読み可能です)
http://www.kamogawa.co.jp/tokusetu/tokusetu_kenpo.html
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR