東福寺と青蓮院で展示鑑賞

1-96.jpg今、高円寺でおおやちきの個展やってるんですね。弥生美術館では陸奥A子。70~80年代のりぼんがブームなんでしょうか? おおやちきはマンガミュージアムでも個展してくれたら行くかもです。
さて、火曜、水曜とお寺に行ったモモ母。火曜は東福寺天徳院で行われていた「第26回雋溪水墨画会作品展」へ。垂れた葉の構図がビアズリーを思わせるお弟子さんの作品等も興味深かったけれど、床の間に飾られた王石明さんの作品はやはり目を惹きました。コートを纏った女性象は、洗練されたファッションデザイン画みたい。

1-95.jpg水曜は「第83回洛趣会展」へ。昨年は祇園甲部歌舞練場でしたが、今年の会場は青蓮院。青蓮院を訪れるのは何年ぶりでしょうか? 「千總」の京友禅や川島の西陣織などと共に辻留の懐石やいづうの京寿司なども展示されています。辻留の吹き寄せは色鮮やかな紅葉麩や焼き目栗がいかにも秋らしい。昨年とても良かったので期待していた「とらや」は今年も素敵でした。会場の青蓮院に因んだお菓子が数点紹介されていて、上の写真の「雛小干菓子」は、天明8年(1788)の雛節句に青蓮院を仮御所とされていた後桜町上皇からの注文に応じたものだとか。さすが老舗ならでは。洛趣会は天狗の絵がトレードマークなんですが、販売はせずに自慢の品を鼻高々に披露する園遊会。初日は表千家、2日目の水曜は裏千家による抹茶の接待や尾張屋の蕎麦席もあります。お寺が展示会場になるのが、いかにも京都らしい。訪れた3日、4日は東福寺も青蓮院も紅葉はまだまだでした。見頃は今月半ばあたりじゃないでしょうか?
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR