お手が切ない・・・

1-113.jpgデイサービスセンターの職員さんが送迎に来て下さると、いつも2階から駆け降りて来て、ドアを開けた途端に路地に出て甘えるむぎちゃん。皆さん、とっても可愛がって下さるんですが、唯一の男性職員だったYさんが夏に転職。その後任のIさんが、管理者のNさんと一緒に今週初めて来られました。初めて見る人が入って来たので、警戒して最初は吠えていたむぎちゃんですが、以前「むぎ」という名前のポメラニアンを飼っていたという犬好きのIさんにすぐ慣れた様子。Nさんによると、お座りして右手でIさんにお手をしたそうです。
むぎちゃんはよくお手をします。預かりさんが仕込んで下さった「ハイタッチ」は、「ハイタッチ」と言ったら人の手をタッチしますが、「お手」はこちらが言わない時も自ら手を出してくる。敵意はありません、あなたに従いますという意味なのか、可愛がってねという意味なのか、何か下さいなのかよくわかりませんが、とにかくしきりに右手でお手。3年前の夏に預かりさん宅から逃亡後、預かりさんと再会した時もお手をしたと「はぴねす」さんのブログに書かれていますが、その様子が目に浮かぶ様です。きっと前の飼い主さんに熱心に教えられたんでしょうね。お手をすればすごく褒めてもらえたのか、お手をしないと怒られたのか、状況はわかりませんが、そんな風に教え込んだ飼い主さんとどうして別れてしまったのか、頻繁にお手をするこむぎの健気な姿を見てると、なんか切ないです。写真はうちに来て半年近く経った頃の一枚。目は合わせず、静か~にモモ母の膝に手を置いています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR