行列のできる店

135.jpg以前アメーバに書いたプラシーボ効果の記事はこのネタの前ふりみたいなもんだったんですが、すっかり間があいてしまいました。
オープン初日に行列の出来る某外資系スイーツ店。その店舗には共通点があります。注文カウンターのあるスペースがどこも狭い。一時的にでも客が集中すると必然的に店の外に並ぶことになるよう設計されているんですね。その店はたいてい人通りの多いターミナルの通路なんかにあって、JRから私鉄だったり、地下鉄から私鉄なんかに乗り換える人がイヤでも行列を目にする場所にあります。そして初日にはサクラを先導させて商品の無料配布。連日サクラを仕掛ける必要はありません。わざわざお金を払って並ばせなくても、行列に興味を持ったお客さんが自ら並んでくれます。こうした仕掛けを鴨猟のデコイみたいなもんだと解説している人がありました。デコイとは本物そっくりの鴨の置物。猟の時に偽物を置いておくと、本物の鴨が仲間だと思って寄ってくるんですね。
モモ母はこうしたマーケティング戦略を否定するワケではありません。寧ろ面白いなと興味がわきます。ただ、ちょっと気になるのは、買った人達の感想。京都にこうした店が出来た時に買った人のブログをいくつか見ると、美味しいと書いてる人には傾向があって一生懸命並んだものは美味しいはずという心理も働くでしょうが、マスコミで紹介された話題のスイーツや料理を高評価されてる方が多い。グルメライターが書いたステマ記事を真に受けて、追随して絶賛するブロガーさんもありますね。まさに良い鴨にされてるワケです。ま、食べ物の好みは人それぞれだし、本人が美味しければそれで良し。ただ、食べ物の話なら他愛が無いんですが、この国の将来を左右する大事な時期に仕掛けやムードに影響されやすい日本人が多いことに、このところ危うさを感じています。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR