平成の玉音放送

1-400.jpg8日の天皇陛下のお気持ちの公表は、平成の玉音放送と言われるんだとか。確かに駅前などの大型ビジョンを大勢の人が見上げる様子は、玉音放送っぽいかも。穏やかな表情だけど強い意志が感じられる内容、良く練られた見事な文章、まさに品格あるお言葉でした。
選挙で改憲派が3分の2をこえた直後に陛下が生前退位の御意向と報じられたのは、絶妙のタイミング。第一報を聞き、陛下と陛下を支える方たちの思慮深さに感服しました。菅官房長官はその報道に激怒したと言います。陛下は数年前から退位のお気持ちを政府に伝えていたそうですが、一向に動かない。野田内閣の時に検討された女性宮家創設の議論も現政権になって頓挫。しびれを切らして公にされた様です。この動きが、改憲派の安倍政権と護憲派の天皇の激しい闘いであると気づいている国民がどのくらいいるか分りませんが、天皇を国家元首にしたい安倍さん達にとって生前退位なんてもってのほか。安倍さんを支える日本会議の副会長は「生前退位は国体の破壊に繋がる」と批判しています。世論に配慮して今回だけの特別立法や皇太子を摂政にする案でお茶を濁そうとしていたのを、それではダメだと理由を添えて陛下は見事に論破されてました。特に印象的だったのが「象徴」「憲法」という言葉を何度も繰り返されたこと。単に自分が高齢になったから辞めたいとか仕事を減らしてくれというのでなく、日本国憲法の下での象徴としてのあるべき姿や後に続く者のことを熟慮されての退位であり、今後も国家元首でなく、あくまで象徴としてあり続ける為の制度作りを望まれている、国民のための退位であることが明確に伝わって来ました。お言葉後の会見で目が泳ぎ、動揺を隠せなかった安倍さんは、まだ生前退位を阻止すべく、制度変更は難しいなどと結論を先延ばししそうです。長引けば国民はそのうち忘れるだろうと思ってるかも知れません。お元気な間に早急に退位される環境を整える様、国民が監視していくことが、お気持ちに応えることだと思います。
スポンサーサイト

コメントの投稿

非公開コメント

No title

仰るとおりで、すごくよく考察されているな、と。
気持ちを代弁してくださった記事に深く賛同いたしました。

ゆうこ様

コメント有難うございます。
同じ思いの方がいてくださって、私も励まされます。
文章読解力がないのか、ないフリをしているのか、陛下のお気持ちをくみ取ろうとしない政治家が多くて困りますね・・・。
プロフィール

モモ&こむぎ母

Author:モモ&こむぎ母
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QR